プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決!

人前で話すのが苦手な人が本番で実践すべき重要なポイントを紹介。心構えについても解説。

作成: 2019.11.06

>>副業・フリーランスという働き方
個人で稼げるスキルを!独立まで完全サポート

プレゼンや会議で、自分がいざ話す場面がくると緊張で頭が真っ白になるという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

本記事ではそのような、人前で話すのが苦手な人が本番で実践すべき重要なポイントを紹介。また、本番前の心構えについても解説します。

人前で話すのが苦手な方はぜひ参考にして下さい。

前記事の「人前で話すのが苦手…」を改善するトレーニング方法を紹介!もあわせてご覧いただくと、苦手解消がより達成しやすくなるでしょう。

人前で話すのが苦手な人が本番で実践すべきこと

苦手意識を克服することは簡単なことではありません。
すぐに出来るようになることは期待せず、「人前で話すこと」の経験を積みながら、時間をかけてゆっくりと克服していくことを考えましょう。

場数を踏んでいく中で、本番で特に気をつけたいことについて解説します。

大きな声ではっきりと話す

当たり前だと思われがちな基本的なことですが、意外と出来ていない人が多いのが、大きな声ではっきりと話すことです。

特に緊張している場では、無意識的に早口になることがあります。一言一言を自分に言い聞かせるように、大きな声ではっきり、ゆっくりと話すことを心がけましょう。

重要なプレゼンの前などであれば、スマートフォンなどで一度その様子を録画してみる方法もおすすめです。客観的に自分の話を聞くことで、改善点を見つけられることでしょう。

背筋を伸ばす

見た目は、言葉以上にたくさんの情報や印象を与えます。

猫背でうつむきがちで話をしている人と、背筋を伸ばして前を見て話をしている人とでは、たとえ同じことを話していたとしても与える印象は異なります。

また、行動心理学においても姿勢をよくすることが精神によい影響が与えると言われています。

背筋を伸ばして前を見る、というシンプルなことで損をしないよう、始めの間は特に意識して行いましょう。

一体感を意識する

話している時の相手の反応が気になる、聞き手の目が冷たいような気がする、と自分に注目が集まる雰囲気が苦手という方は、聞き手との一体感を作り出してみましょう。

例えば、一方的に話をするのではなく、誰かに質問をしてみたり、その場にいる個人を例にして話をしてみたり、相手は話の中に自分や近い存在が出てくることで、親近感・共感を持ちやすくなります。

その一体感を作ることが出来れば、話し手であるあなたもリラックスして話すことができるでしょう。

人前で話すのが苦手な人の心構え

完璧主義や自信のなさ、ネガティブなイメージなど、人前で話すことが苦手な人は、その苦手意識が過剰な緊張と不安を生み出してしまっています。

そのような人がいざ話す際に意識しておきたい心構えについて解説します。

誰でもミスはするものだと認識しておく

失敗を恐れる必要はありません。
堂々と話ができる人であっても、これまで一度もミスをしたことがない人はほとんどいないでしょう。大切な場のミスであっても、時間が立てば笑い話にもなります。

成功確率が100%であることはない、これで失敗してもそれは自分のプレゼンが原因ではない、と考え、自分自身でプレッシャーを与えすぎないようにしましょう。

人は他人に対してそこまで注目していない

「馬鹿な人だと思われたくない」「相手に不快な思いをさせてしまわないか」など相手の反応が気になるかもしれませんが、人は他人に対してそこまで注目していないのが現実です。

例えば、あなたが乗った電車で隣にどんな人が座っていたか、街でどんな人にすれ違ったかを覚えていますか。

注意深く観察すれば記憶に残るかもしれませんが、基本的に人間の他人への注目・関心はそれほど高くありません。

つまり、あなたがどれだけ自分の印象を良くしようと振る舞っても、期待通りの結果が得られる可能性も低いのです。他人は自分に興味がない、くらいに思っておいた方が、リラックスして話ができるでしょう。

うまく話せるかではなくうまく伝えられるかを意識する

スラスラと内容のない話をするのと、多少言葉に詰まりながらも核心を突いた中身のある話をするのと、どちらが聞き手にとって有益な時間になるでしょうか。

人前で話すことが苦手な人は、堂々と話が出来る人を羨ましく思うかもしれませんが、大切なのは話し方よりも話す内容です。

うまく話すことばかりに注力して話す内容を適当にするのではなく、何を伝えたいかを考え、それをどのような言葉であれば適切に伝えられるかを考えれられれば、自信を持って大きな声で話せるでしょう。

意識しすぎないことも重要

プレゼンや商談などを成功させるためのテクニックは確かにありますが、それらを意識しすぎないことも重要です。

その理由として、ノウハウやテクニックは成功率を上げる効果が多少は期待できるものの、全ての人・ケースに当てはまるものではないということが挙げられます。

それらを意識しすぎて喋れないと感じているのであれば、自分らしく話してみてください。これまで練習・経験を積み重ねてきたのであれば、スキル面は十分身についているはずです。

一般的に良いとされているノウハウやテクニックを意識するよりも、自然体で話すことが緊張を和らげ、スムーズなトークに繋がります。

さいごに

人前で話すこと、はトレーニングや経験によって高めることが出来るスキルです。少人数の前で話すことから始め、だんだんと大人数を前にした場にも慣れていきましょう。

セミナーや本などでテクニックを学ぶこともよいですが、大切なのはあなたが自分らしくいられることです。

無理をせずあくまで自然体で話すことが出来れば、商談やプレゼンなどでもよい結果が得られることでしょう。

TECH::EXPERT(テック エキスパート)でプログラミング未経験からWebエンジニア転職・フリーランスの夢をかなえませんか

TECH::EXPERT(テック エキスパート)はプログラミングが全くの未経験の方がWebエンジニアに転職したりフリーランスとして活躍するまでをサポートするスクールです。

・手に職をつけて10年後も活躍できる人材になりたい
・Webエンジニアとして転職したい
・フリーランスとして場所に縛られずに自由に働きたい

まずは無料キャリア相談(無料カウンセリング)に参加してみてください。毎月1000名以上のお申込みをいただいているため、すぐに日程が埋まってしまいます。予定が合う日があればすぐに予約がおすすめです。

無料カウンセリングの日程をみる

この記事を書いた人

石田ゆり
石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。