テクノロジー
【保護者必見】幼稚園・小学生向けプログラミングおもちゃ

あなたは子どものプログラミングの学習について悩んでいませんか?

2020年からの小学校プログラミング教育の必修化を耳にして、子どものためにプログラミング教育をいち早く始めたいけれど、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は子どもが楽しみながら、プログラミングを学べるおもちゃについてご紹介します。

これを読めば、子どもの年齢に合うおもちゃを選べ、興味を持った子どものスキルの伸ばし方についても理解できるでしょう。

プログラミングとは

まず、子どもにプログラミング教育をしようにも、そもそもプログラミングが何かわからなければ、本当にプログラミングを学ばなければいけないのか疑問です。

プログラミングをわかりやすく言いますと、

プログラムを作成し、意図した通りにコンピューターを動かす指示を与えることです。

「プログラミング」ではなく「プログラム」という言葉なら、イメージできる方も多いのではないでしょうか?

プログラムとは、和訳すると「番組表」「計画」「予定」という意味になります。実は意識していないだけで普通に使っている言葉です。

つまり、プログラミングとは、なにか行われること(結婚式のイベントや、運動会の種目)を順番に書き出す作業を指します。

しかし、コンピューターは人間の言葉をそのままでは理解できません。そこで、コンピューターが理解できる言葉=プログラミング言語で指示する必要があります。

引用:プログラミングとは何か?を世界一わかりやすく解説

また、プログラムを作るためにはさまざまなプログラミング言語があり、このような技術を身につけるためには、学習した内容を継続して反復することが大切です。

そのため、子どもの頃からプログラミングに触れることは、プログラミング学習をとてもスムーズに進める原動力となり、子どもの将来の可能性を広げることにつながります。

プログラミング必修化

html

出典:写真AC

経済産業省の「日本再興戦略2016」で、IT人材の育成を目的として2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化される方針が発表されました。

このような必修化の動きを聞き、お子さん向けのプログラミングの学習に興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、プログラミングへの興味を持つきっかけとなる、さまざまなおもちゃについてご紹介します。

子どもだけでなく、大人にとっても興味深いおもちゃも多いので、親子で楽しみながらプログラミングの学習を進められます。

 

幼稚園児向け4選

cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_m

出典:写真AC

 

Code-a-pillar

FireShot Capture 255 - Think & Learn プログラミングロボ コー_ - http___www.fisher-price.com_ja_JP_product_98301

出典:Code-a-pillar

子供向けのおもちゃ会社として有名なFisher-Priceが販売しているCode-a-pillar(コード・ア・ピラー)は、イモムシ型ロボットでパーツの組み合わせによって動きを指示できるおもちゃです。

ロボットのパーツには「前進」「左折」「右折」などがあり、組み合わせを工夫をすることで、子どもたちは楽しみながら考える力を伸ばせます。

自分が考えたとおりに動かすにはどうすればよいかを考える力、動かした結果をもとに問題を解決する力など、プログラミングに必要な能力を遊びながら身につけられます。

また、動きに合わせた音や光も、子どもの好奇心や実験する心を刺激する魅力的なおもちゃといえます。

自分の頭で考えて設計したものがその通りに動く体験って、ほんの小さな子供にはなかなかの衝撃ではないでしょうか。この人生のエポックメーキングをきっかけに、プログラムに興味を持った凄いエンジニアが将来育ったら… すばらしい

引用元:キモ可愛いイモムシロボでプログラミングの基礎を学ぶ 命令パーツを繋げて自走する、キッズ向けロボ「Code-A-Pillar」:CES 2016 – Engadget 日本版

 

Cubetto

FireShot Capture 257 - Cubetto_ コーディングとプログラミングを教えてくれる子ども向けロボット - https___www.primotoys.com_ja_

出典:Cubetto

イギリスのPrimo Toysが製作したCubetto(キュベット)は木でできた可愛らしさが魅力のロボットです。

ボードにプログラミングの指示をするブロックをはめることで、Cubettoにさまざまな動きをさせられます。

読み書きができない小さい子どもでも、プログラミングの楽しさや創造性あふれる体験ができるおもちゃとして世界中で人気を集めています。

Cubettoを作っているPrimo Toysによると、プログラミングが子どもたちの学びの基礎になると考えている90ヶ国以上で、2万人をこえる教育関係者や保護者がCubettoを使っているとあります。

このように、世界中の方にプログラミング学習の入門として、Cubettoは親しまれています。

Cubettoは秀逸な視覚的プログラミング言語とも言えます。
そして、視覚的なだけではなく、手で触れてプログラムを作ることができます。
そのため、子供達にとって、おそらく説明不要で誰からも教わらず、直観的・自主的に学んでいけるプログラム用のコーディングキットとも言えます。

引用元:子供とプログラミング教育 ~論理的思考力を身に付け、プログラミングを学べる知育玩具「Cubetto」~ _ IT(プログラミング)×子ども(子供)×教育(学習・勉強) _ DIVERSITY x CREATIVITY

 

ソビーゴ BP1

FireShot Capture 259 - 遊びごころで未来をつくる プログラミング体験 ソビーゴ - http___www.wise-int.co.jp_sovigo_

出典:ソビーゴ BP1

株式会社ワイズインテグレーションと株式会社ナチュラルスタイルが「想像をカタチにできる喜びを、伝えたい。」という想いから、共同ではじめたプログラミング教育プロジェクトが「ソビーゴ」です。

そのプロジェクトにおいて、ソビーゴ BP1は5歳から遊べるブロック・プログラミング教材として開発されました。

実物のブロックに描かれた記号を組み合わせることで、手元で視覚的にプログラムを組むことができます。

また、パソコン・タブレットのアプリケーション上でも同様にブロックを組んで動かし、さまざまなミッションにチャレンジできますので、ゲーム感覚でプログラミング体験ができます。

このように、ブロックとビジュアルソフトの連動により、教えることも簡単で子どもたちにも理解しやすい教材になっています。

パソコンの中だけでコーディングしていると、なんとなく書いたものがなんとなく動いて終わり

となってしまいますが、そこをあえて、手を使ったアルゴリズムのステップを踏ませることで、理解力は格段に上がると思います。

引用元:プログラミングの考え方を学んで未来を創る力を身につける『探究型プログラミング学習』

 

Robot Turtles

FireShot Capture 260 - Robot Turtles I The Board Game that Teaches P_ - http___www.robotturtles.com_

出典:Robot Turtles

Robot Turtlesはアメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、2万5千人以上の人から支持を集めたおもちゃです。

シアトルのソフトウェアの起業家として知られるDan Shapiroによって、彼の子どもが遊びながらプログラミングを学ぶために作られました。

ロボットや電気も一切使わないことが特徴のカードゲームで、ボードの中の迷路を「前進」「左折」「右折」といった役割のカードを組み合わせて亀を進ませ、ゴールの宝石まで導くシンプルなゲームです。

宝石までの道すじを考えることで、課題解決の力を育てられるカードゲームといえます。

29ドルで買えるのだから、ゲームソフト1本を買い与えるより、ずっと安上がりで、子どもの健康や子どもたちとのコミニケーションには良いことは間違いない。

日本語版が発売されたら、ぜったいに、孫に買ってやるなあ!

 

引用元:遊びながらプログラミングの基礎が学べる「ロボットタートルズ」というボードゲームが大人気だ! – ICHIROYAのブログ

 

Kimura Hiroto Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、TECH::NOTEでの執筆を担当。好きな食べ物は豆腐。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー