ITキャリアの悩みをカウンセラーが解決! 無料ITキャリア相談はこちら

【秋の転職】転職をするのにベストな時期は9月!失敗する確率も高いって本当?

作成: 2019.08.27 更新: 2019.08.26

>>2020年テクノロジー業界に挑戦すべき5つの理由

不安定な時代を生き残るための限定資料はこちら

「転職を何月にはじめるべきか分からない」「自分の希望を実現できる時期に転職したい」

転職は人生の大事な分岐点。だからこそ、正しい準備で後悔のない選択を行いたいものです。そのためには「いつ転職活動を行うか?」も重要なポイントとなるでしょう。

そこで今回は、転職をするのにオススメの時期をご紹介。その時期に転職するメリットはもちろん、別の視点から見たデメリットも解説いたします。

この記事を読めば、転職の初めの一歩を踏む出す際の心の準備が整うでしょう。

転職にベストな時期は2月と9月

結論から伝えると、転職開始するオススメの時期は2月と9月。
一年間のうち春と秋の2回転職にベストな時期があるのです。

どうして、2月と9月が転職にオススメの時期なんだろう?

ズバリ、求人広告数の数が関係しています!

2月と9月は年間のうち求人数が最も多い時期



データ出典元:公益社団法人全国求人情報協会「求人広告掲載件数等集計結果」
グラフ出典元:転職エージェントのノウハウ教えます転職のハナシ
「2012年1月から2016年8月までの年間を通じた求人広告掲載数(折込求人、フリーペーパー、求人サイト等)を年別に比較して作成されたグラフ」

上記のグラフを見てみると、12ヶ月間のうちで2月と9月が求人数がグッと伸びる傾向が分かります。加えて、求人数も一番多い時期と言い切ることができます。

単純に求人数が多い時期に転職する方がマッチングする確率が上がります。だから、2月と9月がオススメなのです。

2月と9月転職のメリット

求人数が多い2月と9月の時期が転職にオススメとお伝えしました。
そこで、続いては求人数が多い時期に転職するメリットについて解説いたします。

求人数が多い時期に転職するメリットは2点あります。

1点目は、自分の応募条件にマッチする企業に出会える可能性が高いこと。

2点目は、多くの求人に出会うことでキャリアプランの幅が広がること。

以下で詳しく見ていきましょう。

メリット1:自分の応募条件にマッチする企業に出会える可能性が高い

せっかくの転職なのに様々な理由から「この職場でいいか」と妥協して転職先を決める人も少なくありません。

しかし、求人数が多ければ、その中から自分の条件に合うものを精査することが可能に。理論上、求人数が増えれば増える時ほど、自分の応募条件にマッチする企業に出会える可能性が高くなります。

条件の取捨選択や優先順位付けは必要ですが、自分の幸せに近づくための転職だからこそ、妥協はすべきではありません。

未経験からの応募やキャリアが浅いなど、転職市場価値がそれほど高くない場合も、求人数が多ければ自分の希望とマッチする企業に就職できるチャンスが高まります!

メリット2:多くの求人に出会うことでキャリアプランの幅が広がる

未経験からのキャリアチェンジやキャリアアップに繋がる職種チェンジを目指して、転職を視野に入れ始めるという方もいます。

しかし、いざ実際に転職活動を初めてみると、求人が少なく応募要件を満たせるのが、今までの自分のキャリアで実績を出せた仕事しかない、なんてことも。

結局、転職しても今の仕事と大きく変わらない内容になってしまう人は意外と多いのです。

しかし、求人数が多い時期に転職をすれば、直接経験がなくとも自分が今までの業務で磨いた知識やスキル、経験の枠組みを使って貢献できる仕事に出会える可能性が高くなります。

今までの自分では想像もつかなかっキャリアが拓けていく未来も、大いにあり得るでしょう。

期間限定で受講料が60,000円お得!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職9/16~22限定で60,000円お得!
◎受講生の3人に1人がオンライン受講。満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

2月と9月転職のデメリット

先ほどは、求人数が多い2月と9月の時期に転職するメリットについて解説しました。
しかし、求人数が多い時期に転職すると、同じような考えを持って転職を開始する人が増えるのでライバルが多くなったり、時期によっては採用側のやり方が大きく変わったりするデメリットも。

具体的には以下の2点がデメリットとして挙げられるでしょう。

1点目は、2月の求人は募集打ち切りと選考スピードが早いこと。

2点目は、9月の求人は採用ハードルが高く選考時間が長いこと。

求人数が多い時の転職活動は、難易度が高く失敗する確率も上がると言えます。

以下で詳しく見ていきます。

2月の求人は募集打ち切りと選考スピードが早い

2から3月の求人は4月入社をめどに採用人事が動いているので、選考スピードが早い特徴があります。自分の先行結果が素早くわかることはありがたいですが、求人募集の打ち切りも早いのです。

そのため、じっくり悩んで転職を行っていくには不向きな時期とも言えるでしょう。

2月の転職はスピード勝負!「考える前にまずは応募してみる」ぐらいの前のめりな姿勢が必要です。

9月の求人は採用ハードルが高く選考時間が長い

9月から10月にかけての秋の時期にも求人が増加する理由は、下半期の経営計画を実現する人員確保のためです。

上半期の求人募集よりも会社にどんな人が必要で、どんなスキル経験を満たしている必要があるか、かなり練りこまれています。

だからこそ、採用ハードルがグッと上がり、2月の時期と比べると企業側も余裕があるので、選考に時間をかける企業が多いです。

長期化する転職活動は肉体的にも精神的にも重い負荷がかかります。念入りな勝利や面接対策準備に加えて、モチベーションを保ち続けるメンタルも必要でしょう。

おわりに

転職するなら、求人数の多い2月と9月が最適な時期。
転職を思い立ったら、まずは、準備や対策の時間や今の仕事のスケシュール等を考慮して、「自分にとって2月と9月ならどちらの月がベストなタイミングか」を見極めることが重要です。

ライバルも多い時期なので、「準備しなくてもなんとかなる!」といった軽い考えは、転職が失敗する原因に……。準備はしっかり行いましょう。

ベストな時期を選んで、最高と思える転職を実現させてください!

3人に1人がオンライン受講!60,000円お得な今がチャンス!

「オンライン受講だと、学習をやりきれるか不安…」と悩んでいませんか?

転職成功率99%のテックキャンプ エンジニア転職では、「やり切れる」オンラインスタイルが大好評!

9/22までの期間限定で受講料が60,000円お得な今がチャンス。

まずは無料オンラインカウンセリングで、エンジニアへの第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

kanakitagawa
株式会社divのテックキャンプ ブログ編集部員です。 一人でも多くの方の「人生にサプライズを」届けられるよう奮闘中。