転職
もっと稼ぎたいプログラマー必見!年収を上げる方法を徹底解説

プログラマーとして経験とスキルを積み重ねると気になってくるのが年収です。
はたして、自分のスキルにあった収入を得られているのか疑問に感じたことはありませんか?

だんだんと仕事をこなすことが出来るようになったと思っても、なかなか年収が上がらないなと感じている方も多いのではないでしょうか。

年収を決定する要素は多くあり、個人のスキルの高さ、会社への貢献度、人材の需要と供給のバランス、企業規模などによって変化しますが、一般的には能力が高く優秀な人、稀少なスキルを持っている人はより高い年収を得る事が出来ます。

しかしながら、IT業界は技術の進歩が早く、プログラマーに必要とされるプログラミング言語の種類やハードウェアスキル、システムに関する知識など、時代と共に大きく変化します。

また、IT業界の業界は比較的人材の流動性の高い業界ではあるものの、スキルと職種のアンマッチなどにより、スキルと収入のバランスが取れていないケースもあります。

とくに、IT業界のなかでもプログラマーは年収が抑えられがちな事情があるため、将来の収入に不安を覚えた方は今後のスキルアップやキャリア構成について良く分析してみた方が良いかもしれません。

この記事では 「プログラマーとして働いているが、今の年収が低く今後の生活が不安」 「友人や知人と比較しても年収が低いので、上げる方法を知りたい」 「生活的な安定感や、今抱えている経済的な不安から解放されたい」 と感じられている方に、各種のプログラマーの平均年収と、その上げ方について解説したいと思います。

この記事のまとめ

プログラマーの平均年収

プログラマーとはソフトウェアやアプリケーション開発の為のコーディングを行う職種です。

様々な職業の平均年収や生活スタイルの統計をまとめている平均年収.jpによると、プログラマー全体の平均年収は350万〜500万円ほどとされています。

平均年収に幅が有るのは、雇用形態や企業規模、専門性の有無などにより給与の金額が変化する為です。

同じエンジニアであったとしても、フリーランスの場合は年収の保証がなく、年ごとのバラツキも大きくなります。企業に所属する会社員であれば企業規模や、管理職であるか否かなどによっても異なります。

エンジニアの年収は個人のスキルや経験の他、人材の需要と供給のバランスによっても変化します。

将来の収入に不安のある方は、新たな言語や管理職を目指したマネジメントスキルの習得に努める他、転職エージェントなどを活用して自分の強みをより高く評価してもらえる企業へ転職する事も検討した方が良いかもしれません。

エンジニアの平均年収を比較

30代のシステムエンジニアの平均年収を見ると450万〜550万円ほどとなり、プログラマーよりも高い傾向にあります。

一方、ハードウェアを扱うインフラエンジニアなどは550万〜570万円ほどまで上昇します。

さらに、ITコンサルタントやプロジェクトマネージャーにもなると、平均年収は600万〜700万円ほどに達しています。

また、Webサイトの構築を行うWebプログラマーの年収は440~580万円でした。

Webプログラマーには、HTMLの他にもデータベースや関連するアプリケーションとの連携など、幅広い知識とスキルが必要とされるケースも多くなります。
持っているスキルにより、出来る仕事が異なり、年収の幅も広い職種となっています。

総じて、専門性の高い職種や、プロジェクトをマネジメントする管理職、コンサルティングなどの技能を生かす事が出来れば、より高い年収を得られます。

プログラマーが年収を上げる方法

プログラマーが年収を上げていくためには、以下の方法が考えられます。

 ・同じ会社に長く勤める
 ・給料アップの相談・交渉をする
 ・上流工程も担当できるようにスキルアップする
 ・システムエンジニア(SE)やプロジェクトマネージャーにキャリアアップ
 ・副業をする
 ・フリーランスとして独立して働く
 ・平均年収の高いプログラミング言語を習得する
 ・転職する

各方法の詳細については、以降の記事の中で解説します。

プログラマーもスクールを使って転職

今の年収に不安を感じている場合は、すでにプログラマーとして働いた経験がある方でも、プログラミングスクールを活用して転職することをおすすめします。

理由は2つあります。

1つ目の理由は、もし、平均年収の高い言語を新たに見つけるのであれば、スクールのカリキュラムを利用して効率よく基礎から学んだ方が定着しやすいため。

もう1つの理由は、スクールの転職サポートを利用するためです。

自分自身の価値を高めるため、新しい言語を習得する場合も独学では効率が上がりません。スクールを利用して、言語に特有のコーディングのコツなど、短期間で効率よく理解し、学習する事が条件の良い転職への近道となるでしょう。

プログラミングスクールには転職サポートのついたスクールもあります。転職サポート付きのスクールではキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、希望に沿った求人を紹介してもらえます。

年収面の条件などについても相談もできますので、活用すれば理想に近い転職先を見つけやすくなります。

スクールでは無料相談を行っているので、まずは相談することから始めるのをおすすめします。

無料相談の詳細をみる

プログラマーの仕事内容

この記事での「プログラマー」とは、アプリケーションのコーディングやバグのチェックなどを行っているプログラマーを指します。

プログラマーとエンジニアの区別は会社の事情によっても異なり、どちらの仕事も兼任していることもあります。

この記事では、上流工程(要件定義や設計)は担当せず、純粋にコーディングを担当する職種をプログラマーとしています。

プログラマーの平均年収

平均年収.jpによると、プログラマー全体の平均年収は350万〜500万円ほどとされています。

しかし、プログラマーの年収は年齢や勤めている企業の規模、所在地などの条件によって平均金額からから大きく変化します。

一般的に、企業規模は大きい程、所在地は都市部に近い程年収があがります。

年齢別

プログラマーの年齢別の年収は次の通りです。

・20代の平均年収は240万〜300万円ほど
・30代の平均年収は300万〜380万円ほど
・40代の平均年収は380万〜420万円ほど
・50代の平均年収は400万〜500万円ほど

会社員の年収は一般的に年齢が高くなるほど上がります。

しかしながらプログラマーの業界は、案件の受注単価引下げ圧力によって人件費を下げようとする傾向が強い業界でもあります。

単純なコーディングであれば、一定のスキルを持っていれば対処できる事が多いため、単価の高い40〜50代ではなく、単価の安い若手社員に任せることも多くあります。

企業側も年齢ではなく、仕事の質への対価として給与を支払いたいという事情がありますので、年齢があがっても同程度のスキルであれば年収を上げたくないと言う構図が出来ています。

そのような業界の性質から、「プログラマー35歳定年説」も囁かれています。

プログラマー35歳定年説

IT業界の現場などでは、35歳頃を境にプログラマーを止める人が多いという傾向があります。

大きな理由としてはやはり収入面の問題があります。

既にご紹介した通り、プログラマーは35歳以降の収入が伸び悩み、同年代の異業種やエンジニアと比べても低くなりやすいという事情があります。

プログラマーとしての経験とスキルを身に付けた優秀な人材は、将来的な収入の安定化を狙い、システムエンジニアに転職するなどキャリアアップを図る人が増えるため、IT業界では35歳定年説が囁かれていると言うのが実状です。

企業規模別

平均年収.jpによると、企業規模ごとのプログラマーの平均年収は以下の通りでした。

大企業 平均年収487.2万円 平均月収30.5万円
中企業 平均年収403.2万円 平均月収25.2万円
小企業 平均年収365.4万円 平均月収22.8万円

企業規模が大きいほど取り扱う案件も大型になるため、プログラマーの作業量や責任も大きくなり、収入も高くなります。

また、大きな案件の場合大企業はプロジェクト管理を行い、実際のコーディング等の作業は中小企業の下請けへ回すと言う事も多くあります。

下請け先への発注金額は元請けである大手企業次第となる部分も大きい為、大企業の方が利益も出し易く社員の給与レベルも高くなります。

この様な事情を背景にして、大企業に勤めるプログラマーと小企業に勤めるプログラマーを比較すると、年収にして100万円以上の差がつく場合があります。

また、大きく差がつく理由としては残業代の影響もあります。プログラマーやエンジニアの仕事は、繁忙期になると残業がつきもののため、残業代の額の多さが年収の差を生んでいます。

男女別

平均年収.jpによると、40代のプログラマーの平均年収は

 男性 487.2万円
 女性 346.8万円

で、男性の方が多くなる傾向があります。

女性は結婚や出産などで職場を離れる確率が高く、継続的なキャリア形成が難しいと言う背景があります。

エンジニアとの平均年収を比較する

30代のシステムエンジニアの平均年収を見ると、ソフトウェア開発を行うエンジニアの平均年収はだいたい450万〜550万円ほどとなり、プログラマーよりも高い傾向にあります。

ハードウェアを扱うインフラエンジニアなどは550万〜570万円ほどになります。
ネットワークエンジニアとしてのスキルを証明できるCCIEや、データベース技術者としての指標となるOracle Masterなど資格取得することで年収も高くなります。

ITコンサルタントやプロジェクトマネージャーにもなると、平均年収は600万〜700万円ほどに到達します。

いずれの場合も技術者としてより専門性の高いスキルを持っている程、価値が高く、より高い年収を得られている事が判ります。

プログラマーが年収を上げる方法

ここからは、プログラマーができる年収を上げる具体的な方法を紹介します。

年収を上げるためにはいくつかの方法がありますが、自分の性格や強みをよく理解して、自分自身に合った方法を選んで実践することをおすすめします。

同じ会社に長く勤める

多くの会社では基本的に、1年に1回など決まった期間で給料のベースアップが行われます。そのため、同じ企業に長く勤め続けるほど、給料は高くなります。

プログラマーも同じように、同じ会社にできる限り長く働くことで、年収を上げることは可能です。

しかしながら、昇給のペースは非常に遅く、昇給金額は数千円〜数万円ほどのことが多く将来にわたり大幅な年収アップは期待しづらいのが現実です。

同じ会社のなかで収入アップを狙うのであれば、管理職へのステップアップを目指すなど、企業内の事情と自分自身のスキルを良く理解したキャリア形成を考えましょう。

給料アップの相談・交渉をする

給料を上げて欲しければ、上司や人事などを通して給料アップの交渉をするという方法があります。
上司や人事との定期的な面談を設けている企業も多く、そのような場では、給与面に対する不満などを相談することができます。

企業側も貢献度の高い優秀な人材は手放したくは無いため、実績を残していれば人事評価に反映させて年収を上げるチャンスともなります。

また、成果主義の企業や年俸制を取り入れている企業では、毎年の達成目標を明確にしておくことも重要です。

年功序列の給与体系であれば、昇給についても凡そ予測がつきますが、成果主義の場合は毎年の評価や査定により昇給額も大きく左右されます。年俸制の場合は、目標が達成できないと翌年の年俸が下がってしまう事も考えられますので、自社の給与体系や評価基準をよく理解しておくことも重要です。

転職などを行う場合は、前職での経験やこれまでのキャリアを理由に給料の交渉を行う人もいます。

お金に関する相談は切り出しにくいかもしれませんが、給料は仕事をする上でのモチベーションになったり、生活を支える大切なもです。

会社側も気になっている部分ではあるので、不満があるのならば打診する必要はあるでしょう。

ただし、根拠なく年収アップの交渉に臨んでも、企業側も認めて良いのか悪いのか判断できません。自身の会社への貢献度など、客観的な根拠をもとに交渉を進めていく必要があります。

そのためにも、自分自身のキャリアの中で、どのような実績や強みがあるのかを他者にも明確に説明できるように準備をしておきましょう。

年収の交渉に限らず、自分自身の強みを良く理解し他者にプレゼンテーション出来ると言う事は、今後のキャリア形成のためにも意味があります。

上流工程も担当できるようにスキルアップする

プログラマーが担当するのは主に、システムエンジニアが作成したソフトウェア・アプリケーションの仕様書に沿ってコーディングを行う工程です。これは下流の工程とされており、仕事の内容的にも高い収入を狙いにくい職種です。

年収を上げる方法としては、システムエンジニアと同様の作業を行えるように関連するスキルを身に付けるということが有効です。

クライアントの元に赴き、要望を聞いて提案をしたり(要件定義)、聞いた内容をもとに仕様書の作成を行ったりなどの上流工程をこなせるようになると、収入アップが見込めます。

そのためには、プログラミングスキルの向上だけでなく、クライアントから要望を引き出すコミュニケーション能力が必須です。上流工程には他にも、論理的思考能力やシステムに関するより詳細な知識が求められます。

また、システムエンジニアとなると会社内の人事体系の中でも管理職としての業務を任される立場となってきます。コーディングの技術だけでなく、会社員として企業内でのマネジメント能力など、これまでの業務とは異なる分野の能力が求められてくるでしょう。

システムエンジニア(SE)やプロジェクトマネージャーにキャリアアップ

もし上流工程の作業ができるようになれば、システムエンジニア(SE)へのキャリアアップや転職も狙えるようになります。

プログラマーとして下流工程のスキルを身に着け、システムエンジニアへキャリアアップを狙う事は、順当なステップアップと言えるでしょう。

システムエンジニアはより重い責任が課されるため大変な仕事ではありますが、その分平均年収もプログラマーよりも高い傾向にあるため、収入のアップが期待できます。

さらに上の役職として、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーを目指す道もあります。

プロジェクトリーダーやマネージャーは、上流工程を担当するをとともに、プロジェクトに係わるプログラマーなどのチームマネジメントを行う事も必要です。

コーディングの様な現場の作業からは離れ、スケジュールや予算、工数管理などが主な仕事となってきます。
キャリアが上がるごとに、役職に関連して求められる能力や責任の幅は広がりますが、その分収入も上がりやすい事を覚えておきましょう。

副業をする

会社からの帰宅後や、休日を活用して副業を行うことでも収入を上げられます。
クラウドソーシングサイトを利用することで、開発案件を個人でも受注できます。

仕事で使っているプログラミングスキルがそのまま副業としても活かせるため、挑戦しやすい方法と言えます。
必要とする環境にもよりますが、パソコンが一台あれば仕事を始められるため、プログラマーは副業がしやすい職種であるとも言えます。

主な副業の手段としては、システム開発、アフィリエイト、Webサービスやスマートフォンアプリの開発などがあります。

副業を行う事で、本業とは異なるスキルや経験を得る事ができるため、転職をし易くなるメリットもあります。
起業や独立への切っ掛けとなる場合もありますので、視野を広げるために一度軽軽しておくことも良いかもしれません。

企業によっては副業を禁止しているケースもありますので、始める前に確認しておきましょう。

エンジニアにおすすめなプログラミングを使った副業を紹介

フリーランスとして独立する

仕事でプログラマーとしてのキャリアを十分に積んだ、あるいは副業でやっていた仕事が本業以上の稼ぎになってきたなどのきっかけがあれば、フリーランスとして独立するのも一つの選択肢となります。

フリーランスで働けば、自分で稼いだ分がそのまま自分の収入になります。(税金や仕事のためにかかったコストは引かれれます)

高いスキルを持っていれば、企業に勤めている以上の収入になることもあり、30代後半以降のプログラマーはフリーランスとしての独立を図る人も多くいます。

フリーランスとして独立するためには、プロとして1人で仕事を完結できるスキルが必要とされる他、十分な仕事量を確保できるコネも重要です。

高いスキルをお金にかえるためにも、コネと仕事をもらうためのコミュニケーション能力が重要度を増すことに注意してください。

サラリーマンとは異なり、フリーランスの技術者は安定した収入が期待できません。
フリーランスとして高い収入を得るためには、ITエンジニアとして、幅の広いスキルを身に着けてどのような仕事にも対応できる、プロフェッショナルとして特別に高いスキルを持っているなど、自身の強みを確立することが必要です。

フリーランスとして働くうえでは、営業活動が必須となります。自身の強みを積極的にアピールしていくことが大切です。また収支の計算などお金に関する知識も学び、理解しておく必要があります。

平均年収の高いプログラミング言語を身につける

プログラマーの年収は、習得しているプログラミング言語によっても変わります
平均年収の高いプログラミング言語を身につけて転職することで、年収が上がる可能性があります。

プログラミング言語も毎年新しいものが開発されています。需要が高く、良い年収を得られる言語も毎年変化します。長い期間にわたり人気を保つものやそうでない物もあります。

新たな言語を習得する際には最新の情報を確認してください。

以下は2017年度の平均年収が高かったプログラミング言語です

Python

Webサービスの開発から、AI(人工知能)開発など機械学習の分野にも活用出来るPython。AI(人工知能)のブームにより、急速に需要が高まっています。

非常に判りやすいシンプルな文法で構成されており、多くのライブラリが公開されています。
GoogleやFacebookでも使用されており、実績も十分と言えます。

2017年度の平均年収は約601万円でした。

Ruby

RubyはCookPadなどの大手企業でも採用されていおり、Webサービスの開発言語として多くの企業に広く使用されています。
同様の用途に用いられていたPerlやPHPよりもオブジェクト指向のコーディングや汎用的な開発にすぐれており、採用事例が増えてきました。

可読性が高い為、初心者にも学びやすく、習得しやすいため、プログラミングの経験者ならば比較的早くに習得できるでしょう。

2017年度の平均年収は約562万円でした。

Kotlin

2017年5月にGoogleがAndroidアプリの公式開発言語として発表したのがKotlinです。
Java互換であり、過去のライブラリ等の資産を有効活用しつつ、より安全でシンプルなコーディングが出来るため注目を集めています。

Googleの発表以降はWeb関連企業などを中心にKotlinを使っての開発が増え、プログラマの需要が大変高まっています。
しかし、Kotlinでの開発スキルを持っている技術者が少ない状況であり、報酬を上げてでも求人を出す企業が増えています。

2017年度の平均年収は577万円でした。

Swift

iOS(iPhoneやiPadなど)アプリケーションの開発向けとして開発された言語がSwiftです。
2014年に開発された比較的新しい言語で、これまでiOSアプリ開発の主流でした。
Objective-Cよりも簡潔なコードで開発ができることから、需要が高まっています。

2017年度の平均年収は約562万円でした。

転職する

もっとも年収アップにつながりやすく、リスクの少ない方法としては転職が挙げられます。

求人票などを参考に、現在より収入の高くなる職種の面接を受けるのがいいでしょう。

可能であれば転職前に、前の項目で紹介した平均年収の高いプログラミング言語を身につけておくことをおすすめします。

プログラマーの収入もその他の職種と同様に、個人の持つスキルと市場の需給バランスにより大きく変化します。
自分のこれまでの経験に加え、需要が多く且つ習得した技術者の少ない言語を選択することで、より収入の高いプログラマー、あるいはエンジニアの求人に応募しやすくなります。

また、応募する企業を探す際にはなるべく大手の企業、もしくは専門的な技術を必要としている企業を選ぶようにしましょう。

企業の規模により同様の職種であっても100万円近い年収の格差が発生する場合があります。

ネットワークエンジニアや、データベースエンジニアなどは専門性の高いスキルを必要としています。年収も高く、先にも述べたように関連する資格を取得しておけば、自分のスキルや強みを説明しやすいため転職先を探す際に大変有利に働きます。

初めての転職の場合は、不安も多いでしょう。そんな時は、転職エージェントに登録するのもおすすめです。エージェントは転職のプロであり、履歴書や職務経歴書の書き方から面接の対策まで、あらゆるサポートを受ける事ができます。また自身のスキルや職歴を客観的に評価してもらえる事も利点です。

自身のスキルに合わせて求人を紹介してもらう事によって、ミスマッチを防ぎ、希望に合った職場い転職できる確率も高まります。

エージェントの利用は無料なので、一度登録してみるのもいいかもしれません。

エンジニアになりたい、自由な働き方を手に入れたいあなたへ
無料のキャリア相談会を実施中

未経験からプロのエンジニアとしての技術を身につけることは難しいと思っているあなたへ。始める前に諦めないでください。今からでもテクノロジーの最先端で活躍するキャリアパスを選ぶことはできます。

無料カウンセリング

異業種・異職種がほとんどの、200名近い未経験の方をエンジニアとして輩出してきた『TECH::EXPERT』では、毎日個別でのキャリア相談会を実施しています。

  • エンジニアのキャリアや仕事内容が明確になる
  • 自分にエンジニアが合うのか知ることができる
  • エンジニアになるためにやるべきことが明確になる
  • 未経験からの転職で起きる問題やその解決方法が分かる

何を聞けばいいか分からない人でも、満足度93%以上のカウンセラーが丁寧にヒアリングをいたします。月に200名以上が参加するため、予約はお早めにお取りください。

キャリア相談のお申込はこちらから

Yamashita Yasuhiro Yamashita Yasuhiro
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー