プログラミングを仕事にして「収入をあげる」方法とは

プロジェクトマネジメントとは?代表的な手法やPMに必要なスキルも紹介

作成: 2019.07.23 更新: 2019.08.13

>>エンジニア養成プログラムNo.1
未経験からのITエンジニア転職ならテックエキスパート

本記事では、プロジェクトマネジメントとは一体どういったものなのかを解説。また、代表的な手法や、プロジェクトマネジメントを行ううえで必要なスキルを紹介します。

プロジェクトマネジメントとは

プロジェクトマネジメントとは一体どういったものでしょうか?
プロジェクトマネジメントというのは、どのようにプロジェクトを遂行していくべきかの計画を立てて、目的達成のためにコントロールすることです。

具体的には以下のようなことをします。

・計画の立案
・予算の算出
・人員リソースの確保
・計画書の作成
・メンバーへタスクを割り振り
・進捗を管理
・問題点の洗い出し
・成果物の納品

また、このような業務を実行する役割の人を、「プロジェクトマネージャー」と呼びます。

仕事上で関わる人達

プロジェクトマネジメントを行うにあたり、関わってくるおもな人達として、以下が挙げられます。

・顧客・ITコンサルタント
・チームメンバー
・各プロジェクトリーダー
・各アプリケーション担当者
・専門家
・パートナー企業の開発責任者

など、プロジェクトの内容や規模の大きさによっては、関わらない人も出てくるでしょう。

代表的なプロジェクトマネジメントの手法

プロジェクトマネジメントを成功させるために知っておきたいポイントなどはありますか?
はい、プロジェクトマネジメントの手法を知っておくことがプロジェクトの成功につながるでしょう。
プロジェクトマネジメントの手法は多数存在しますが、種類や規模、特徴に応じて選択しなければなりません。そのため、すべてを取り入れればよいという訳ではないのです。

ここでは、その中でも代表的な「3つの手法」について紹介します。

CCPM

CCPM(クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント)は、プロジェクトにおける各タスクの予算やスケジュールを最低限に抑えて設定。

その代わり、プロジェクト全体でみた時の予算やスケジュールには余裕を持たせておきます。

そうすることにより、各タスクで予算や時間が足りなかった際、余裕を持たせておいた貯金分から捻出できるので、結果的にプロジェクトの延期や予算オーバーがなくなります。

それぞれのタスクに余裕を持たせて設定してしまうと、ギリギリまで予算や時間を使えると考えてしまうので、間延びしてしまうのです。

そのような事態を防ぐために、CCPMは有効な手法なのです。

WBS

プロジェクトの管理に使われるツールであり、作業内容を細かく分解し構造化して、やるべきことや流れを洗い出すのに役立つ管理手法。

進捗管理や工数の見積もり、スコープの明確化など、プロジェクト成功のカギを握っているといっても過言ではありません。

アジャイル

短期間にプロジェクトを区切り、一連の工程を何度も繰り返すことによって完成度を高めていく開発手法。

プロジェクトを区切って管理することを「イテレーション」と呼び、イテレーションごとに達成目標を明確化して計画や作業分担をします。

途中で仕様変更があったとしても柔軟に対応できるといったメリットがあり、比較的短期間のプロジェクトに向いている手法です。

プロジェクトマネジメントの例を紹介

上記のプロジェクトマネジメントの手法を用いて実際にマネジメントを行うと、どういった結果が得られるのでしょうか。
とあるソフトウェア開発会社は、CCPMを導入したことにより、プロジェクトメンバー個々人のリソース状況やマルチタスクが把握できるようになりました。リソースの負担が大きいメンバーやプロジェクトの遅延が明確化したことで、それに対するさまざまな対策が打てるようになったのです。
CCPMの導入によってプロジェクト全体の見通しがよくなったのですね。
他にも、小規模のアプリケーション開発会社の事例を挙げると、アジャイル手法による開発を取り入れたことで、チーム内のコンセプトやクオリティチェックを頻繁に行うことができ、開発がスムーズになったという成功例もあります。

プロジェクトの内容や規模の大きさで、どういった手法を取るのかよく考えることが、プロジェクト成功へのカギとなるのです。

IT転職が有利になる方法とは?

TECH::EXPERT(テックエキスパート)では、
未経験からIT業界に挑戦するポイントをまとめた資料を公開しています。

以下のような疑問はありませんか。詳しく解説します。

「未経験OKの求人へ応募するのは危ない?」
「いきなりフリーランスで自由に働くことはできる?」

読むだけで転職が有利になる限定資料をダウンロードしてみてください。

プロジェクトマネジメントに必要な能力

以下では、プロジェクトマネジメントに必要な能力を紹介します。

・リーダーシップ
・マネジメント能力
・コミュニケーション能力
・交渉力
・計画力
・情報収集能力
・管理能力
・問題解決能力
・危機管理能力

など、プロジェクトマネジメントを行うには、このような能力が重要となってきます。すべてを高い水準でこなせれば、プロジェクトが成功する可能性は高いでしょう。


この記事は未経験はじめてのプロジェクトマネジメントについて説明している12ステップ記事のひとつです。

次のstep2の記事は、以下からご覧下さい。

一度挫折したプログラミング、TECH::EXPERT(テック エキスパート)ならやりきれます

プログラミングを独学で学ぶことに限界を感じていませんか?

 

効率よくプログラミングを学ぶなら、プロのメンター(講師)のもとでしっかりと教わることがおすすめ。TECH::EXPERT(テック エキスパート)ではすぐにメンターに質問できるから「わからない」を「わかる」に変えられて、プロとして通用する技術が身につきます。

 

同じくプログラミングを学ぶ同期がいるのも挫折しないポイントです。

 

TECH::EXPERT(テック エキスパート)強みやミッション、実績をまとめたサービス資料をぜひみてください。

サービス資料をみる

この記事を書いた人

山岸
お笑い芸人兼作家として主にネタを書いたり脚本を書いたりしていました。 その後、ITベンチャー企業でWebメディアのコンテンツ作りやマーケティング、記事の執筆・校正などを経験し現在に至る。 好きなものは美味しいお酒と邦楽ロックです。