ITキャリアの悩みを無料相談で解決! カウンセラーにITキャリア相談

SNSに写真を載せるとiPhoneなどのスマホの位置情報で居場所がバレるのか

作成: 2020.07.29 更新: 2020.07.28

>>10年後も職を失わない「求められる人材」になる

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

iPhoneなどスマホの位置情報サービスをオンにしたまま撮影した写真には、撮影地点が記録されます。

思い出の場所を保存するのに便利な機能です。

しかし、その情報から撮影者の居場所がわかったり、複数枚の写真があれば行動パターンを分析することも可能。便利な機能が一点、リスクにつながりかねません。

写真をSNSに載せてしまったら、見ず知らずの人にも居場所が漏れてしまうのかと不安になる方もいると思います。

そこでこの記事では、SNSを安全に楽しく使うためにも、スマホで撮った写真を投稿する時に知っておきたい知識を解説します。

SNSでは位置情報が削除される

SNSには、投稿された写真の位置情報が自動的に削除されるものがあります。

例えば、大手SNSサービスの「Twitter」「Facebook」「Instagram」「LINE」では、位置情報を削除した状態で画像が投稿されるため、フォロワーが写真の位置情報を確認することは原則としてできません。

このようなSNSなら、位置情報サービスをオンにして撮影した写真を投稿しても安全でしょう。

ただし、全てのSNSで位置情報を自動で削除してくれるわけではありません。事前に設定画面やサービス内容を確認しておきましょう。

不安な時はスマホ自体の位置情報サービスをオフにする

「SNSに載せた写真の位置情報が本当に消えているのか不安…」

そう感じる方は、日常的にスマホの位置情報をオフにした状態でお使いいただくのがおすすめです。

スマホの位置情報をオフにしてしまえば、撮影した写真に位置情報は残りません。

SNSに位置情報の自動削除機能がなかったとしても、写真から位置情報を辿られるリスクを減らせるでしょう。

位置情報サービスを完全にオフにしてしまうと不便という方は、アプリ単位でオン/オフを切り替える方法をお試しください。

メールの添付画像は位置情報が削除されないので注意

写真をメールに添付して送った場合、位置情報は削除されないので注意が必要です。
知り合いに送るのであれば問題ないかもしれませんが、素性を知らない人に写真を送る場合はリスクになるでしょう。

もし位置情報が載っている写真を送る場合は、本記事の後半で紹介する位置情報を削除する方法を実行した上で送ることをおすすめします。

少しでもリスクを下げるために、ぜひご活用ください。

写真の風景から場所が漏れる可能性あり

注意すべきは、位置情報だけではありません。
写真に写っている建物や風景などから位置を特定することも可能です。

ふと撮影した写真の片隅にその場所の住所が写り込んでいた場合などは、よりリスクが高まります。

写真を撮影する際、またはSNSに投稿する前には、写っているものにも注意を払うべきです。

SNSに写真を載せる時の注意点

SNSでフォローしあっている友人と写真を共有することは楽しいですし、盛り上がることでしょう。
リスクなく楽しむために、SNSに写真をアップするときの注意点も知っておくのがおすすめです。

詳細を説明します。

情報公開の範囲を確認する

写真を投稿するSNSの公開範囲を確認しておきましょう。

顔見知りだけに公開するのであれば問題ないかもしれません。しかし、ネットでしか交流のない人や、見ず知らずの人にまで公開されるSNSに投稿する場合は、注意が必要です。

本当にその写真をアップしても問題ないか。リスクはないかを考えた上で、実行しましょう。

SNSには公開するフォロワーを限定する機能もあるので、それらを利用するのも安全です。

限られた友達だけに共有したいのであれば、よりクローズドなメールやLINEなどを使う方がいいでしょう。

自分以外の人が写っている時は特に注意

写真をSNS投稿することがあなたにとっては問題ないとしても、他に写っている人がいる場合、配慮が必要です。

その人は、SNSに載せられることをよく思っていない可能性があります。

特に顔が写っている写真は個人を特定しやすいため、ネット上に投稿することを嫌がる人は少なくありません。

写っている人にSNSに投稿することの許諾を得るか、本人だとわからないよう加工するなどの対策をしましょう。

写っているもので場所を特定されないようにする

場所が特定されることでリスクが生まれそうな写真の場合は、なるべく投稿を控えるのがベターです。

特に、自宅付近や、学校・職場の写真などは避けた方がいいでしょう。犯罪に巻き込まれるリスクが上がります。

写真をSNSに投稿するときは被写体となった人物だけでなく、写った周囲の状況なども見て、投稿するかどうか考えるべきです。

ぼかしを入れるアプリなどがおすすめ

どうしても写真を投稿したい場合は、ぼかしやスタンプなどで加工できるアプリを使うのがおすすめです。

このようなアプリで加工した写真なら、写ったものからの特定を防げます。

可愛い加工ができるアプリもあるので、普通に写真を投稿するより楽しむことも可能です。

加工し忘れがないよう、注意しながら投稿してください。

今なら受講料30,000円OFF!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職は、受講生の3人に1人がオンライン受講
◎今なら9/23~30限定で受講料30,000円OFF!
◎オンライン受講の満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

念の為!写真の位置情報を消したい時の方法

SNSのリスクをできる限りなくしたいという方は、写真に位置情報を残さないのが確実です。
しかし、すでに位置情報サービスをオンにしたまま撮影した写真には、撮影場所の情報が残っており、SNSに投稿したくてもできないという方もいるでしょう。

これから撮影する写真だけでなく、過去に撮った写真の位置情報を削除することも可能です。その方法をご紹介します。

位置情報を削除するアプリを使う

もっとも簡単な方法は、位置情報を削除するアプリを使用すること。

カメラロールから位置情報が載っている写真をピックアップし、一括削除などが可能です。

iPhone用、Android用、それぞれアプリがありますのでお試しください。

以下におすすめアプリを記載します。

【iPhone向け】メモに貼り付けた写真を保存する

この方法は専用のアプリを使わなくても写真の位置情報を削除できる方法です(iPhoneユーザー向けの方法になります)。

以下、手順です。

  1. カメラロールから位置情報を削除したい写真を選択
  2. 選択した写真をメモに保存(画面左下のアイコンをタップしメモアプリを選択)
  3. メモアプリを開き、保存した画像を再度カメラロールに保存

この方法で位置情報の削除が可能です。

少し手間がかかりますが、iPhoneにデフォルトで搭載されている機能・アプリだけで実行できます。

SNSは位置情報に注意して楽しく使おう

SNSに思い出の写真をアップすることは楽しいですが、少しのミスがあなたに大きな危険をもたらしかねません。

楽しく安全にSNSを使うため、写真の位置情報にも気を配ってみてください。

その第一歩として、本記事をお役立ていただきたいです。

受講料30,000円OFF!先の見えない時代でも求められる人材「ITエンジニア」を目指すチャンス

「今の仕事は、10年後も必要とされているだろうか……」と、将来の働き方に不安を抱えていませんか?
不安定で先の見えない時代でも求められる人材になりたいなら、ITエンジニアがおすすめです。
テックキャンプなら、IT業界未経験・知識0の人でもエンジニア転職を実現できます。
今なら、9/30までの期間限定で受講料が30,000円OFF!
無料オンラインカウンセリングで、今すぐIT転職への不安を解消しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

Avatar
新卒でベンチャー企業の営業に就職。残業がほぼない会社だったため、仕事が終わったら趣味のブログを書く毎日を送っていました。3年ほど勤めて退職し、ブログをきっかけにテックキャンプ ブログでライターデビュー。好きなものはマンガ、テニス、イラスト、サメです。