はじめてのIT転職🔰なら無料相談!
転職実績No.1🔰エンジニアスクール

現代社会におけるITスキルの必要性とは?必要とされるITスキルも紹介

更新: 2024.01.25

ITスキルを学ぶ社会人が多い昨今、自分も何か勉強したいと考えている
しかし、ITスキルがなぜ必要なのかと問われると答えるのが難しい

ITスキルの必要性に関して話題に挙がることが多い現在、自分も何かITスキルを学びたいと考えている方も多いでしょう。

その一方で、そもそもなぜITスキルが必要なのか、改めて問われると答えるのが難しいかもしれません。そこで本記事では、現代社会におけるITスキルの必要性について簡単に解説します。

また社会人がITスキルを身に付けるメリット、現在必要とされているITスキル、今後必要とされるITスキルなども紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

現代社会におけるITスキルの必要性とは

現在、なぜITスキルが必要とされているのか、おもな理由を3つまとめました。

  • DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進
  • 慢性的なIT人材不足
  • 業務効率化・生産性向上

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進

なぜITスキルが必要とされているのか、1つ目の理由は「DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進」が求められているからです。

そもそもDXとは、組織や企業がデジタル技術を活用して業務プロセスを最適化し、コスト削減や生産性の向上につなげることを指します。

つまりIT社会の現代において、企業の至上命題の1つがDX。そして企業がDXを推進する上で、社員が最新のIT技術を理解し、活用できるスキルを持たなければなりません。

企業がDXに積極的に取り組むべき状況の中で、ITスキルを持つ社会人は変化の激しい環境において成功するための重要な要素なのです。

DXについての詳細は「DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?企業がいまDXに取り組むべき理由や事例も解説」も参考にしてください。

慢性的なIT人材不足

なぜITスキルが必要とされているのか、2つ目の理由は「慢性的なIT人材不足」が問題化しているからです。

前述したDXに加えて、インターネット上でのビジネスのやり取りが増えている中でのサイバーセキュリティの重要性、産業界全体での需要の拡大

このように、あらゆる領域でITスキルが求められているため、慢性的なIT人材不足が発生しており、企業はIT人材の確保が急務です。

しかし日本は少子高齢化に伴う労働人口の減少が問題化しています。また労働市場のグローバル化により、海外に労働力が流出している現状も。

こうした背景からITスキルの習得は、個人のキャリアだけでなく、組織や社会全体の持続的な成長にも寄与する重要な要素といえます。

業務効率化・生産性向上

なぜITスキルが必要とされているのか、3つ目の理由は「業務効率化・生産性向上」に役立つスキルであるからです。

変化の激しい現代のビジネス環境において、業務効率化・生産性向上は企業だけでなく個人レベルにおいても考えるべきポイント。

その中でITスキルがあれば、さまざまなデジタルツールやソフトウェアを効果的に使用し、業務効率化に貢献できるでしょう。

近年ではAIの進歩で自動化技術が進んでいるので、AIを活用して業務プロセスの一部やルーティンワークを自動化できます。

またITスキルがあれば、テレワーク(リモートワーク)をしたり、Web会議ツールやチャットツールを使ったコミュニケーションのオンライン化も可能。

このように、業務効率化・生産性向上を達成する上でITスキルは重要な要素です。

社会人がITスキルを身に付けるメリット

現代社会におけるITスキルの必要性を踏まえた上で、本章では社会人がITスキルを身に付けるメリットを3つ紹介します。

  • 収入アップにつながる
  • ビジネスチャンスが広がる
  • 市場価値の高い人材になれる

収入アップにつながる

社会人がITスキルを身に付けるメリットの1つ目は、「収入アップにつながる」ことです。

前章から分かる通り、ITスキルは非常に価値が高いスキル。企業はDXや技術革新に対応するため、ITスキルを持つ人材を積極的に採用しています。

例えばシステムエンジニアなどの技術職やマネジメント職のプロジェクトマネージャーは、日本の平均年収と比較しても高い収入です。

企業の中には資格手当を用意していることも。経験や高度なITスキルがあれば、プロジェクトの中心として活躍でき、さらなる収入アップも期待できるでしょう。

ビジネスチャンスが広がる

社会人がITスキルを身に付けるメリットの2つ目は、「ビジネスチャンスが広がる」ことです。

テクノロジーの進化により、様々な業界で新たなビジネスチャンスが生まれています。そしてITスキルがあれば、これらのチャンスに敏感に反応できるでしょう。

例えばクラウドコンピューティング・ビッグデータ分析・AIなどのテクノロジーを理解し活用できる社会人は、企業の課題解決や業務効率化に貢献できます。

またグローバルな競争が激化する中で、世界共通のITスキルがあれば、国内外でのビジネスチャンスも逃しません。

市場価値の高い人材になれる

社会人がITスキルを身に付けるメリットの3つ目は、「市場価値の高い人材になれる」ことです。

ITスキルを持つ社会人は、急速に進化するテクノロジーに対応できるため、求人市場において非常に魅力的な存在となります。

例えば転職を考える際、ITスキルは業界を問わず活用できるスキルなので、現職の業界だけでなく異業種転職にも役立つはずです。

またITスキルがあれば、デジタルリテラシーや専門技術のある人材として差別化できるので、スキルに見合う収入やキャリアも提案されやすいでしょう。

現代の社会人に必要とされているITスキルとは

ITスキルの必要性やITスキルを身に付けるメリットを見ると、「仕事に役立つITスキルを習得したい」と考える方も多いでしょう。

そこで本章では、現代の社会人に必要とされているITスキルを3つ紹介します。これからITスキルを勉強する際に参考にしてみてください。

  • デジタルリテラシー
  • プロジェクト管理スキル
  • サイバーセキュリティ意識

デジタルリテラシー

現代の社会人に必要とされているITスキルの1つ目は、「デジタルリテラシー」です。

デジタルリテラシーとは簡単に言うと、インターネットなどのデジタルな環境で情報を適切に検索・評価・共有できる能力のこと。

具体的にはWord・Excel・PowerPoint、メールやカレンダーの適切な使用、オンライン会議ツールの使い方など、デジタル技術全般を指します。

また、こうした単純な操作スキルだけでなく、情報の信頼性を判断し、デジタルツールやプラットフォームを効果的に利用する力も含まれます。

デジタルリテラシーは現代社会で求められる「基本中の基本のITスキル」です。仕事やキャリアにおいて成功するための土台となるスキルなので、ぜひ押さえておきましょう。

プロジェクト管理スキル

現代の社会人に必要とされているITスキルの2つ目は、「プロジェクト管理スキル」です。

プロジェクト管理スキルは「プロジェクトを成功に導く能力」であり、具体的にはプロジェクトの計画・実行・モニタリング・報告などが含まれます。

プロジェクト管理スキルがあれば、複雑で多岐にわたるプロジェクトを効率的に進行でき、期限厳守や予算遵守などのプロジェクト成功の要因も満たせます

さらに、タスクの優先順位付けやリスク管理なども適切に行えるため、組織・チームの戦略的な目標達成に貢献できるでしょう。

プロジェクト管理スキルはIT業界のみならず、あらゆる業界や職種で重要とされるスキル。リーダーシップの発揮やキャリアの発展にもつながります。

サイバーセキュリティ意識

現代の社会人に必要とされているITスキルの3つ目は、「サイバーセキュリティに対する意識」です。

企業や組織がデジタル化を進める中で、サイバー攻撃のリスクが年々高まっており、個人や組織が標的にされる可能性も増しています。

こうした中でサイバーセキュリティ意識を持つ社会人は、不正アクセスやデータ漏洩から身を守るための基本的なセキュリティ対策を理解し実践できます

個人でできるサイバーセキュリティ意識としては、強力なパスワードの利用、セキュリティソフトウェアの導入、ITリテラシーの向上など。

またデータの重要性や機密性を理解し、それに基づいた慎重な行動などです。

今後社会で必要とされるITスキルとは

IT技術は年々アップデートされており、その成長速度は凄まじいです。そのため、将来的に必要とされるITスキルについて今の段階から勉強しておくことも重要です。

ここでは、今後社会でより必要性が高まる可能性があるITスキルの具体例を3つ紹介します。気になる方はぜひチェックしてみてください。

  • AI・機械学習スキル
  • クラウドコンピューティング
  • ユーザーエクスペリエンス(UX)

AI・機械学習スキル

今後社会で必要とされるITスキルの1つ目は、「AI・機械学習スキル」です。

AI(人工知能)や機械学習は、あるデータからパターンを抽出し、予測や自律的な意思決定を行う技術のこと。医療・建設・エネルギーなどのさまざまな領域で革新を起こしています。

AI・機械学習スキルを持つ社会人は、データ解析やモデル構築、アルゴリズムの開発などを通して、ビジネス課題の解決や効率化を実現できるでしょう。

将来的にはAI技術がさらに多くの分野で活用されます。AI・機械学習スキルがあれば、競争優位性を持ち、未来の仕事やイノベーションに貢献できるはずです。

クラウドコンピューティング

今後社会で必要とされるITスキルの2つ目は、「クラウドコンピューティング」です。クラウドコンピューティングは、ネットワーク上でコンピュータ資源やサービスを提供する仕組み

これにより、物理的なサーバーを保有することなく、柔軟かつスケーラブル(拡張性が高い)なITインフラを利用できるようになりました。

クラウドコンピューティングへの理解や活用ができると、事業の迅速な展開やコスト削減を実現でき、イノベーションや市場変化への適応が可能となるでしょう。

変化の激しいデジタル環境において、クラウドコンピューティングは将来に渡り重要なスキルの1つといえます。

ユーザーエクスペリエンス(UX)

今後社会で必要とされるITスキルの3つ目は、「ユーザーエクスペリエンス(UX)」です。

UXとは、ユーザーが製品やサービスを利用する際の体験や感情を指し、サービスの使いやすさや満足度を向上させるための設計と改善に関するスキル

つまりサービスに対する顧客満足度や信頼性を高める上で、UXは重要な役割を果たします。そのためUXスキルを持つ人材への需要が高まっているのです。

例えばUXを専門に扱うUXデザイナーは、ユーザーの視点に立ち、直感的で効果的なデザインを作成し、使いやすさを追求する職種。

現代そして将来的なデジタル環境において、必要不可欠な職種といえます。

ITスキルの必要性について理解しよう

現代社会におけるITスキルの必要性、社会人がITスキルを身に付けるメリット、現在必要とされているITスキル、今後必要とされるITスキルを解説しました。

スマホやパソコンは当たり前に使っている人も多いでしょう。今やITスキルなくしてビジネスの遂行や目標達成はないと言っても過言ではありません

特にデジタルリテラシーやサイバーセキュリティ意識は基本中の基本で、すべての社会人が押さえるべきITスキル

現代社会で活躍する上でITスキルは切っても切り離せないスキルなので、スキルに自信のない方は積極的に学びましょう。

↑目次へ戻る

【転職実績No.1👑】年収アップと自由な働き方を実現したいならITエンジニア転職!

こんな希望はありませんか?

  • もっと年収アップできる仕事がしたい
  • 時間や場所に縛られず自由に働きたい
  • 専門スキルで手に職をつけたい

という方は、ITエンジニア転職がおすすめです

テックキャンプなら、完全未経験🔰でも大丈夫!プログラミング学習〜エンジニア転職支援、副業案件獲得まで個別にサポートします👌

さらに給付金活用で受講料最大70%OFF

※2020年12月時点 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

興味がある方は、以下よりIT転職のプロにキャリアのお悩み相談から始めてみましょう!

まずは無料で相談してみる

この記事を書いた人

ダイスケ@
元ITエンジニアの会社員です。得意ジャンルは、ビジネス, スポーツ, エンタメ系。個人ブログでSEOライティングも行っています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement