ITキャリアの悩みをカウンセラーが解決! 無料ITキャリア相談はこちら

オンライン飲み会とは?やり方と開催して感じた注意点を解説

作成: 2020.04.16 更新: 2020.05.11

>>2020年テクノロジー業界に挑戦すべき5つの理由

不安定な時代を生き残るための限定資料はこちら

2020年4月現在は、コロナウイルスの感染拡大防止のために外出の自粛が必要な状況です。

自宅で過ごさなければいけないため、必然的に人とコミュニケーションを取る機会や飲みに行く機会が減っています。

それにより、寂しさを感じたりストレス発散の場所を失ったりと悩んでいる方もいるでしょう。

この記事では、そのような悩みを解消するオンライン飲み会のやり方を解説します。

私が実際に開催してみて感じた注意点を記載したので、これからやってみたいという方はぜひ参考にしてください。

オンライン飲み会とは

オンライン飲み会をやってみたいという人もいるでしょう。

そのような方向けにオンライン飲み会とは何かをわかりやすく解説します。

ビデオ通話を使ったオンラインでの飲み会

オンライン飲み会とは、スマホ・タブレット・PCなどでビデオ通話を利用して行う飲み会です。

まだオンライン飲み会をやったことがない人からすると、準備やセッティングがちょっと面倒くさそうと感じるかもしれません。

しかし、LINE・Skypeなどの普段使っているコミュニケーションツールでもじつは簡単にオンライン飲み会はできます。

基本となるやり方を理解すれば、今日すぐにでもオンライン飲み会は開催可能です。

インターネット環境があれば離れた人と飲み会ができる

オンライン飲み会のよいところは、インターネット環境とデバイスがあれば離れた人と飲み会ができること。

都市部にいても郊外にいても、どこでも飲み会ができます。

コロナウイルスの感染拡大防止のために、自宅にいる必要がある際でもオンライン飲み会なら開催が可能です。

自宅にいながら離れた友だちや恋人などと一緒にお酒を飲めるのは楽しいですよね。

また、オンライン飲み会を行うことで、不安な気持ちを和らげてリラックスする効果も期待できるでしょう。

オンライン飲み会は家でできるので、食費や飲み代が抑えられるというコスパの高さも魅力です。

自分の好きなスタイルで楽しめる

オンライン飲み会は自宅で開催できるので、おつまみもお酒も自由。自分の好きなスタイルで楽しめます。

居酒屋などで飲み会をする時は、おつまみを頼む時はまわりの好みを考える必要があります。

また、お酒がなくなっている人がいたら「なにか飲みますか?」などと気を使う場面もあるでしょう。

オンライン飲み会では、まわりの人にそのような気を使う必要がありません。みんな、各々がお酒やおつまみを用意して参加するのでとても気楽です。

バーチャル背景やエフェクトを使うと盛り上がる

バーチャル背景やカメラのエフェクトを使うと、いつもとは違う雰囲気に。面白いバーチャル背景などを使うと、オンライン飲み会が盛り上がります。

バーチャル背景はビデオ通話で好きな画像や動画を背景に設定できる機能です。

化粧・ゾンビ・宇宙人といったカメラのエフェクトは、Snap Cameraなどを利用すると使えます。

バーチャル背景は、自分でもアップロードできるので選べる種類がとても豊富です。

エヴァンゲリオンやジブリなど、コロナウイルス対策によるWeb会議需要の増加に対して、無料で壁紙を提供している会社も増えています。

アニメ・映画・マンガなどの背景で飲み会をすると、登場人物の気持ちになりきって楽しむことができます。

オンライン飲み会の基本的なやり方

初めてオンライン飲み会を開催する人向けに、基本的なやり方を解説します。

おつまみ・お酒を用意する

まずは飲み会の基本といえるおつまみ・お酒を用意しましょう。

スーパーやコンビニで買うのはもちろんOK。

自宅から出ずに完結させる場合には、Amazon・ネットスーパー・カクヤスなどからネット注文という方法もあります。

せっかく自宅で飲み会ができるのですから、おつまみは自分で作りたいところ。

しかし「料理に自信がない」「キッチンが狭い」「そもそも面倒くさい」という場合には、デリバリーサービスを利用しましょう。

デリバリーサービスを利用してみよう

中食の需要の拡大とともに、増加しているデリバリーサービス。オンライン飲み会をやるというタイミングで、話題を集めているデリバリーサービスを使ってみるのも楽しいでしょう。

以下におもなデリバリーサービスをまとめました。

オンライン飲み会におすすめのおつまみ

オンライン飲み会におすすめの簡単に作れるおつまみを紹介します。

  • しいたけの明太子チーズ
  • 枝豆ガーリック
  • 揚げないちくわの磯辺焼き

作り方は「オンライン飲み会でおすすめの絶品おつまみ!簡単レシピ付き!【3選】 | syufufu伝言板」をご覧ください。

以下のような料理もおつまみにぴったり。

  • ブロッコリーの丸ごと蒸し
  • ピーマンとしらすのナムル
  • カニカマモッツァレラ 和風仕立て

作り方は「オンライン飲み会のお供に!パパっと作れる楽ウマおつまみレシピでカンパイ | おうちごはん」 をご覧ください。

私がオンライン飲み会をする時は、

  • レンジで温める簡単湯豆腐
  • 生のピーマンをニンニク味噌で食べる味噌ピーマン
  • 堅揚げポテトチップスの黒胡椒炒め

などを作っています。ビール・ワイン・日本酒など、飲むお酒に合いそうなおつまみを用意してみてください。

ビデオ通話ツールを用意する

おつまみ・お酒が用意できたらビデオ通話が可能なツールを用意しましょう。これはオンライン飲み会に必須のツールとなります。

ビデオ通話が可能なおもな無料ツールは以下の通りです。

オンライン飲み会を行う時は、参加者みんなが同じツールを用意しておく必要があります。

LINEは普段使っている人も多いと思うので、一番始めやすいでしょう。

定番のWebミーティングツールであるZoomについては「Web会議アプリ「Zoom」の使い方をわかりやすく解説 「化粧なし」やバーチャル背景も」で使い方をわかりやすく解説しています。

決めた日時にみんなでアクセス

オンライン飲み会を行う日時を決めて、その時間になったらツールを使ってアクセス。

全員が揃ったらオンライン飲み会がスタートです。

思った以上に簡単にできますし 、ビデオ通話の品質が高いものを使うと、ほぼ会っているのと変わらない感覚で会話が楽しめます。

誘う人がいない場合には

オンライン飲み会の準備はできたけど、誘う人がいない場合もあるでしょう。

しかし、開催を諦める必要はありません。解決策はあります。

まずは、TwitterなどのSNSでつながりのあるネット友だちとオンライン飲み会をやる方法。

ネット上の友だちとリアルにつながるチャンスです。

もう1つはオンライン居酒屋「ゆんたく」というサービスを利用する方法。このサービスには、出会いを求める人が集まる相席プランがあります。

このように、テクノロジーを駆使してオンライン飲み会ができる人を見つけましょう。

参考サイト:オンライン居酒屋『ゆんたく』

期間限定で受講料が60,000円お得!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職9/16~22限定で60,000円お得!
◎受講生の3人に1人がオンライン受講。満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

オンライン飲み会の注意点

実際にオンライン飲み会をやってみて、私が感じた注意点について解説します。

イヤホンがないと聞き取りづらい

参加者が増えた場合、イヤホンがないと会話が聞き取りづらいです。

マイクがついているヘッドセットを用意すると、自分の声もクリアになって相手が聞き取りやすくなるので一石二鳥です。

電波が悪いと途切れる

当たり前ですが、電波が悪いと途切れてストレスが溜まります。

快適なオンライン飲み会ができなくなってしまうので、ある程度速度が出るインターネット回線を用意することをおすすめします。

データ通信量は大きめ

オンライン飲み会は、ビデオ通話で行うので通信量が通話の時よりも大きくなります。

固定回線の場合は問題ありませんが、モバイルWi-FIやスマホの通信で行う場合は制限がかからないように注意が必要です。

LINEモバイルによると、1時間のビデオ通話の目安の通信量っは307MBとあります。

ツールによって通信量は変わりますが、制限が気になる場合にはこの数字を参考にするとよいでしょう。

ツールによって音声や映像のよさが違う

ツールによって音声や映像の品質が違います。つまり、オンライン飲み会はツールによって快適さが変わるということ。色々と試してみて、合うツールを探すとよいでしょう。

通話の品質、映像のきれいさ、遅延の少なさなどを考えると、私はZoomが一番使いやすいと感じました。

オンライン飲み会には、使いやすくてエフェクトが面白いLINEがおすすめです。

また、ツールだけではなく、デバイスのカメラやマイクの性能にも左右されます。慣れてきたら、より快適になる工夫をするのも楽しいです。

オンライン飲み会をやりたくない人もいる

気軽に自宅から参加できるオンライン飲み会ですが、じつはやりたくないと感じている人もいることを覚えておきましょう。

オンライン飲み会が楽しい人からすると「ちょっとくらい参加してくれてもいいのに」と思うかもしれません。

しかし、参加すること自体がつらいと感じる場合もあるのです。

それどころか、オンライン飲み会は時間や場所が自由な分、どうやって断わるべきか悩んでしまうことも。

自分がオンライン飲み会を開催する時は、参加したくない人の気持ちも尊重しましょう。

飲み過ぎに注意!

飲み過ぎに注意してください。これは本当に言いたいです。

自宅でオンライン飲み会を行うと、リラックスしてつい飲みすぎてしまいがちです。

ビデオ通話ができるツールには、ログが残せるものもあります。自分が酔っ払っている姿を残されると恥ずかしいですよね…。

基本のやり方を押さえてオンライン飲み会を楽しもう

ツールさえ用意すれば、オンライン飲み会は簡単にできます。

また、オンライン飲み会を行わなくてもビデオ通話で顔を見ながら話すと、気分転換になって楽しいです。

自宅で過ごす時間に悩んだ場合には、ぜひ友だちに声を掛けてオンライン飲み会などのビデオ通話を行ってみてください。

読むだけでIT転職で有利になる!限定資料を無料で公開中

テックキャンプ エンジニア転職では、未経験からIT業界に挑戦するために押さえるべき6つのポイントをまとめています。

以下のような疑問はありませんか。資料で詳しく解説します。

・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・いきなりフリーランスで自由に働くことはできる?
・IT業界転職における35歳限界説は本当なの?

読むだけで転職が有利になる限定資料をダウンロードしてみてください。

資料を無料でみる

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。