プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決!

【CEO対談】TECH::CAMPとProgate学ぶならどっちがいいの?

作成: 2018.08.16 更新: 2018.10.18

>>副業・フリーランスという働き方
個人で稼げるスキルを!独立まで完全サポート

TECH::CAMP(テックキャンプ)、TECH::EXPERT(テックエキスパート)を運営する株式会社div 代表取締役 真子 就有(まこ ゆきなり)が、テクノロジー時代のキーパーソンに話を聞く連載、TECH::LEADERS(テックリーダーズ)。

今回の対談ゲストは、株式会社Progate CEOの加藤 將倫(かとう まさのり)さんです。

株式会社Progateは、世界中で使用されているオンラインプログラミング学習サービス「Progate」を展開する注目スタートアップ企業です。プログラミングに興味がある方は「TECH::CAMPとProgate学ぶならどっちがいいの?」と思ったことがあるかもしれません。

プログラミング教育分野でサービスを展開する両者は、しばしば「競合関係」と見なされがちです。

ですが、CEO同士は実はそう思っていないのです。

TECH::CAMPとProgateのCEO対談をお届けします!

同年にスタートしたTECH::CAMPとProgate お互いへの印象

真子TECH::CAMP(テックキャンプ)とProgate(プロゲート)はほぼ同じ時期に始まったサービスですよね。

TECH::CAMPは2014年10月に「人生を変える1ヶ月」というコピーでスタートしました。その直前の夏に、Progateがリリースされて。僕がサービス開始の準備をしている時に、Progateが世に出たのを覚えてます。

加藤さんは、TECH::CAMPにどんなイメージを持ってましたか?

加藤さん(以下敬称略)短期集中のスパルタ形式というイメージが強かったですね。学習の目的意識が強い人が集まる場所ととらえてました。

Progateは「プログラミングの楽しさを知ってもらい、もっと創れるようになりたいと思ってくれたら、自走できるところまで導いてあげる」という立場で、もっとターゲットが初心者寄りです。

だからTECH::CAMPとProgateが競合関係にあるとは、最初からあまり思っていなかったです。

真子僕は当初のProgateに「東大生が作ったカチッとしたサービス」という印象を持ってました。

今のProgateは日に日に可愛いデザインに変わっていってますよね。いまの初心者にとって、Progateは1番取っつきやすいプログラミング学習サービスだと思います。

いま、Progateのユーザー数はどれくらいですか?

 

ECH::CAMPとProgate SEO対談画像出典:Progate

加藤累計で45万人です。内訳は国内40万人、海外が5万人ですね。

真子海外ユーザーが着実に増えているんですね。4期目のいま、改めてProgateの歩みを振り返ってみていかがですか。想定通りいったことと、そうでないことがあると思うのですが。

加藤全てが想定外ですよ(笑)

もともと僕は、全然プログラミングができない人間で、創れるようになるまでにいろいろと苦労しました。なのでProgateは、はじめてプログラミングを学ぶ人の体験をもうちょっと良くしたいなと思って、小さなプロジェクトとして始めたものなんですよ。

だから最初のうちは、ユーザーとしてイメージしていたのは少し前の自分とか、周りの友人とか。すごく狭い範囲のことしか考えてなかったです。

でも、ある投資家の方にサービスを見せてみると「このサービスは絶対、もっともっと広めたほうがいいよ」と言ってもらえて。それで、より本格的にサービス開発に取り組むようになりました。なので、そもそもはじめはここまで使ってもらえるサービスになると思ってなかったです。

プログラミング学習だけに多額のお金を払う人は少ない TECH::CAMPがテクノロジースクールになったワケ

加藤:TECH::CAMPの受講生は今、どんな方が多いですか?

真子:実は最近、TECH::CAMPの受講生の層が変わってきたんですよ。

加藤:というと?

