プロのカウンセラーがITキャリアの悩みを解決!簡単30秒カウンセリング予約

おすすめのパソコン用スピーカー15選 主要メーカーの特徴も紹介

更新: 2020.10.20

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

10年後も職を失わない人材になれる限定資料を見る

パソコン用のスピーカーを使うことで、映画・動画・ゲーム・Web会議がさらに快適になります。

この記事では、おすすめのパソコン用スピーカー15選とその特徴を紹介します。

あわせて、主要メーカーについても解説していますので、購入時の参考にしてください。

趣味に仕事に活躍 パソコン用スピーカーの用途

パソコン用スピーカーは、趣味にも仕事にも役立つ便利なツールです。

どのような場面で活躍するか、具体的に紹介します。

音楽鑑賞

スピーカーの用途と言えば音楽鑑賞です。

iTunesなどの音楽再生アプリや、Spotifyなどの音楽サブスクを使って、パソコンで音楽を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、パソコン内蔵のスピーカーは音楽鑑賞用としては設計されておらず、音質やボリューム面で物足りなさを感じることもあります。

パソコン用スピーカーであれば、重低音をより際立たせて再生させたり、立体的な音を生み出したりと、より質の高い音楽が楽しめます。

動画・映画鑑賞やゲーム

YouTubeなどの動画サイトや、Netflxなどの動画配信サービスを利用して、パソコンで動画や映画を楽しむ人が増えています。こうした場面でもスピーカーは活躍します。

特に映画では、サウンドは作品の満足度を左右する大事な要素。サウンドの質が上がり迫力が増すことで、より作品の世界に没頭できるでしょう。

またゲームであれば、スピーカーを使うことで効果音やBGMを臨場感たっぷりに味わえます。一瞬の判断が勝負を分けるゲームでは、こうした音も重要な情報です。

よりゲームの世界観に浸りたい、勝ちにこだわりたい、という方にパソコン用スピーカーはおすすめです。

ビデオ通話・Web会議

テレワークの普及などで、ビデオ通話やWeb会議をする機会が増えています。

これらは大変便利なツールですが、通信状況や音響まわりの環境などによっては、相手とスムーズに意思の疎通が図れないこともあります。

スピーカーを活用してよりクリアな音声でやり取りすることで、大事なことを聞き逃すこともなく、快適にコミュニケーションをとれるようになります。

「オンライン通話の質を上げたい」という方は、ぜひパソコン用スピーカーを導入してみてください。

機能や仕様をチェック!パソコン用スピーカーの選び方

パソコン用スピーカーは、ものによって機能も仕様も様々です。

選ぶ際の基準を定めておくことで、後悔のない買い物をすることができます。購入時に意識するべきポイントを紹介します。

音質

スピーカーでまず気にするべきポイントは音質です。音質は様々な要因で左右されますが、中でも重要な2つのポイントを解説します。

再生周波数帯域【kHz】

再生周波数帯域とは、そのスピーカーがどこまでの音域を出せるかを表しています。

例えば、40Hz~20kHzと表記されているスピーカーであれば、低音は40Hzまで、高音は20kHzまで出すことができます。この幅が広いほど、性能の良いスピーカーと言えるでしょう。

購入する際の基準としては、低音は60Hz以下、高音は30kHz以上あれば十分です。

音質にこだわるならハイレゾ対応

音質にこだわりたいのであれば、ハイレゾ対応の有無を確認しましょう。ハイレゾは「High Resolution」を指し、より解像度の高い音という意味です。

ハイレゾのものとそうでないものを聴き比べると、明らかに差を感じることができるでしょう。パソコンのスピーカーに限らず、オーディオ製品を検討する際には、ハイレゾかどうかを確認するのがおすすめです。

接続方法

パソコン用スピーカーには、3つの接続方法があります。アナログ端子・USB・Bluetoothそれぞれの方法について、その特徴を解説します。

気に入った「スピーカーを見つけて購入したが、接続方法がパソコンと合わなかった…」ということのないよう、しっかり確認しましょう。

アナログ端子

パソコンのアナログ端子に直接ケーブルをつなぐ方法です。

安価なスピーカーに多く見られます。別にアダプターなどの外部電源が必要になる点に気をつけましょう。端子の仕様さえ合っていれば、パソコン以外のツールにも接続できます。

他の接続方法と比べてノイズが発生することがありますが、パソコンとの間にUSB-DACなどのツールをつなぐことで抑えられます。

「コストを抑えたい」「パソコンだけでなく様々な使い方をしたい」という方におすすめです。

USB

他のパソコン機器などのように、USB端子で接続する方法です。

面倒な設定やケーブルがかさばる心配がなく、音質が悪くなるノイズの発生を防ぐことができるのが特徴です。

一方で、出力がやや低めな傾向があり、大音量で再生したい場合は注意が必要です。

Bluetooth

ワイヤレス接続なのでケーブル等がなく、持ち運びしやすいのが特徴です。

また、Bluetoothに対応したスマートフォンやタブレットなどの他ツールでも使用できる点も魅力。コンパクトで見た目もスタイリッシュな機器が多いです。

ただ、他の接続方法と比べると、接続が不安定になることが多いのが欠点と言えます。

スピーカー(ch)の数

chで表されるスピーカー数も重要です。

スピーカーの数は仕様表などで「2.1」などど表示されています。この場合、整数の2は全音域のスピーカーの数を、小数点以下の1は低音域を担うサブウーファーというスピーカーの数を表しています。

スピーカーには、5.1c、7.1ch、9.1chなど様々な種類があり、chが増えるにつれ立体感ある迫力のサウンドを満喫できます。

スピーカーの構造

パソコンのスピーカーは、外側の箱であるエンクロージャーと、音を出すユニットで構成されています。ここではそれぞれについて解説します。

エンクロージャー

エンクロージャーには、バスレフ型と密閉型があります。

バスレフ型は穴(バスレフポート)が空いているのが特徴です。外から入る空気とスピーカー内の空気を共鳴させて振動を起こし、重低音をより響かせることができます。

もう1つの密閉型は、外から空気が入らない構造のため振動が起きずらく、シャープな音を出すことが可能です。

ユニット

ユニットは、フルレンジとマルチウェイの2つがあります。

フルレンジは1つのユニットで構成されており、1つのユニットが低音〜高音までを担い、クリアな音を楽しめます。

もう1つのマルチウェイは、複数のユニットで構成されています。低音はウーファー、高音はトゥイーター、中音はスコーカーという計3つのユニットにより、立体感のある音を楽しめます。

総合出力

出力はWで表され、どれだけ大きな音量を出せるかを示しています。

例えば2chタイプで「5W+5W」と書かれたスピーカーであれば、2つあるスピーカーの出力が各5Wで、総合出力は10Wになります。

一般的な総合出力の目安として、家庭で音楽等を楽しむ際には約10W、広めのリビングルームで活用する際には15W程度が基準とされています。

電源タイプ

パソコンスピーカーの多くには小型のアンプが内蔵されており、電源を必要とします。電源の種類は、アダプターや電池といった外部電源と、パソコンとUSBで接続する内部電源があります。

ケーブルがある分管理は面倒になりますが、電源供給の安定性から見てアダプタータイプがおすすめです。

また、スピーカーと接続するケーブルは、他のケーブルと一緒に束ねないようにしましょう。ノイズが発生する原因となってしまいます。

オンラインで無料キャリア相談!無理な勧誘は一切いたしません

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクールです。
テックキャンプはオンラインでプログラミング学習が可能。「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。
転職成功率はコロナ前と同水準の98.7%を維持!
キャリアに悩んだらテックキャンプの無料オンラインカウンセリングでITキャリア相談を受けてみませんか?あなただけのキャリアプランが作れます。
オンラインカウンセリングのやり方は簡単なので、ぜひご利用ください。

パソコン用スピーカーの主なメーカー

パソコン用スピーカーでは、世界的に知られる主要メーカーがいくつか存在します。

ここでは、その中から代表的な5社を紹介。順番に見ていきましょう。

ボーズ(Bose)

アメリカを代表する音響機器関連メーカーとして、世界的に有名です。ノイズキャンセリング機能をはじめ、時代の先端を行く様々な音響技術を開発してきました。

シンプルでどんな部屋にも溶け込むデザイン性の高さと、フルレンジにこだわった迫力のサウンドが魅力。お手頃価格のモデルから本格的なホームシアター用の機器まで、幅広いラインナップも特徴です。

ヤマハ(YAMAHA)

日本を代表する楽器メーカーであるYAMAHA。スピーカーをはじめ、多くの音響機器も手掛けています。

元々の音源を極力そのまま再現することを意識してつくられた機器が多く、音楽や映画などの世界により深く没入できます。「国内メーカーの製品を使いたい」という方には特におすすめです。

JBL

アメリカの音響機器メーカーです。一般向けのJBLのほか、プロフェッショナル向けのJBL Professionalという2つのブランドで音響機器を展開しています。

パソコン用のスピーカーだけでなく、カーオーディオやホームシアター用の音響機器も開発。独特の迫力あるサウンドはJBLサウンドとも呼ばれ、多くのユーザーに支持されています。

ロジクール(Logicool)

スイスに本社を置く音響機器メーカーです。パソコン用のスピーカーだけでなく、マウスやキーボード、ゲーミング用のデバイスなど、多彩な周辺機器の開発・販売を手掛けています。

パソコン用スピーカーは、コストパフォーマンス重視の安価な機器から高音質にこだわった高級機器まで、広く展開しています。

出張など外出時にも使えるコンパクトタイプのBluetooth対応スピーカーや、ゲーミングに最適化した機器も展開しています。

ソニー(SONY)

古くはウォークマンの世界的ヒットで知られる、日本を代表する電子機器メーカーです。

スピーカーをはじめ音響機器は特に高く評価されており、近年話題のハイレゾスピーカーやネックスピーカーも同社が開発に関わっています。

スピーカーでは、重低音だけでなく高音域でも高いクオリティーの音を出すことに定評があります。

おすすめのパソコン用スピーカー15選

ここでは、コストや機能など、様々な基準からおすすめの製品を紹介します。

各スピーカーの特徴を把握して、お気に入りの1台を見つけてみましょう。

iBUFFALO BSSP28UBK

iBUFFALO 2.0ch マルチメディアスピーカー USB電源/ステレオミニプラグ音源 ブラック BSSP28UBK

出典:Amazon

コンパクトな外見とお手頃な価格に似つかわしくない、しっかりとした低音が特徴のスピーカーです。

給電はUSB方式で、音声信号はヘッドフォン端子・ステレオミニプラグでつなげます。スマートフォンやマイク等への接続も可能。

バスレフ構造によって重厚感のある低音を再現することができます。使いやすさと音質を兼ね備えた、コストパフォーマンスに優れた製品です。

JBL JBLPEBBLESBLKJN

JBL Pebbles バスパワードスピーカー USB/DAC内蔵 ブラック JBLPEBBLESBLKJN 【国内正規品】

出典:Amazon

各種音声ファイルを高音質で再生できるDAコンバータを搭載しています。リーズナブルな価格にも関わらず、クリアな音質が高く評価されています。

周波数は70Hz〜20kHzなで対応しており、低音も高音もバランスよく再生可能。

「そこまで費用はかけられないが、音にもこだわりたい」 という方におすすめなスピーカーです。

TaoTronics TT-SK025

TaoTronics PC スピーカー Bluetooth 10W出力 小型 サウンドバー テレビ TV パソコンスピーカー デュアルパッシブラジエーター 壁掛け可 電源アダプター接続【12ヶ月+18ヶ月間国内安心保証】 TT-SK025

出典:Amazon

棒のような形状をしたサウンドバータイプのスピーカーで、場所をとらずに設置できる点が特徴です。本体には壁掛け用の穴がついています。

スピーカーとしては、5W出力のスピーカーが2基内蔵されており、迫力と高音質を兼ね備えたサウンドを楽しむことができます。

また、Bluetooth接続に対応しており、パソコンだけでなくスマートフォンなどでの使用可能です。

Tribit XSound Go

Tribit XSound Go Bluetooth スピーカー IPX7完全防水 16W ポータブルスピーカー 24時間連続再生 Bluetooth5.0 ブルートゥーススピーカー TWS対応 低音強化/内蔵マイク搭載 ブラック 最新版

出典:Amazon

屋内外を問わず活用できる、使い勝手に優れたスピーカーです。お手頃な価格も大きな魅力。

片手で持てるコンパクト設計に加え、Bluetooth接続対応・防水仕様・24時間駆動など、どんな場所でも高音質のステレオサウンドが楽しめます。

8Wドライバーを2つ備えており、迫力ある低音もクリアな高音もしっかりと出すことができます。マイクを内蔵し、スマートフォンとの併用も可能です、

Logicool Z533

ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z533 ブラック ステレオ 2.1ch サブウーファー付属 RCA/3.5mm入力対応 国内正規品 2年間メーカー保証

出典:Amazon

1万円程度で購入できる、お手頃なスピーカーです。

2.25インチのフルレンジドライバーによる、最大出力120Wのパワー溢れる音響を楽しむことができます。

また、3.5mmとRCA入力を備えており、パソコンやタブレットなど様々なツールと簡単に接続が可能です。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー

出典:Amazon

「BOSE社製のスピーカーを使ってみたい」という方におすすめの、お手頃&高性能モデルです。パソコン前でのリスニングを想定しており、聴きやすいように筐体が少し上向きに設計されています。

独自のデジタル信号処理によって、あらゆる音量レベルでクリアなサウンドを実現。スピーカー背面にある端子とパソコンを3.5mmのミニジャックで接続し、ACアダプターをセットして使用します。

また、予備の入力端子も備えており、パソコンだけでなくスマートフォンなども同時につなぐことが可能です。

Edifier ED-S880DB

【日本正規代理店品】Edifier ハイレゾ対応 2.0ch デスクトップパワードスピーカー ED-S880DB

出典:Amazon

見た目はコンパクトですが、88Wの高出力を備えたブックシェルフ型スピーカーです。インテリアとしても映えるデザイン性の高さも特徴。

DACやアンプなどの音響機器なしでも、ハイレゾサウンドを心ゆくまで楽しめます。

また、本体背面の低音・高音・音量調節ダイヤルを使って、音質を自分好みに細かく設定することができます。

BOSE Companion 20 multimedia speaker system

Bose Companion 20 multimedia speaker system PCスピーカー

出典:Amazon

見た目はコンパクトですが、部屋中を満たす迫力&高音質なサウンドが特徴です。サブウーファーなしでもパワフルな低音域を再生します。

また、独自の「TrueSpace ステレオデジタルプロセッシング回路」によって立体感のあるサウンドを奏でます。

少々値は張りますが、それだけの価値がある音質を楽しめるでしょう。

SONY SRS-WS1

ソニー ウェアラブルネックスピーカー テレビ/映画/ゲーム用スピーカー 音連動バイブレーション機能付き 2017年モデル SRS-WS1

出典:Amazon

本体を首にかけて音楽を楽しめる、ワイヤレス型のネックスピーカーです。

スピーカー左右に設置されたパッシブラジエーターによって、低音と連動して本体が振動します。ライブ映像や映画の鑑賞など、通常のスピーカーを上回る臨場感を楽しめるでしょう。

スピーカー本体は人間工学に基づいて設計されており、自然と身体にフィットするので長時間使用しても疲れません。専用のオーディオケーブルを使用することで、スマートフォンやゲーム機などでも使用可能です。

YAMAHA NX-N500

ヤマハ ネットワーク・パワードスピーカー アンプ内蔵/USB DAC/Wi-Fi/Bluetooth/ハイレゾ音源対応 (左右1組) ブラック NX-N500(B)

出典:Amazon

「とにかく音にこだわりたい!」という方におすすめの高級モデル。

ハイレゾ対応スピーカーユニット群、音の精度を極限まで高める高剛性エンクロージャー、ハイレゾ音源を最大限に活かすUSB DAC機能など、音によりこだわって楽しむための機能が満載です。

Bluetooth接続に対応しているほか、Wi-Fi通信機能を内蔵し、家庭内ネットワークへ無線LAN経由で接続できます。

バッファロー BSSP108U

出典:Amazon

USBポートから電源供給するバスパワー形式のスピーカーです。

コンセントが不要なので、持ち運びが便利なのが特徴です。また、スクエア型のスリムな形で、インテリアとしてもオシャレに置くことができるでしょう。

エレコム MS-P08U

出典:Amazon

手元でボリューム調整ができるコントローラー付きのスピーカーです。

手のひらに収まるサイズ感で、デスク上に置いても邪魔になりません。飾らないシンプルなデザインなので、どこに置いてもマッチするでしょう。

サンワサプライ MM-SPL11UBK

出典:Amazon

クリップ式のスピーカーで、ノートパソコンやタブレットなど、最大25mm幅で固定することができます。

また、固定せずとも自立するので、机に置くことも可能です。

クリエイティブメディア「Creative T15 Wireless」SP-T15W

出典:Amazon

Bluetoothでのワイヤレス接続、ケーブルを使った有線接続どちらも可能なスピーカーです。

ワイヤレス接続がない端末、不安定な端末にはケーブルを使うなど、臨機応変に対応できるのがポイントです。また、ヘッドホン出力端子もついているため、夜間などには別途接続をして音楽を楽しむことができます。

レイザー「Razer Leviathan」RZ05-01260100-R3A1

出典:Amazon

ゲーム・音楽・映画、3つのモードを搭載したスピーカーです。

傾斜角度を0°・15°・23°に調整できるため、スピーカーとの距離に合わせた設置ができます。

また、2.1chに対応しているため、臨場感のある音を楽しめます。

スピーカーから音が出ない・聞こえない時に確認すべきポイント

ネガティブパソコンで音楽や映画を楽しもうと思ったら、音が出ない…。

そんな時に確認するべき、いくつかのポイントがあります。順番に見ていきましょう。

パソコンとスピーカーの接続

まずは、パソコンとスピーカーが正しく接続されているかを確認しましょう。

アナログ端子やUSBでの接続の場合は、ケーブルと差込口を見て破損・接続の具合や、端子にホコリなどが詰まっていないかをチェックします。

Bluetooth接続の場合は、BluetoothのONやOFFに加えて、機器のペアリング登録や設定が正しく行われているかを見ます。

スピーカーの電源や音量設定

意外とやりがちなのが、スピーカーの電源の入れ忘れです。まずはスピーカー自体の電源のON/OFFを見てみましょう。

また、パソコンやディスプレイ側で音量設定が最小になっていたり、ミュートに設定されていたりする可能性もあります。あわせて、アプリ内の音量設定も確認してみてください。

パソコンのOSやドライバーのバージョン

スピーカーなどの外部機器の接続は、パソコンのドライバーというソフトウェアで管理されています。

このソフトが正しくインストールされていなかったり、バージョンが更新されていなかったりすると、音が正しく聞こえないことがあります。

それでもダメならパソコンを再起動

音関係に限らず、パソコンは突然何らかの不具合が生じる場合が多いです。その場合は再起動することで解決する可能性があります。

何かおかしいと思ったら、一度再起動をしてみましょう。

機能も特徴も様々なパソコン用スピーカー 無理なく自分に合った一台を

ネガティブメーカーや機器によって、機能も特徴も異なるパソコン用スピーカー。

音響機器は、音質などを求めると際限がなくなりがちです。どこまでのものを求めるのかを考えて、無理のない範囲で選びましょう。

IT業界未経験・知識0でもOK!テックキャンプがエンジニア転職の夢を叶えます

「エンジニアに興味があるけれど、未経験だから不安……」と、悩んでいませんか?
テックキャンプ エンジニア転職は未経験者専用の教育プログラムだから、IT業界未経験・知識0でも大丈夫!
テックキャンプの受講生は、90%以上が非IT業界出身&99%がプログラミング未経験者です。それでも転職成功率は98.7%!
その秘訣は、オフラインでもオンラインでもやりきれる徹底したサポート体制。
まずは何でも相談できる無料オンラインカウンセリングで、あなたの悩みを聞かせてください。
「未経験からのIT転職」その第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

篠崎友耶
編集・ライターとして、主に制作会社や編集プロダクションなどで勤務したのち株式会社divに入社。 趣味は、歴史関係(史跡巡りや読書)、御朱印集め、国内外のサッカー観戦など。好きなチームはバレンシアCF。 好きな言葉は『士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし』

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement