テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

高収入を実現する単価交渉のやり方は?現役フリーランスに聞いてみた

更新: 2021.08.13

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

「フリーランスとしてもっと高収入がほしい」
「単価アップの交渉はどのように行えばよいのだろう…」

この記事では、駆け出しのフリーランスが気になる単価交渉の方法と、高収入を実現する方法について解説します。

案件の単価を上げるコツを現役フリーランスに聞いてみた

フリーランスとして仕事は請けているけれど、なかなか単価が上がらない…
ずばり、案件の単価を上げるコツは「強気さ」と「明確な価格の提示」です。

以下にフリーランスが語る案件の単価アップのポイントを記載します。

・自分の技術や成果物が「離れられないもの」だと思わせて交渉をする
・交渉で価格の折り合いがつかなければ、本当に別の仕事を請ける
・必要な作業とそれに対する価格をクライアントとすり合わせる

クライアントとの信頼関係を構築することが先決。その上で、単価の折り合いがつかなければ、現状維持ではなく仕事を請けるのをやめます。

そして、単価のよい別の案件を請けましょう。強気でいくことが単価交渉のコツです。

また、ざっくりと「Webサイト制作」と請けるのではなく、必要な作業と工数を洗い出して単価を明確にします。それにより、あなたとクライアントが納得できる単価で契約が結べるでしょう。

「単価を下げてほしい」という相談も時間給アップのチャンスに

交渉は単価を上げる場合だけはありません。クライアントから「単価を下げてほしい」と相談されることもあります。

作業とそれに対する価格を明確にしておくと、工数を減らすなどの条件をすぐに提示できるでしょう。

適切な交渉が行えれば、案件の単価は下がったとしても、時間給で見ればアップさせることが可能です。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。 3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説! 資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

フリーランスにとって人脈は案件に直結する

正直、はじめから単価の高い案件を受注したい。どうすれば、そのような案件が見つけられるのだろう?
高単価の案件を受注するには人脈づくりが重要です。フリーランスにとっての人脈は、案件の獲得に直結します。

人脈を広げる方法として、現役フリーランスは以下の方法をおすすめしています。

・実績を見たクライアントから連絡を受ける
・フリーランス向けのイベントに参加する
・技術系のイベントに参加する

クラウドソーシングサービスで仕事を請けると、実績が表示されるようになります。その実績を見て、今までよりも高い単価の案件を依頼されることもあるのです。

フリーランス向けやあなたの仕事と関連する技術系のイベントに参加すれば、知り合いが増えていきます。その方からさらに人を紹介されて、仕事の獲得につながることも十分に考えられるでしょう。

フリーランスとして活躍する出口友梨さんと熊谷直彦さんが語る案件獲得や単価交渉のコツの詳細については、以下の記事をご覧ください。

フリーランスを目指す方必見!現役フリーランスが語るリアル 初期の仕事の取り方、月収、ヤバい案件から逃れる方法

フリーランスが月収50万円以上を目指すには

フリーランスとして月収50万円以上を目指したいけれど、本当にできるのだろうか?
適切な職種を選び、スキルを身に付けることで、月収50万円以上を実現できます。

月収50万円以上を目指すためのポイントは以下の3つです。

・「プログラミング」「Webデザイン」など、高収入が狙える仕事を請ける
・作業の効率化を行い、時間給をアップする
・実績を提示して価格交渉を行う

価格交渉を行う際は、実績やポートフォリオなどの明確な根拠を提示することがポイント。しっかりとアピールするために営業力を身に付けることをおすすめします。


この記事は自由に働くためのフリーランス超入門について説明している12ステップ記事のひとつです。

前のstep9の記事は、以下からご覧下さい。

次のstep11の記事は、以下からご覧下さい。

この記事もオススメ

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement