プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

【2019年5月第5週】最低限知っておきたいIT関連ニュースまとめ

作成: 2019.05.27

 

>> 世帯年収300万以下限定!
転職成功まで受講料発生なし

「最新の情報やニュースはおさえておきたいけど、忙しくてニュース番組やニュースサイトをチェックするひまがない…」という方も多いのではないでしょうか?

最新のニュースから、最低限知っておきたいものをいくつかピックアップしてみました。時間がない人でもさらっと読めるよう、コンパクトにまとめてあるので、最新ニュースのキャッチアップに活用してください。

2019年の「Fortune 500」発表!IT系企業ではAppleがトップを維持

アメリカのFortune誌は5月15日に、企業番付 「Fortune 500」 の2019年度版を発表。IT系企業では、Appleがトップとなっています。

photo from Fortune 500

「Fortune 500」はFortune誌が総収入をもとにアメリカ国内の企業をランキングしたもので、年1回発表されています。

ランキングトップはスーパーマーケットチェーン最大手の「Walmart(ウォールマート)」で、2位は、エネルギー系大手の「Exxon Mobil(エクソンモービル)」。

Appleが3位でIT系企業ではトップとなっており、Amazonは5位にランクインしています。

LINEが新機能の「ストーリー機能」を追加

LINEが公式ブログで、LINEアプリに新機能の「ストーリー機能」が追加されたことを発表しました。

photo from LINE

「ストーリー機能」を使うと、動画や写真、テキストを使って、自身の日常を発信することができます。写真・動画共有のInstagramと似たようなものだとイメージできますね。

投稿するには、タイムラインの画面左上に表示されるカメラマークをタップし、投稿したい写真や動画を撮影するか選択し送信するだけです。ストーリーは、24時間で自動的に削除されます。

文科省が「情報I」の教員研修用教材を公開

文部科学省は、2022年度から高校の必修科目となる「情報I」の教員研修用教材を公開しました。

photo from 教員研修用教材を公開

高等学校教員の研修用教材の内容は、プログラミングや通信ネットワーク、データ活用など広範囲に及んでいます。

メディアの特性やモラルに関することなど情報についての基本的な知識だけでなく、情報を発信する側に立った、「コンテンツ作成」や「情報デザイン」などの項目もあります。

TECH::EXPERT 東京・名古屋・大阪・福岡

プログラミング未経験からWebエンジニアとして転職成功まで導くスクール TECH::EXPERT は、挫折しない環境を提供いたします。すべて駅から通いやすい便利な場所。いつでも質問できるメンター(講師)、一緒に頑張る同期がいるから頑張れる。そんな教室を是非見にきてください!

みん就が就活生に人気のIT業界就職先ランキングを発表

楽天が運営する、就活生に人気のクチコミ就職情報サイト「楽天みん就」が、「IT業界新卒就職人気企業ランキング」を発表しました。

photo from IT業界新卒就職人気企業ランキング

「IT業界 新卒就職人気企業ランキング」は、「みん就」に登録している2020年卒業予定の学生を対象に調査したものです。

photo from IT業界新卒就職人気企業ランキング

1位は通信大手の「NTTデータ」で、2位が「楽天」、3位は富士通。「LINE」が9位にランクインし、初のトップテン入りとなりました。

SONYとMicrosoftがゲームやAI事業での提携を発表

SONYとMicrosoftが、クラウドベースのゲームやAIソリューションの開発において戦略的提携の合意に至ったことを発表しました。

photo from SONY

両社は、Microsoft Azureを活用して、ゲームやコンテンツのストリーミングサービスに関するクラウドソリューションを共同開発することを検討。

さらに半導体やAI分野での協業も検討しており、半導体においては、「新しいインテリジェントイメージセンサーの共同開発の可能性を探っていく」とのこと。

未経験からエンジニア・Webデザイナーを目指すならTECH::EXPERT(テック エキスパート)

TECH::EXPERT(テック エキスパート)は未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。

転職成功率は98.5%(2019年1月時点)。確実に使えるスキルを身につけるための教育と、徹底した就職サポートであなたの転職を叶えます。

無理な勧誘は一切ありません。まずは無料キャリア相談(カウンセリング)にぜひお越しください。

無料キャリア相談の日程を見る

この記事を書いた人

Kyoko Kajiwara
Kyoko Kajiwara
フリーランスで、Webコンテンツの企画・編集・ライティングをしています。ビジネス・キャリア分野が専門。