真子最初TECH::CAMPはマンションの1室でスタートしました。広告はFacebookが主で、とにかく本気で学ぶ人のためのカリキュラムだとスパルタ色を強く打ち出して。そしたら、1ヶ月10万円のコースにいきなり50人集まったんですよ。

ECH::CAMPとProgate SEO対談TECH::CAMP初期のサイト

加藤それはすごいですね。当時からTECH::CAMPは、広告やPRがとてもうまいなと思っていました。

真子ありがとうございます。マンションの1室に50人は入らないので、半分以下の20人まで選考で減らしたんです。その時は直接、僕がSkype面接で「やるなら最高の環境を提供するけど、本気でやる気はある?」とわざと厳しく問い詰めて。当時はスパルタだったので(笑)。

それでも残った人を対象にしました。

そうして最初は20人。次は50人。その次は90人とどんどん受講生が増えていきました。

加藤伸び方が半端じゃないですね。

真子:最初の1年はその伸び率が続きました。ただ、2年目で伸び止まって成長が鈍化してしまった時期があります。現在はコンセプトを変えて、毎月伸び率を更新しているのですが。

この時期は非常に悩みました。

ここで得られた気づきは「プログラミングを高額な費用を払ってでも学びたいという人は、その時点でもう情報感度が非常に高い人」だということです。そしてそういった人は私達が思っていた以上に多くないことが分かりました。

僕は「プログラミングはお金を払ってでも学ぶべきもの」だと確信してます。独学はとにかく挫折率が高いので。ただ事業を実際にやってみて感じたことは、高額を払ってまでプログラミングを学ぼうと考える人はそこまで多くない、と。

加藤:なるほど。

真子エンジニアを目指しているわけでもない人にとってプログラミングを学ぶ価値は感じにくい。「どうしてもWebサービスをつくりたい」という目的がハッキリした人ならいいのですが、世の中の多くの人はそうではありません。漠然と興味がある程度の人がプログラミングを以前のTECH::CAMPのように1ヶ月間スパルタで学ぶことに魅力を感じるかというと…難しいんですよね。

加藤:たしかにそれは難しそうですね。

真子多くの方が考えることって「プログラミングをやりたい」ではなくて「もっと活躍できる人材になりたい」ということだと思っています。根本のニーズは「成長」「キャリアアップ」。その手段として、プログラミングは「ひょっとしたらいい”かも?”」と思っているという感じかと。

だから、これからのTECH::CAMPは「さあ、プログラミングを学んでエンジニアになってサービス作りましょう!」と呼びかけるのではなく、こまめに1on1や面談を行って、1人1人が最高のキャリアを歩んでいくための学習サポートやキャリアサポートをしていこうと思っています。エンジニアになりたい人に向けてのサービスはTECH::EXPERTをつくりましたし。

TECH::CAMPで今重要視しているのはテクノロジー人材で「テクノロジーが主役の時代に活躍できる人材になろう」ということです。その中のサービスの1つにプログラミング学習があるという形ですね。

加藤なるほど!それを聞くとますます、TECH::CAMPとProgateのユーザー層は違うというイメージが強まりました。

真子そうですね。TECH::CAMPは最近プログラミングスクールではなく「テクノロジースクール」と謳ってます。

プログラミングに特化したスクールではなく「テクノロジー時代に活躍できる人材を育成するスクール」という位置付けにシフトして、受講生の層は本当に広がりました。

プログラミングを勉強するならTECH::CAMPとProgate どっちがいいか?

真子:「プログラミングを勉強するなら、TECH::CAMPとProgate、どっちがいいですか?」と、色んな人にストレートに聞かれることが多いです。

加藤さっきも言いましたが、TECH::CAMPとProgateって、かなり属性が違う気もしますけどね。リリース時から僕は違うなと思っています。もちろん一緒の部分もありますけど。

真子:そうですね。僕たちのサービスは強いニーズを持つ人を対象としています。プログラミングでいうと「1ヶ月でがっつり学びたい」とか「プロトタイプを作れるところまでいきたい」などです。確実に技術レベルを引き上げたい方が対象ですね。

ただ最近ではプログラミングそのものへの明確な強いニーズというよりも、さっきも言ったように成長したいとかキャリアップしたいとか就活に活かしたいとか、そういうニーズが強いですが。

加藤:なるほど。

真子正直、TECH::CAMPは安くはありません。渋谷や新宿、名古屋、大阪などの都市部に教室を持ち、受講生が挫折しない環境をつくることには費用がかかります。ただ「できるだけ安く、独学でのプログラミング学習から始めたい」と思っている人は多いでしょうし、実際に耳にします。

僕はTECH::CAMP以外、独学する前提で何かを薦めるとしたら3つの教材があると考えてます。参考書か、動画教材か、Progateか。

この3つの中なら、僕はProgateが間違いなくベストだと思ってます。なので個人的にも、たくさんの人にProgateをおすすめしてますよ。

加藤:ありがとうございます!

ECH::CAMPとProgate SEO対談

真子お客様からしたらTECH::CAMPよりもProgateが安くて、敷居が低いのは事実です。Progateで十分な知識が身につくなら、それに越したことは無いわけです。

ただ、一定数は独学がどうしても難しい、という人はいると思っています。

加藤難しいのは事実です。初心者が1人でプログラミングを学ぶときには、つまずいてしまうポイントがたくさんありますからね。

Progateは、プログラミングができるようになりたい、でもどうしていいかわからない、という人に対してあらゆる挫折ポイントを取り除いて、とにかくまずは創る楽しさを知ってもらうことを重視しています。

プログラミング学習って、明らかにプログラミングの素養がある人でも実際に楽しさを感じる前に挫折してしまうことが多いんですよね。

というのも、やっぱり学習の負の側面として、最初の一歩が難しすぎるんですよ。環境構築ですとか、プログラミング独特の頭の使い方ですとか。僕自身がそうで、プログラミングを学び始めた時「難しい!これは自分には向いてない」と正直思いましたから。

真子プログラミング学習を始めたばかりの頃って、そういう気持ちになりがちですよね。

加藤はい。また、1人で挫折してしまわないためにも、コミュニティや横のつながりを重視しています。最近は、Progateのユーザーの方々の間でもどんどん横のつながりが生まれていて。Twitter上で進捗を共有し合ったり、オフ会で知見を共有し合ったりしてくれているんです。

プログラミングはできるようになってきたら絶対楽しいものだと僕は思っています。だからそういったコミュニティを通じて挫折せずにProgateを進めてもらったり、メンターをつけて学べるほうが安心という人はTECH::CAMPで学んでもらって、その楽しさを感じられるところまでたどり着いてくれたらいいなと思います。

真子そうですね、挫折ポイントを取り除くのは本当に大事です。

TECH::CAMPの売りは学習サポートです。メンターが教室にいていつでも質問できるという点も含め、今後はもっとあらゆる面を充実させて、受講生が絶対に挫折せずカリキュラムを完走できる環境を提供します。

これから何かを学びたい人は、どういう環境なら自分は挫折しないかというのを知ることが大切ですね。

将来の不安はスキル習得で解決

「ずっと今の仕事を続けるのは不安」「将来収入があがる職につきたい」「やりたいことがない」

いま、日本では多くの若者がそう感じています。あなた1人じゃありません。
毎月数千人の方がTECH::EXPERTの無料キャリア相談に参加しています。

プロと話してキャリア構築を少しでもクリアにしませんか?

Progate「プログラミングの楽しさに気づいた人が自走できるように」


真子Progateでプログラミングを独学して、そのままエンジニアになったという人ってたまにいますよね?そういう事例を見ていると、プログラミングを独学で学べる人ってその人自身のポテンシャルがすごいのかなって感じます。Progateのコンテンツが素晴らしいのはもちろんなんですが。

加藤実際にその人のポテンシャルはすごいと思います。どの分野もそうですが、独学でやり切るというのはかなり難しいですよね。

そういった人たちは、Progateのコンテンツを学び終わったあとにも、自分で次に学ぶべきことをリサーチして、調べながら成長していっている印象があります。いわゆる「自走」している状態です。

だから今後は「デバッグ」のコースや「ググり力」が鍛えられるコースなど、「自走できる人」を増やせるようなコンテンツをどんどん追加していきたいですね。せっかくポテンシャルがすごい人でも、そのあたりの学び方を知らずに挫折してしまう人も多いと思うので。

真子なるほど。世の中のほとんどの人は、自分のポテンシャルに気づいていないものだし、そのポテンシャルを引き出すために何を身につけるべきなのかが見えてないケースの方が多いと思うんです。

加藤:それはあるかもしれませんね。TECH::CAMPではそのあたりどういうことを意識しているんですか?

真子:はい。まさにそのポテンシャルを引き出すのが、これからのTECH::CAMPの使命です。弊社(株式会社div)の理念は「人生にサプライズを」であって「プログラミングを学ぼう」ではないことがポイントです。

「プログラミングに興味を持ってもらう」という意味の施策はTECH::CAMP以上にProgateが積極的に実現していると感じますし、それでいいだろうと。

TECH::CAMPとProgateが競い合うことには、別に意義を感じません。

うちは、その先にあること。例えば「最短距離でキャリアアップする」というように受講生の人生を変えることに取り組んで行きたいんです。

TECH::CAMP「プログラミングに限らず、受講生の人生を変える」

株式会社div コーポレートサイト

真子加藤さんからは「プログラミングの敷居を下げること」への情熱を感じます。Progateは学習の最初の一歩として本当に最適。ハードルを下げた結果、そこから素晴らしい人材が生まれてくるということを目指しているのかなと。

加藤そうですね、僕はプログラミングという分野へのこだわりが強いです。その点は、真子さんと大きく違う点だと思いますね。

やっぱり僕の人生を大きく変えたのがプログラミングですし、今でも大きな可能性を感じています。学んだ前と後では、人生が大きく変わりましたし、その原体験が今でも僕を動かしているところがあります。

同時に、プログラミングに愛着を持てば持つほど、その負の側面をどうしても解消したくなるんですよ。

プログラミングに興味を持つ人って「この先、どんな楽しいことが待っているんだろう」というような、純粋なワクワクを抱いているんですよね。でもやってみたら「うわあ、難しい……自分には無理だ」と思っちゃう人が圧倒的に多くて。それが本当にもったいないです。

だからこそ、ハードルを下げるのって大事だと思うんです。

真子ハードルの過剰な高さが、人が夢を叶えるための障害になってしまうのは良くないですよね。少なくとも入り口だけは、ハードルは適切に低いものであるべきです。

加藤そう思います。Progateでプログラミング学習のハードルを下げつつ、コンテンツを追加、強化していくことで「もっと学びたい!」というユーザーひとり1人の夢に応えたいです。もっともっといいサービスに育てていきます。

TECH::CAMPとProgate CEO対談TECH::NOTE編集部スタッフのProgateアカウント。にんじゃわんこかわいい。Twitterもあります。


Interviewer 真子 就有
Writer 関 和音
Editor 桜口 アサミ

更新情報などお知らせしている TECH::CAMP 公式 TwitterFacebookをフォローお願いします!!

一度挫折したプログラミング、TECH::EXPERT(テック エキスパート)ならやりきれます

プログラミングを独学で学ぶことに限界を感じていませんか?

効率よくプログラミングを学ぶなら、プロのメンター(講師)のもとでしっかりと教わることがおすすめです。TECH::EXPERT(テック エキスパート)ではすぐにメンターに質問できるから「わからない」を「わかる」に変えられてプロとして通用する技術が身につきます。

同じくプログラミングを学ぶ同期がいるのも挫折しないポイントです。

無理な勧誘は一切ありません。まずはお気軽に無料カウンセリングでご相談ください。

無料カウンセリングの日程を見る

この記事を書いた人

真子 就有(まこ ゆきなり)
TECH::CAMP(テックキャンプ)・TECH::EXPERT(テックエキスパート)を運営する株式会社divのCEOです。