どの領域のビジネスであってもプログラミングスキルは必須

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行う(転職できなかったら全額返金)TECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

TECH::CAMP受講前のプログラミング学習歴はどのくらいでしょうか

全くありませんでした。完全未経験から学習を始めました。

 

プログラミングを学習しようと思った理由はなぜでしょうか

社内の事業提案制度に向けてビジネスを構想していく過程で、提案がどの領域の事業であってもプログラミングスキルは必須であると考えたため、学習することに決めました。

構造的にウェブの世界を理解することは、業態・業界・職種を問わずビジネスでは欠かせません。構造的理解のためのアプローチがプログラミングであると考え受講を決めました。

また、非エンジニアとして当時メディアなどで取り上げられていた”プログラミング思考(プログラミング脳)”なるものに興味もありました。広義では論理的思考といわれ、狭義ではエンジニアをはじめとする職場内のコミュニケーション言語としてのプログラミングであると紹介されていたため、どのような考え方なのかを知ることはいろいろなメンバーとともにつくる事業提案に役立つと考えていました。

 

TECH::MASTER(カリキュラム)の感想を教えてください。

よくできている!と思いました。初心者でも自分次第でプログラミング漬けになれるカリキュラムのボリュームとレベルです。教室でメンターの方に質問したり教室ではない場所だとオンラインでサポートにチャットで聞くことができ、カリキュラムの進行を止めることなく没頭できる体制がありがたかったです。

社会人が取り組むには時間をやりくりして詰め込まなければいけない時期も出てくるのですが、そういった体制もあって学習環境におけるストレスはなく、良い緊張感を保ちながら進めることができました。


メンターの対応はどうでしたか?

質問に対しては教室・チャットともに迅速に対応いただき、手を止める時間は最小でした。若い学生の方がメンターをされていたのですが、丁寧に同じ目線で教えていただきましたし、気持ちよい爽やかな方が多くて安心して質問できました。

また、週に一度の進捗MTGを開いていただき、小グループでモチベーションを下げずに継続できるようストレッチしてくださったことは助かりました。ひとりではくじけそうな時もあったので、仲間意識を持って取り組めたこともよかったです。

 

プログラミングを勉強してみたご感想をお願いします

メソッドや引数など、プログラミング独特の考え方を理解する必要はありましたが、TECH:: MASTERの各カリキュラムでプロダクトを作り上げるプロセスを手を動かしながら学べたことは、純粋に楽しい体験でした。

 

受講後どんな変化がありましたか?

1つ目は日々の仕事をする上で、お取り組み先の方々、制作会社の方々と仕事がしやすくなったことです。サーバーサイドの知識を身につけるきっかけになったことで、仕事でディレクターのような役割を担う際にスムーズにコミュニケーションを取れるようになったと感じています。

2つ目は受講理由でもあった事業提案を進める際に、提案するサービスを実現するためにはウェブの仕組み上どんなことが可能で、そのためにはどのようにサービスを設計すれば良いかということをイメージしながら社内で提案を進めることができたことです。

3つ目は日々の思考回路というか、ウェブやシステムに限らず情報の受け取り方とアウトプットの整理の仕方を構造的に組み立てることができるようになった気がしています。

 

受講で身につけたスキルを活かして今後どう使っていきたいですか?

引き続きrailsを深めていき、
1.社内で進めている新規事業のローンチ及び推進(企画と併せて初期の運用まで見られれば)
2.人事領域における社内教育の実施とウェブ系人材採用の精度向上
3.コミュニティへの参加と非エンジニア出身人事向けの勉強会の企画 など、自身のスキルアップと併せて取り組んでいきたいと思います。

2017年3月に採用活動の一環でプログラミングの体験会を開催しました。
詳細は当社のブログ(http://www.felissimo-job.com/) でご報告しております。
TECH::CAMP神戸校の小田原さん、ありがとうございました。

TECH::CAMP全体に対する感想があればお願い致します。

初心者こそTECH CAMPで第一歩を踏み出すべきだと思います。TECH MASTERの網羅性は他のオンラインツールには見られませんし、カリキュラムで使用するツールもベーシックなものが多いということが修了後にいくつかの勉強会に参加したり別のプログラムを受けていく中でわかりました。

またメンターのみなさんがこのプログラムの最大の優位ポイントだと思います。男性のメンターとしか接する機会はありませんでしたが、学生の方もみな爽やかでナイスガイでした。そういう意味でもプログラミングに対していいイメージを持って入っていただけるのではないでしょうか。

 

TECH::CAMP受講希望者へメッセージをお願いします。

すでに受講を決められている方へは、メンターの方との距離感や学習ペースはあくまでも受講者個人に委ねられているため、焦らずにご自身のペースで進められることをお勧めします。ただ知る限りでは受講されている方は前のめり気味で受講開始日前に三分の一や半分すでにカリキュラムを進められている方が多く、つられてハイペースになります。

これから受講を検討されている方は今すぐ決めなくてもよいと思いますが、止むに止まれずはじめるよりは楽しそうだと思えるタイミングで受講されることをお勧めします。でも本当にプログラミングは楽しい!です。

 

80%以上の人は独学に挫折します

本当に大切なのは、お金ですか?時間ですか?

これまでTECH::CAMP卒業生やフリーランスで活躍するエンジニアの方々150名以上にインタビューを行ってきました。そこでわかったのは80%以上の人は独学に挫折するということ。独学が成功してエンジニアになった方でも「最初の2〜3ヶ月は問題の解決方法がわからず膨大な時間を費やした」と言います。

TECH::CAMPはテクノロジーに関するスキルを学ぶ場ですが、時間の節約ができる場でもあります。入会金の128,000円は決して安くはありません。しかし、毎日やっても独学では3ヶ月以上かかるスキル習得が、TECH::CAMPなら1ヶ月。つまりあなたの人生の大切な2ヶ月が節約できます。時間をお金に換算すると、月収が20万円の方なら40万円、30万円の方なら60万円の節約です。

「人生の時間が最も大切」と思う方は TECH::CAMP に今すぐエントリーを。
もう少し詳細を聞いてみたい、という方は無料体験会へどうぞ。

TECH::NOTE TECH::NOTE
TECH::NOTE(テックノート)は、テクノロジーを通じて人生をより良くしたい人のためのWebメディアです。 教養としてテクノロジーを学ぶ人や、プログラミング未経験からのエンジニア転職を志す人に貢献することをミッションとしています。学ぶことの喜び、挑戦することの楽しさを伝えていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    記事をシェア→