テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

5GとAR/VRを活用した東京国立博物館の国宝・聖徳太子絵伝が開催 家での鑑賞も可能

更新: 2020.09.18

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

5GやAR/VRなどのIT技術によって、これまでにない形で博物館の文化財鑑賞を楽しめるようになりました。

東京国立博物館では、2020年9月29日〜10月25日まで「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」を開催します。

この記事では、博物館でも自宅でも楽しめる本イベントの概要を紹介。

「外出がなかなかできない」という方も気軽に鑑賞できるので、ぜひ参考にしてみてください。

「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」の概要

出典:公式サイト

まずは、本展示の概要を紹介。順番に見ていきます。

東京国立博物館で5GやAR/VRを活用した展示を開催

東京国立博物館は、KDDIならびに国立文化財機構文化財活用センターと提携し、5Gなどの先端技術を活用した新しい文化財鑑賞を提供する事業をスタートしました。その第1弾として、2020年9月29日より国宝・聖徳太子絵伝の展示が東京国立博物館で始まります。

博物館では、国宝・聖徳太子絵伝の原寸大絵画パネルが展示されており、5G対応スマートフォンやスマートグラスを使って鑑賞。各ツールを使うことで、絵画上にAR技術によるアニメーションを加えた解説動画などのコンテンツを楽しめます。

なお、入館ならびにコンテンツ体験はオンラインによる日時指定件の予約(9/25受付開始)が必要です。詳しくは公式サイトをご確認ください。

auの5Gツールを経由してデータをやりとり

出典:公式サイト

今回の展示では、5G対応スマートフォンを使った「魔法のルーペ」やARグラスを使った「魔法のグラス」を通して、新たな鑑賞体験を提供しています。

これらのコンテンツのデータは、MEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)サーバー上に存在。奈良の法隆寺宝物館内にあるauの5G基地局を経由して、両ツールと超高速でデータをやりとりしています。

国宝・聖徳太子絵伝をより深く鑑賞できる

出典:KDDI

「聖徳太子絵伝」とは、奈良にある法隆寺・東院伽藍 の絵殿の内壁にあったもので、東京国立博物館が所蔵する国宝です。

現存する中で最古の優れた聖徳太子絵伝であり、10 面からなる大画面で、聖徳太子の生涯を絵画化しています。

経年の傷みや破れによって見えにくい部分や、肉眼では読み取れない部分までをARで補完し、高精細画像で再現するなど、新時代の文化財鑑賞を楽しむことができます。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。(条件を満たせば給付金の支給があります)

徹底したサポート体制があるので、転職成功率は99% 実際に受講した人の体験談はこちらから

今の仕事を続けて大丈夫だろうか」と不安なら、何でも相談できる無料カウンセリングに参加してみませんか?IT転職に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩みを解決します。

ブログ読者特典でAmazonギフト券3000円分もプレゼント中!無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。※2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績。所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

国宝・聖徳太子絵伝を博物館でも家でも鑑賞可能

本展示のコンテンツは、博物館はもちろん自宅でも楽しむことができます。それぞれの方法と内容を紹介します。

国宝・聖徳太子絵伝を博物館で楽しむ2つの方法

出典:公式サイト

博物館では、2種類の専用ツールを使っての鑑賞が可能。詳細を解説します。

ARを活用した「魔法のグラス」で直観的に鑑賞

「魔法のグラス」であるARグラス・NrealLightをかけて鑑賞することで、絵画にデジタル情報が重なって表示されます。

これにより、聖徳太子の生涯を通して体験できる15個のエピソードがアニメーションとともに鑑賞可能に。アニメーション内のイラストは、東京国立博物館に所属する研究員が内容を監修しており、より分かりやすいものになっています。

5G対応の「魔法のルーペ」で細部まで鑑賞

会場では、5G対応スマートフォンを「魔法のルーペ」として活用します。

絵画にかざすことで、画面上に高精細で描かれた画像が絵画に重なって表示。絵伝に関する58個ものエピソードから見たいものを選ぶと、詳細な解説とナレーションを楽しめます。

画像は、1面につき18億画素の高精細かつ大容量のもので、5Gの活用によって拡大縮小も滑らかです。

国宝・聖徳太子絵伝を自宅で鑑賞する

本イベントは、自宅でも2つのコンテンツが鑑賞ができます。

国宝『聖徳太子絵伝』AR at HOME ~おうちに国宝がやってくる!~

出典:KDDI

スマートフォン・タブレットをかざすことで、自宅の部屋にARでつくられた展示会場のミニチュアが表示されます。

さらに「絵伝」のパネルに触れることで、高精細ARによる絵伝が目の前に現れ、上記「魔法のグラス」で鑑賞できる15個のエピソードを楽しめます。

こちらのコンテンツは、9月29日から配信開始予定です。

国宝『聖徳太子絵伝』3Dビュー/VR at HOME~おうちで会場をバーチャル体験~

出典:KDDI

こちらは、スマートフォン・タブレット・パソコンを通してVRを活用した展示会場を仮想体験できます。

展示会場内は好きに歩くことができ、「魔法のグラス」用コンテンツである15個のエピソードを楽しめます。本コンテンツは、auスマートパスプレミアム会員向けに先行公開されます。

こちらのコンテンツも、9月29日から配信開始予定です。

先端技術を活かした新しい文化財鑑賞を博物館と家で楽しもう

5GやAR/VRといった先端技術の登場で、文化財鑑賞の形も様々に変化してきています。

今回紹介した「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」は、博物館だけでなくオンラインでも楽しめます。外出を不安に感じる、という方にもおすすめです。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

篠崎友耶
編集・ライターとして、主に制作会社や編集プロダクションなどで勤務したのち株式会社divに入社。 趣味は、歴史関係(史跡巡りや読書)、御朱印集め、国内外のサッカー観戦など。好きなチームはバレンシアCF。 好きな言葉は『士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし』

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement