テクノロジー
VRの5つの使い道とおすすめのサービス・アプリ7選

あなたはVRをどのように使っていますか?

また、VRに興味はあるけれど、どうすれば活用できるかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ゲームだけにとどまらないVRのさまざまな使い道についてご紹介します。

この記事を読めば、エンターテインメント・医療・教育・シミュレーション・教育・ビジネスとあらゆるシーンで新しい体験を生みだしているVRの使い道について理解できます。

また、おすすめのサービス・アプリを利用して、VRのさまざまな使い道をすぐに体験することもできます。

出典:photo AC

身近になったVR

出典:photo AC

まず、VRが身近な存在となった理由についてご説明します。

デバイスの普及・低価格化

VR(仮想現実)は仮想世界に人間の動きを反映させ、現実のようなリアルな体験ができることが特徴です。動画・写真のように画面を眺めるだけではなく、その世界に入りこんだような感覚を味わうことができます。
そのような世界に入り込んだ感覚を得るためには、VRの体験を実現するデバイスが必要です。
ところが、これらのデバイスは入手しづらく、VRの普及を足止めしていました。
転機となったのはVR元年と呼ばれた2016年。PlayStation VR・Oculus RiftをはじめとするVRのデバイスが多く発売されました。その中には、スマートフォンで楽しめるヘッドセットなど低価格なデバイスもあり、VRはより身近なものになったのです

VRの市場規模

マイナビニュースによると、2016年のAR/VR市場は61億ドルとあり、2020年には1443億ドルに成長すると予想される期待の市場です。

また、ASCII.jpは2015年から2021年のVRヘッドマウントディスプレイの総出荷台数は1億1000万台になると見込んでいます。

このように、パソコン・スマートフォンに続く市場として大きな注目を集めるVRは、驚異的な速度で拡大し、VRを体験する方は確実に増えていくと考えられます。

VRの使い道<エンターテインメント>

出典:photo AC

では、身近になったVRにはどのような使い道があるのでしょうか?

まず、ゲーム・映画といったエンターテインメントを例にご紹介します。

ゲーム

VRは市場規模の拡大やデバイスの普及を受けて、活用される用途はさまざまな分野に拡大しています。

その中で、ゲームにおけるVRの活用といえば、PlayStation VRがあげられます。
RPG・シューティングゲーム・スポーツ・恋愛ゲームといったゲームの世界がVRでリアルに体験できます。

2016年10月の発売以降、品薄の状態が続いていることからもその人気の高さが伺えますね。

また、VRを利用したアーケードゲームの製作も盛り上がりを見せており、VR SENSEのように風・温度など五感と組み合わせた筐体も登場が予定されています。

東京ゲームショウ2016でも注目を集めたVRを活用したゲームは続々と増えていくでしょう。

映画

ハリウッドをはじめ、多くのスタジオがVRを利用した映画づくりに取り組んでいるのを知っていますか?

Oculus Story Studioが手がけた映像作品として「LOST」「Henry」「Dear Angelica」があり、これらの作品はOculus Riftで無料で視聴できます。

Henryはアメリカのエミー賞を受賞した作品で、主人公のハリネズミのヘンリーと目が合ったり、顔を見合わせたりと今までにない体験ができます。

映画の中に入りこんだような感覚はVRならではの体験といえます。

また、HTCが2018年に公開予定である「Read Player One(邦訳:ゲームウォーズ)」の映画版のVRコンテンツと独占提携を結んだことも話題を集めています。

この作品はVRを題材とした小説でアメリカでとても人気のある作品です。

VRを利用した映画ではユーザーに体験を提供するため、時間の流れやストーリーの考え方など今までの映画づくりとは異なる技術が必要となり、今後のさらなる発展が期待されます。

Oculus Story StudioによるVRでの「体験」の製作における映画づくりとは異なる点について、詳細は下記をご覧ください。

Oculus Story Studioの5つの教訓 – VRFocus

ライブ・コンサート

音楽などのライブ・コンサートではすでにVRが取り入れられています。

iOS・Androidに対応した「VR Cruise」を利用すれば、ももいろクローバーZのライブを体感できます

また、「SHOWROOM VR」では生配信でAKB48のライブやプロレスといった多彩なコンテンツを楽しむことができます。

このように、さまざまなアーティストやイベントのVRコンテンツの配信が行われており、360度の鑑賞が可能で、自宅にいながらライブの臨場感を味わうことができます。

VRの使い道<医療>

出典:photo AC

経験することが難しい体験もVRを使えば再現できることから、医療へのVRへの活用も大きな注目を集めています。

治療

まず、VRの持つ美しい3D映像による心理効果を利用した治療があります

アメリカで医療サービスの開発を行っているOne Caring Teamは、「Aloha VR」というVRコンテンツを作成しました。

Aloha VRではハワイのビーチが疑似体験でき、苦痛の軽減やストレス・不安の緩和により、鬱や孤独といった悩みを抱える高齢者の生活を豊かにしています。

このように、VRは臨場感あふれる動きのある映像だけでなく、心を癒すリラックス映像によるヒーリング効果も期待できます。

トレーニング

医療処置が複雑になっている現代において、医師が充分なトレーニングを積むことは難しくなっています。

そのため、医師は難しい処置を経験することなくトレーニングを終え、実際の手術で技術を身につけることが多く見られます。

実際のところ『医師は実際の手術の場で技術を身につけている』というのが実情です。
しかし一人前に手術ができるようになるまでは時間がかかる。
その間、ずっと患者さんを練習台として使わせていただくことになってしまいます」

引用元:「医療技術の向上のために献体の活用を」

「Osso VR」はそのような問題を解決するために開発された手術トレーニングプラットフォームです。

Osso VRは最先端の手順や機器を用いて、バーチャル手術室で実際に手を動かしながらスキルを学ぶことができます。患者を危険にさらすリスクなく、充分なトレーニングを低コストで実現したのです。

このように、VRを活用することで、医療のさらなる発展が期待されます。

VRの使い道<シミュレーション>

出典:photo AC

VRでのシミュレーションにより、コストの削減や危険の伴うテストを軽減することが可能です。

自動車開発

BMWはVRを利用して自動車のプロトタイプを製作し、新型自動車のデモンストレーションを行っています。

VRの活用によって、開発者は変更・修正をスムーズにでき、コストを抑えた柔軟な開発が可能になりました。さらに、開発状況の報告やそれに伴う会議が担当者が現地に行かなくてもできるようになり、時間の節約にもつながっています。

また、フォード・モーターでも、パソコン上で作成した自動車の3D画像をVRで映し、実際のサイズで自動車のシミュレーションを行うなど、作業効率の向上にVRが役立てられています。

宇宙

NASAとMicrosoftが協力し、VRを利用したソフトウェアである「OnSight」の開発をしました。

このOnSightは火星探査機の収集したデータを利用して、火星環境の3Dシミュレーションの作成を行いますこれにより、科学者は火星環境をさまざまな角度から観察でき、今まで以上に自然な形で研究を行うことが可能になりました。

地球では再現できない体験を実現するVRが革新的な技術であることがよくわかる活用方法といえます。

防災

災害は、多くの方が起こった時にはじめて体験します。そのような突発的な災害も、VRによってシミュレーションが可能です。

iDEACLOUDが開発した「防災VR」は、火災・地震といった災害をVRで再現しています。防災VR/火災編では、HTC Viveを利用して、火が迫ってくる恐怖や煙に巻かれるといった火災の恐ろしさ、消火器を利用した消火を体験できます。

VRを使って災害をシミュレーションすることで、いつ起こるかわからない災害に対して備えることができます。

VRの使い道<教育>

出典:photo AC

学校教育や専門職・軍の訓練にもVRは利用されています。

学校教育

VRは疑似体験によって、教科書だけでは学べない現実のできごとのような学習体験ができると考えられており、さまざまなVRコンテンツの製作が行われています。

ロサンゼルスのCGO Studiosでは、専門家と協力して、歴史的な瞬間をVRで再現することで、新たな歴史教育のあり方の創造を目指しています。

また、CGI Studiosは、「First」と呼ばれるVR作品を発表しており、これはライト兄弟の初フライトを題材に作成され、子供たちの歴史の理解に役立てられています。

さらに、zSpaceの教育向けソリューションバーチャル実験室を学校に設置するサービスを展開しており、3Dメガネと専用のペンを使って、ハンズオンの学習ができます。

例えば、生物の解剖実験といった専門的な実験を疑似体験することができ、深い理解と子供たちが興味を持って取り組める教育としてアメリカを中心に注目を集めています。

また、zSpaceはひとりの世界に没入しがちなVRコンテンツの中で、グループワークも可能であるというのが魅力です。

学習だけでなく、コミュニケーションの場所として学校を捉えた場合に、VRを使ってグループワークができることは大きなメリットといえます。

専門職

前述の医師の教育をはじめ、整備士などのさまざまな職業の訓練・研修にもVRの活用がはじまっています。

特殊な道具を使う職業であっても、VR内で道具の再現を行って操作手順の学習や業務のトレーニングが行えます。

このVRを利用したトレーニングは事故・ケガといったリスクがなく、資材も不要で低コストで繰り返しトレーニングができるというメリットがあり、効率的に人材の教育が行えます。

このようにVRを使った新たな人材の教育方法は医療や専門職だけでなく、さまざまな職業へと拡大していくと予想されます。

軍・警察

軍や警察でも品質の強化などを目的にVRが取り入れらています。

アメリカ軍ではヘッドセットを着用し、仮想空間での戦闘のシミュレーションが行われています。

VRのプログラムを用意すれば、訓練基地から出ずに砂漠や市街地などさまざまな環境を想定した訓練ができるというメリットがあります。

また、教育の分野とは異なりますが、中国の警察では警察犬に360°のパノラマカメラを装備し、警察官がVRヘッドセットを装着することで警察犬と同じ映像が見られる取り組みがはじまっています。

この映像は犯人の追跡・捜査の資料としても利用されています。

テクノロジースクールTECH::CAMPで
10年後も仕事に困らないスキルを身に着けませんか?
テックキャンプ体験会

TECH::CAMP』はこれからのテクノロジー時代で結果を出せる、次世代のビジネスパーソンを育成するスクールです。以下のような方におすすめです。

  • 今の職場でキャリアアップ、年収アップしたい
  • エンジニア以外の職種でIT業界に転職・就職したい
  • ビジネスパーソンとして総合的にスキルを高めたい

まずは無料体験会に参加してみてください。体験会は月に1000名以上のお申し込みをいただいているため、ご希望の日が埋まることがあります。今すぐのご予約をおすすめします。

体験会について詳しくみる

Kimura Hiroto Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、TECH::NOTEでの執筆を担当。好きな食べ物は豆腐。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー