プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決! 無料キャリア相談はこちらから

Zoomで「音が聞こえない」時のトラブル対処法 スマホ・PC別に解説

作成: 2020.04.23 更新: 2020.05.22

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

「ZoomでWeb会議をしてみたけれど、あれ…音が聞こえない…」

このようなZoomでの音に関するトラブルの解消方法を、スマホとPCのケース別に紹介します。

Zoomの使い方がイマイチよくわからないという人は「Web会議アプリ「Zoom」の使い方をわかりやすく解説 「化粧なし」やバーチャル背景も」も参考にしてください。

▶ 他のZoom関連の記事はこちら

Zoomで音が聞こえない時の基本的な対処法

Zoomで音が聞こえない時に、まず試してほしい基本的な対処法を紹介します。

マイクがミュートになっていないかまず確認

相手の映像画面に「ミュート解除」が表示されていないか、まず確認しましょう。

相手のマイクがミュートになっていれば、当然ですがこちらに音は聞こえません。

ミュートを解除したら「スピーカー&マイクをテストする」を行うとより確実です。

「スピーカー&マイクをテストする」のやり方

上記の画像にもある「スピーカー&マイクをテストする」をクリック。

まずはスピーカーのテスト。「着信音が聞こえますか。」と表示され、スピーカーから音が鳴ります。

聞こえる場合には「はい」、聞こえない場合には「いいえ」をクリックして聞こえるスピーカーに切り替えます。

次はマイクのテストです。「話してから話をやめます、返答が聞こえますか。」と表示されますので、何か言葉を発してください。

マイクが動作していれば、声を発すると遅れて返答が返ってきます。返ってきたら「はい」、返ってこなければ「いいえ」をクリックして入力可能なマイクに切り替えます。

スピーカーとマイクのテストが問題なく完了したら、終了をクリックします。

イヤホンなどをつないでみる

設定の問題ではなく、PCの仕様で聞こえない場合もあります。

そのような場合は、PCの仕様による問題か切り分けをするために、イヤホンやヘッドホンなどをつないでみましょう。

イヤホンをつなぐと音が問題なく聞こえる場合は、PCの仕様によって音が聞こえない可能性が高いです。

スマホで「Zoomの音が聞こえない」時のよくあるケース

AndroidやiPhoneなどのスマホで、Zoomの音が聞こえないよくあるケースと対処法を紹介します。

スマホの設定で相手のマイクがオフになっている

Zoomのアプリではなく、スマホの設定でマイクがオフになっているというケース。

Androidの場合は「設定」→「プライバシー」→「権限」→「マイク」→「Zoom」を選択。「このアプリのマイクへのアクセス権限」を許可します。

iPhoneの場合は「設定」→「Zoom」を選択。「マイク」の項目をオンにします。

Zoomのアプリでスピーカーがミュートになっている

Zoomのミーティング画面で、右上のスピーカーのマークがバツになっているケース。

これは、スピーカーがミュートの状態ですので、タップしてスピーカーをオンにしましょう。

それでも聞こえない場合は、左下のマイクがミュートになっていないか相手に確認を依頼してください。

オーディオ参加を許可していない

Webミーティングへの参加時に「オーディオへの参加」を許可しないとお互いに音は聞こえません。

Webミーティングに参加する時は、画面左下の「オーディオへの参加」をタップしてください。

コロナ禍でも安心してエンジニア転職

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験から約99%がエンジニア転職を実現しているプログラミングスクールです。 テックキャンプはコロナ禍でも安心して受講が可能。「徹底したサポート」「やりきれる学習環境」を自宅で学べるオンラインスタイルと感染防止対策を徹底した教室受講のどちらでも提供しています。 キャリアに悩む前に、まずはテックキャンプの無料カウンセリングを受けてみませんか?

PCで「Zoomの音が聞こえない」時のケース別対処法

次に、PCでZoomの音が聞こえない時の対処法を紹介。まったく音が聞こえない場合や音が小さい場合などのケースに分けて解説します。

Zoomの音がまったく聞こえない

まずは、Zoomの音がまったく聞こえない場合の対処法について解説します。

PCのスピーカーがミュートになっている

PCのスピーカーがミュートになっていると、Zoomの音ももちろん聞こえません。

スピーカーの設定を確認してミュートを解除。ボリュームが小さい場合には、聞こえるレベルまで上げましょう。

Macの場合は「command + space」でSpotlight検索を起動。

「サウンド」と入力して、表示される「サウンド」の設定をクリック。

サウンド設定画面の下部に表示される「消音」にチェックが入っている場合は解除しましょう。

相手が「オーディオに参加」できていない

相手が「オーディオに参加」できていないケースです。

ZoomでのWebミーティングに参加する際は「オーディオに参加」を許可してもらう必要があります。

PCの場合は「オーディオに参加」をクリックしないとミーティングに参加できないので問題ないでしょう。

相手がスマホの場合は、上述の手順を参考にして「オーディオに参加」してもらってください。

初めて参加する人がいる場合は、チャットツールなどを併用してサポートしてあげましょう。

相手のマイクの電源が入っていない

PCのマイクではなく外部接続のマイクを使っている場合、電源が入っていないことがあります。

OFFになっていないか確認してもらい、マイクの電源をONに切り替えるように依頼しましょう。

そもそもパソコンの調子が悪い

アプリやパソコンの設定の問題ではなく、そもそもパソコンの調子が悪い場合もあります。

OSの更新などがあり、長期間再起動を行っていないと不具合が発生することも。

そのようなパソコンの調子が悪さが疑われる場合には、Zoomから1度退出してアプリを終了します。

PCを再起動が完了したら、再度Zoomのミーティングのルームに入り直してください。

Zoomアプリのバージョンが古い

Zoomアプリのバージョンが古く、不具合が発生していることも考えられます。

そのような場合には、Zoomアプリのアップデートを行いましょう。

アップデートの有無の確認は、メニューバーの「zoom.us」の「アップデートの確認」から行えます。

こまめなアップデートは、セキュリティリスクを下げることにもつながります。

Zoomの脆弱性が気になる方は不具合がある場合だけでなく、起動した際はまずアップデートを確認するのもおすすめです。

Zoomの音が小さくて聞こえない

PCからZoomの音は出ているけれど、小さくて聞こえない場合の対処法について解説します。

Zoomのオーディオ設定でスピーカーの出力を上げる

出力音量が小さいことが原因の可能性もあります。

そのような時はZoomのオーディオ設定から、出力音量を右にスライドさせて大きくしましょう。

「スピーカーのテスト」を行って、参加者の音声が聞こえる音量に調整してください。

相手のマイクの入力も上げてもらう

自分のスピーカーではなく、相手のマイクの入力が小さい場合もあります。

スピーカーの出力を上げても小さい場合は、相手のマイクの設定も確認してもらいましょう。

スピーカーと同様にオーディオ設定から、入力音量を調節します。

「マイク音量を自動調整します」にチェックを入れておくと無難です。

他のアプリを終了する

SkypeやWherebyなどの他のビデオ通話ツールを立ち上げていると、音が小さくなることがあります。

他のアプリがスピーカーに干渉してしまうことがあるようです。

まずは、Zoom以外のスピーカーを使うアプリを終了してください。それでも直らない場合は、Zoomを再起動すると直ることがあります。

イヤホンやヘッドホンから音が聞こえない

イヤホンやヘッドホンを接続したけれど音が聞こえないという場合の対処法について解説します。

出力の設定を外部ヘッドホン・イヤホンに変更する

イヤホンやヘッドホンから音が聞こえない場合は、出力先が変わっていない可能性が高いです。

オーディオ設定で、Zoomの出力先をPCのスピーカーからイヤホンに変更します。

他の場合と同様にテストを行って、音が聞こえることを確認してください。

Zoomで初めてWebミーティングをする時はテストをしよう

Zoomで初めてWebミーティングをする時は、始める前にマイクやスピーカーのテストをしましょう。

この記事で解説したように、音が聞こえない場合にはさまざまな要因が考えられます。

基本的には、何も設定しなくてもZoomは使用可能です。ただし、不具合が発生した時には、1つひとつ原因を追求する必要があります。

問題が発生した場合には、まわりの人に聞くのも1つの手段。それでも解決しない時には、Zoomのヘルプセンターも参照するとよいでしょう。

Zoom ヘルプセンター

読むだけでIT転職で有利になる!限定資料を無料で公開中

テックキャンプ エンジニア転職では、未経験からIT業界に挑戦するために押さえるべき6つのポイントをまとめています。

以下のような疑問はありませんか。資料で詳しく解説します。

・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・いきなりフリーランスで自由に働くことはできる?
・IT業界転職における35歳限界説は本当なの?

読むだけで転職が有利になる限定資料をダウンロードしてみてください。

資料を無料でみる

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。