テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

スーパーコンピューター「富岳」とは? 性能ランキング世界1位を獲得

更新: 2020.07.15

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

理研と富士通が共同開発を行なった日本のスーパーコンピューター「富岳」が性能ランキングで世界1位を獲得。

日本のスーパーコンピューターが世界1位を獲得するのは、京から約8年半ぶりです。

この記事では、ISC2020において性能ランキングで1位を獲得した富岳について解説します。

スーパーコンピューター「富岳」が4つの分野で世界1位に

日本の新スーパーコンピューター「富岳」が性能ランキングを含む4つの分野で世界1位を獲得しました。以下で、その詳細について解説します。

ISC2020でスーパーコンピューターの性能ランキングで1位を獲得

理研(理化学研究所)のスーパーコンピューター「富岳」は、国際会議「ISC2020」の性能ランキングであるTOP500で1位を獲得しました。ISC2020は、6月と11月に専門家によって開催される会議。

富岳の計算性能は415.53PFlops、2位のアメリカのサミットは148.6PFlopsなので、大差をつけての1位獲得です。

富岳はTOP500以外にも、

  • HPCG(High Performance Conjugate Gradient)
  • HPL-AI
  • Graph500

においても1位を獲得。ちなみに、TOP500・HPCG・Graph500の3つで同時に1位を獲得したのは、富岳が初めてです。

PFNのMN–3は消費電力性能で1位に

日本のユニコーン企業であるPFN(Preferred Networks)のMN–3は、ISC2020の消費電力性能のランキング「Green 500」で1位を獲得しました。

計算基盤として神戸大学と共同開発したMN-Coreを採用。計算性能は1.62PFLOPSの処理性能、消費電力は76.8kW、21.1GFLOPS/Wの消費電力性能を誇ります。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。 3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説! 資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

日本の新スーパーコンピューター「富岳」とは

出典元:スーパーコンピュータ「富岳」プロジェクト | 理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS)

京の後継機と言える日本の新スーパーコンピューター「富岳」とは何かについて以下で詳しく解説します。

2021年から本格運用を開始予定

富岳の本格運用は2021年開始予定です。ただし、新型コロナウイルスの研究などで需要があり、前倒しになる可能性もあります。

富岳は試験運用が4月から行われており、理化学研究所計算科学研究センターに5月に全432台の設置が完了しました。

富士通の高性能CPU搭載 京の100倍以上の計算速度

富岳は、富士通が開発したCPU「A64FX」を搭載。命令アーキテクチャは「Armv8.2-A SVE 512bit」を採用。

命令アーキテクチャとは、簡単に言うとプロセッサの働きを規定したものです。

以前、世界最速だった京の100倍以上の計算速度がありながら、高い省エネ性能も富岳は実現。

15万個の高性能CPUを効率的なネットワークで結んだことで、富岳は世界1位の計算性能を獲得しました。

富岳の詳しいスペックについては、以下の理研のWebページをご覧ください。

参考サイト:スーパーコンピュータ「富岳」開発概要 | 理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS)

コロナウイルスの感染拡大防止の取り組みへ利用されている

理研は新型コロナウイルスの解析や、パンデミックのシュミレーションや対策の解析などに富岳を使って取り組むことを発表。

2021年の供用開始に向けた開発や整備に支障がない範囲で、リソースを提供するとしています。

参考サイト:新型コロナウイルス対策を目的とした研究開発を「富岳」上で実施します | 理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS)

富岳はさまざまな社会的・科学的課題の解決に活用される

日本のスーパーコンピューターの進化を示した富岳。富岳は、創薬・AIの活用・防災・エネルギー問題などのさまざまな社会的・科学的課題の解決のために利用される予定です。

アメリカや中国に先駆けて次世代のスーパーコンピューターを投入できた日本にとって、どのようにこの優位を生かしていくかが、今後の国際的な競争力を獲得するためのポイントになるでしょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement