どの領域のビジネスであってもプログラミングスキルは必須

TECH::CAMP受講前のプログラミング学習歴はどのくらいでしょうか

全くありませんでした。完全未経験から学習を始めました。

 

プログラミングを学習しようと思った理由はなぜでしょうか

社内の事業提案制度に向けてビジネスを構想していく過程で、提案がどの領域の事業であってもプログラミングスキルは必須であると考えたため、学習することに決めました。

構造的にウェブの世界を理解することは、業態・業界・職種を問わずビジネスでは欠かせません。構造的理解のためのアプローチがプログラミングであると考え受講を決めました。

また、非エンジニアとして当時メディアなどで取り上げられていた”プログラミング思考(プログラミング脳)”なるものに興味もありました。広義では論理的思考といわれ、狭義ではエンジニアをはじめとする職場内のコミュニケーション言語としてのプログラミングであると紹介されていたため、どのような考え方なのかを知ることはいろいろなメンバーとともにつくる事業提案に役立つと考えていました。

 

TECH::MASTER(カリキュラム)の感想を教えてください。

よくできている!と思いました。初心者でも自分次第でプログラミング漬けになれるカリキュラムのボリュームとレベルです。教室でメンターの方に質問したり教室ではない場所だとオンラインでサポートにチャットで聞くことができ、カリキュラムの進行を止めることなく没頭できる体制がありがたかったです。

社会人が取り組むには時間をやりくりして詰め込まなければいけない時期も出てくるのですが、そういった体制もあって学習環境におけるストレスはなく、良い緊張感を保ちながら進めることができました。


メンターの対応はどうでしたか?

質問に対しては教室・チャットともに迅速に対応いただき、手を止める時間は最小でした。若い学生の方がメンターをされていたのですが、丁寧に同じ目線で教えていただきましたし、気持ちよい爽やかな方が多くて安心して質問できました。

また、週に一度の進捗MTGを開いていただき、小グループでモチベーションを下げずに継続できるようストレッチしてくださったことは助かりました。ひとりではくじけそうな時もあったので、仲間意識を持って取り組めたこともよかったです。

 

プログラミングを勉強してみたご感想をお願いします

メソッドや引数など、プログラミング独特の考え方を理解する必要はありましたが、TECH:: MASTERの各カリキュラムでプロダクトを作り上げるプロセスを手を動かしながら学べたことは、純粋に楽しい体験でした。

 

TECH::NOTE TECH::NOTE
TECH::NOTE(テックノート)は、テクノロジーを通じて人生をより良くしたい人のためのWebメディアです。 教養としてテクノロジーを学ぶ人や、プログラミング未経験からのエンジニア転職を志す人に貢献することをミッションとしています。学ぶことの喜び、挑戦することの楽しさを伝えていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー