自由に働きたい人必見!フリーランス超入門

内々定と内定の違いは?就活生なら知っておきたい基本知識

作成: 2019.07.21 更新: 2019.07.19

 

>> 世帯年収300万以下限定!
転職成功まで受講料発生なし

「第一志望の会社から内定をもらった」
「内々定の連絡は◯月中旬に来るらしい」

就職活動中は、このようなフレーズを聞くことが多いでしょう。

しかしそもそも「内定」と「内々定」の意味の違いは何なのでしょうか。

「今さら人に聞くのは恥ずかしい……」と悩んでいるあなたに向けて、この記事では「内定」「内々定」について解説します。

内々定の意味


「内々定」は、「内定」とどう異なるのでしょうか。

ここでは2つのポイントで解説します。

内定との違い

内定と内々定との違いのポイントは以下の通りです。

内定:労働契約を結んだ状態

内々定:採用予定通知を受け取った状態(労働契約は未締結)

内定・内々定いずれも、企業側が「あなたを採用したい」という意思を示すものに変わりはありません。

一方、内定はそれが書面で正式に交わされるのに対し、内々定は「◯月に内定を出すよ」という、いわゆる口約束のようなものです。

そのため「内々定」は書面ではなく、電話などの口頭や、メールで連絡を受けるのが一般的です。

企業が「内定」を出す流れは、基本的に以下の通りです。

・学生が企業から「内定通知書」を受け取る
・学生が企業に「内定承諾書」(または「内定誓約書」「入社承諾書」)を提出する

内定の場合はこのような書面によって、学生と企業側との間で労働契約が交わされた状態になります。

内々定と内定の法的な違い

前述したように、「内定」と「内々定」との大きな違いは、「労働契約が締結されているかどうか」です。

労働契約が締結された「内定」では、法的拘束力が発生します。

例えば企業側としては、労働契約が締結された後に内定取り消しを行うのは、「解雇」と同じ扱いになります。

この場合、「内定後に経営状態が悪化し、内定取り消しが止むを得ない」「内定者が大学を卒業できなかった」といった正当な理由がないと、内定取り消しはできません。

一方で「内々定」は、労働契約未締結の状態。基本的に企業も学生も自由に取り消しができます。

とはいえ、特に企業側としては、急な内々定取り消しは信用に関わります。社会的イメージの悪化につながるため、そう簡単に内々定を取り消す企業はないと考えていいでしょう。

学生側としても、「内々定だから」と言って辞退の連絡を先延ばしにするのではなく、マナーに則って対応することが大切です。

内々定が取り消されるケースや辞退する際のマナーについては、後ほど詳しく解説します。

なぜ内々定を企業は出すのか?


前述した通り、「内々定」は「○月に内定を出すよ」という口約束のようなものです。

「では初めから内定を出せば良いのでは」と感じる人もいるでしょう。

ここからは「企業がなぜ内々定を出すのか」を解説します。

経団連の指針を守るため

一般的に、企業が「内々定」を出すのは学生が卒業・修了する年度の6月1日以降、そして「内定」を出すのは同年度の10月1日以降です。

このようなタイミングになっているのは、経団連の「採用選考に関する指針」に基づいているためです。

参照:採用選考に関する指針|経団連

「採用選考に関する指針」には、以下のような記述があります。

1.公平・公正な採用の徹底
公平・公正で透明な採用の徹底に努め、男女雇用機会均等法、雇用対策法及び若者雇用促進法に沿った採用選考活動を行い、学生の自由な就職活動を妨げる行為(正式内定日前の誓約書要求など)は一切しない。また、大学所在地による不利が生じないよう留意する。

 

3.採用選考活動開始時期
学生が本分である学業に専念する十分な時間を確保するため、採用選考活動については、以下で示す開始時期より早期に行うことは厳に慎む。
広報活動 : 卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降
選考活動 : 卒業・修了年度の6月1日以降
なお、活動にあたっては、学生の事情に配慮して行うように努める。

 

4.採用内定日の遵守
正式な内定日は、卒業・修了年度の10月1日以降とする。

つまり企業はこの経団連の指針に則り、「公平・公正で透明な採用」のため、広報活動・選考活動の開始時期や、正式な内定日を出すタイミングの一律化に努めているわけです。

実際にリクナビが行なったアンケートによると、学生が内々定をもらうタイミングがもっとも多かったのは、「卒業年度の6月」でした。

この記事のハッシュタグ

内々定、内定に関するさらなる疑問を解消

ここまでに説明した内容を読むことで、内々定と内定の違いがイメージできたと思います。

それに併せて、内々定、内定に関する他の疑問も解消してしまいましょう。

以下の記事では「内定を辞退するときのマナー」や「内々定の連絡がこない場合の対処法」などの疑問に対する答えを解説しています。

「内々定」「内定」の疑問を解決!辞退する時のマナーや取り消しになった場合の対処法

一度挫折したプログラミング、TECH::EXPERTならやりきれます

プログラミングを独学で学ぶことに限界を感じていませんか?

効率よくプログラミングを学ぶなら、プロのメンター(講師)のもとでしっかりと教わることがおすすめです。TECH::EXPERTではすぐにメンターに質問できるから「わからない」を「わかる」に変えられてプロとして通用する技術が身につきます。

同じくプログラミングを学ぶ同期がいるのも挫折しないポイントです。

無理な勧誘は一切ありません。まずはお気軽に無料カウンセリングでご相談ください。

無料カウンセリングの日程を見る

この記事を書いた人

Avatar
Kimura Mayumi
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。TECH::NOTEではITの最先端を学びつつ記事を書いています。