助成金活用で費用面の不を打破!Webディレクターが社長を説得してまでプログラミングを学ぶわけとは

厚生労働省が実施するキャリア形成促進助成金を活用し、3ヶ月に渡るプログラミング研修を導入した株式会社フラップにて経営企画室室長を務める松本章紀さんにお話を伺いました。助成金申請の手続きや通常業務と並行しての研修をどのように進められたのでしょうか。

プロフィール 松本章紀さん(写真)

株式会社フラップ 経営企画室 室長
大学卒業後、職を転々とし前職ではソリューション関連部署にて、ディレクション案件を担当。その後現社長に誘われ、経営企画担当としてフラップに入社。財務、法務、総務、Webディレクション、社長のサンドバック役と様々な業務に携わる一方、経営企画とは何かと自問する日々を送っている。

Webディレクターにプログラミングはすでに欠かせないスキル

— なにをされている会社ですか?

Webディレクションに特化した会社で、クライアントさんから依頼されたものを企画設計し、必要があれば、外部のエンジニアやデザイナーとも協力して実現するということをメイン業務としています。扱う分野は特に決まっていないです。普段は社長の右腕的ポジションをやりつつ、Webディレクションや総務の仕事も同時に行なっています。

— プログラミング研修を受けるというのは会社の方針だったのでしょうか?

いえ、最初は私が学びたいと言い出したんです。ディレクターとして働いていると必然的にエンジニアやクライアントと話をする機会が多くなります。クライアントに「こういうサービスを作りたい」と提案された際に、そのサービスを作るのにどのくらいの工数がかかって、費用はどのくらいが妥当なのかが、技術を理解できていないのでわかりませんでした。ただエンジニアとクライアントの仲介をするだけになってしまい、ディレクターとして一段上のレベルにいくために、技術を学ぶなら今だと思いました。

— 実際にプログラミングを学んでみて、その後の業務に活かせたことはありましたか?

はい、ありました。企画を考えたり、見積もりを出す際に、これまではエンジニアに任せていたDB設計やこの機能を追加するとこれくらいの手間がかかるというのが意識できるようになりました。社長からもエンジニア的な発想ができるようになったと言われましたね。

助成金を活用することで社長を説得!手間のかかる手続きも社労士に依頼

IMG_9527

— 研修を受けようと思った時に、社長はどういう反応でしたか?

費用と時間が大きな問題になっていました。TECH::CAMP研修のページを見ていると、助成金を使うことで自己負担額を大きく抑えられることを知り、費用面は解決できました。時間については業務の時間は絶対に減らさないと約束した上で社長と合意し、研修を受けられることになりました。

— Webサイトで初めて助成金の存在を知ったんですね。助成金は申請から支給まで手続きがたくさんありますが、その辺りはやはり大変でしたか?

他の補助金を活用したこともあったので、書類などで手間がかかることはわかっていました。ただ、TECH::CAMPの場合は社労士(社会保険労務士の略)さんをご紹介頂けるので、ご紹介頂いた社労士さんに手続き周りは全て任せていました。自分たちが用意しなければならない書類も社労士さんから「これを用意してください」と指示があるので余計な時間を割かず、スムーズに手続きを終えることができました。

— 助成金の活用は規模が中小企業にとっては有効な手段ですね。

助成金が活用できなければ費用面が解決できず、無料サービスや書籍での自己学習、そもそもこのタイミングでは学習しないといった選択肢になっていたかもしれません。手間を感じることなく助成金手続きを進められたのは、研修担当者さんや社労士さんがこまめにフォローしてくれたことが大きかったです。

基本的なプログラミングスキルがあってこそ、専門スキルが活きてくる

IMG_9595

— カリキュラムや教室利用についてはいかがでしたか?

カリキュラムは要点ごとにチェックを入れていく進め方がとてもやりやすかったです。自分が今どれくらい終えられているかを一目で判断できるため、モチベーションの維持にもつながりました。また、いつでも教室利用ができることは魅力的で、実際に教室で学習してみると周りにはプログラミングを学習されている方が大勢います。彼らの熱量を感じることができるだけで、教室に通う価値があると感じました。

— 最後に、ディレクターとプログラミングとの関係性は将来どのように変化していくと思いますか?

2020年からプログラミングが小学校から義務教育化されて、エンジニア的な考え方が当たり前の世の中になっていくのではないかと感じています。プログラミングの基本スキルはどんどんスタンダードなスキルになっていき、プログラミングスキルを身につけた上で、企画だったり、より深いエンジニアリングスキルといった専門的なスキルを上乗せしていく形になっていくと思います。

— 貴重なお話ありがとうございました!

徹底的に成果にこだわったプログラミング研修

人材最大手、総合商社といった一部上場企業からベンチャーまで、TECH::CAMP研修は様々な企業様から成果の出る研修として選ばれています。

TECH::CAMPプログラミング研修

  • 研修を設計したものの受講生のモチベーションがあがらず成果につながらない
  • 最終的な成果が見えづらく社内で研修の意義を説明できない
  • スケジュールや実施方法など柔軟に設計したいものの、研修会社の都合で画一的な研修しか実施できない

このような課題はありませんか?『TECH::CAMP研修』では、週次でのモチベーション面談やキックオフの実施などで受講生を徹底サポート。また、週次レポートやオンライン管理画面といった研修担当者向けのサポートも充実。成果にこだわり抜いたTECH::CAMP研修の詳細をぜひご確認ください。

資料請求はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー