ピックアップ
Rubyの父・まつもとゆきひろ氏が語る、若手エンジニアのキャリア論

あなたはエンジニアとして、社会でどのように生き残っていけばよいのか悩んではいませんか?

特に若手エンジニアにとって、今後のキャリア戦略は非常に大きな問題です。

「自分はどういう働き方がしたいのか」「自分はどのようなスキルを身につけたいのか」を常に考え、行動することが優れたプログラマーとして、揺るがないキャリアを築くことに繋がります。

今回は、プログラミング言語・Rubyの開発者であるまつもとゆきひろさんによる講演『若手エンジニアの生存戦略』のレポートをお届けします。

この記事を読むことで、あなたはエンジニアとして生き残るための戦略を自ら考え、今後のキャリアをしっかりと検討することができるようになるでしょう。

2017年5月20日、株式会社ドリコム セミナールームにて「Rubyの父」として知られるまつもとゆきひろさんを講師に迎えた特別講演『若手エンジニアの生存戦略』が開催されました。

主催は若手エンジニアのコミュニティサービスを運営するサポーターズCoLab
元々学生エンジニアの就活支援サービスを展開し、IT企業の就職率ではトップシェアを誇るサービスを運営していますが、この4月に社会人向けのサービスとして、サポーターズCoLabをスタートさせ、これまで100回以上の勉強会や、講演会を開催しています。

講演当日の客席は半数が学生、半数は社会人が占め、中には高校生の参加者もいるなど、幅広い層のエンジニアがサービスを利用している様子をうかがい知ることが出来ました。

2017年5月20日 【まつもとゆきひろ氏特別講演】若手エンジニアの生存戦略
会場:株式会社ドリコム セミナールーム

講師: まつもとゆきひろ
主催: 株式会社サポーターズ
特別協賛: 株式会社Speee
会場提供: 株式会社ドリコム

そもそも、Rubyとは?

Rubyは、まつもとさんが1995年に公開したプログラミング言語です。

便利さ・容易さと高い生産性を持ち合わせた、オープンソースのオブジェクト指向スクリプト言語であることが特徴です。

C言語をはじめとするコンパイラ言語は、プログラムの実行にコンパイルという作業が必要です。
スクリプト言語にはコンパイルが不要なため、より手軽でスピーディーな開発が可能です。

Rubyはエレガントな文法を持ち合わせており、プログラミングの楽しさと便利さ・実用性を体感するのに最も適した言語の一つといえます。

2012年には日本発のプログラミング言語として初めて国際規格「ISO/IEC 30170」に承認され、グローバルな言語として積極的に利用されています。

全ての人に共通する“生存戦略”は存在しない

まつもとさん:「下手すると、皆さんのご両親・親御さん世代のプログラマーの“大先輩”に当たるということになります」と若い参加者に向けて、語ったまつもとさん。

若手エンジニアが生き残るにはどうすれば良いのかというテーマに対しては即座に「死ななければいい」と明快な答えを示しました。

まつもとさん:「人生はスペランカーみたいなもので、あらゆるところにトラップが張り巡らされているわけです。“死の鎖”。これらからいかに逃れるのかというのは、非常に重要なわけです」

まつもとさんは、誰にでも当てはまる生存戦略は無いとも語ります。

まつもとさん:「何故かと言うと私たちは一人ひとり違うし、才能も違うし、興味のあることも違います」

成功者に共通する特徴とは?

まつもとさんはシリコンバレーでスタートアップを始め、成功した人物に比較的共通する特徴は「パターン認識能力」だと、とある研究結果を紹介しました。

スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツを自伝をくまなく読んだとしても、その人が“第二のスティーブ・ジョブズ”や“第二のビル・ゲイツ”になれる訳ではありません。

蝶が一匹羽ばたく程度の小さな誤差でも、その誤差が遠くの場所の気象に竜巻を起こすほど大きな影響を与えるという現象を「バタフライ効果」と呼びます。

“自分も成功したい”と先人の思考や行動を真似しても、生まれた国やビジネスを展開する上での条件は異なります。

全く同じ行動をしてもそうした誤差が存在する限りはバタフライ効果により、生じる結果はまるで違うものとなります。

まつもとさん:「つまり成功者の真似をして、彼らの成功条件を自分に適用してもそれは役に立たないんです」

まつもとさん:「私に、“Rubyが成功した秘訣はなんですか?”とインタビューしてくる人も居ます。私も質問には一生懸命答えるんですけど、Rubyを作り始めたのはもう25年も前のことなんですよね。25年前に自分が何を考えていたかなんて、全部は覚えてないわけです。立派なことを言っていたとしても、その時は大したことなんて考えてないんです。大分後付けだったりするんです」

過去の歴史は“そのまま真似する”のでは役に立たないことから、重要性が浮かび上がってくるのがパターン認識能力です。
つまり成功者が行ったことを“コピー”するのではなく、成功者に共通するパターンを抽出することが肝要だとまつもとさんは強調しました。

“Rubyの父”の学生時代とは

鳥取で育ったまつもとさんは、周りにプログラミング言語やコンピュータについて話す友人が居ない時期を過ごした後、高校を卒業。

進学した筑波大学ではコンピュータ・サイエンスを専攻したとのことです。
ただ10代の頃からプログラミング言語を作ることに関心を持っていたまつもとさんは、大学でもマイノリティーだったとのこと。

プログラミング言語の研究室に入った後は周囲がコンパイラの最適化などを研究する中、まつもとさんは新しいプログラミング言語を作るという卒業論文を書いたそうです。

Kazuto Seki Kazuto Seki
音楽ライターとしてエイベックス、ビクター、トイズファクトリー等に所属するアーティストの取材を担当。2016年に開催された『Bjork Digital』の取材経験から、VR×音楽に関心を抱く。2017年よりテクノロジーに関するライティングを開始し、TECH::NOTEにジョイン。猫とウサギを飼っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー