【初心者必見】バーチャルリアリティを楽しもう!ゴーグルの選び方のコツ

あなたはVRを楽しみたいと思っていても、どのVRゴーグルを買えばいいのか分からず悩んでいませんか?

VRゴーグルにも値段・性能・コンテンツと選ぶポイントがあります。

今回は、VRについて基本的なことから遊び方やオススメのVRゴーグルなどをご紹介します。

この記事を読むことで、あなたにピッタリのVRゴーグルを見つけられるでしょう。

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行うTECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

バーチャルリアリティ(VR)とは

woman-1418844_1280

出典:Pixabay

バーチャルリアリティ(VR)の意味

よく耳にする「VR」とは、「Virtual Reality」の頭文字をとったもので「仮想現実」と訳されます。ではこの「仮想現実」とは一体どのようなものなのか簡単に説明します。

コンピューターで製作した映像や音楽を、3次元的にVRゴーグルなどの出力機器に投影することで見られます。

ユーザーはその映像や音楽によって作り出された世界で、現実世界のような感覚を得て体験できます。そのような技術のことを「VR」と呼びます。

さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考ください。

【VRとは?】最先端の技術を徹底解説

 

3つの特徴

・VR機器が必要

VR を体験するためには、専用の機器が必要になります。

例えば、今回紹介するVRゴーグルです。お手頃価格で簡単にVRを体験できるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

さらに技術が進んだものでは、VRゴーグルだけでは再現できない触感をユーザーに伝えてくれるVRグローブなどもあります。しかし、まだ開発途中のものがほとんどです。

 

・360度3Dの世界

最近では、映画でも3Dを楽しめるようになりました。3D映画も2Dでは感じられなような迫力や臨場感があり、より世界に入り込む体験ができるアクティビティです。

また、VRはゴーグルを装着することで視界に映像しか映らなくなります。そして、映像の範囲も上下左右、360度カバーされているので別世界に身体ごと入り込んだような感覚になります。

 

・動きと映像が連動

映像技術の発展により、VRに使用される映像はよりリアリティーのあるものとなりました。

ゴーグルをつけた頭の動きと映像のアングルが連動することにより、本当にその世界に入り込んだような体験ができます。

これが今までのゲームとの大きな差異であり、特徴といえるでしょう。

 

2種類のVRコンテンツ

kitchen-1687121_1280

出典:Pixabay

ここからはVRゴーグルを買った後すぐに楽しめる、おすすめVRコンテンツを紹介していきます。

 

VR対応ゲーム

現在、最も種類が多いVRコンテンツの一つであり、今後の更なる発展も期待されている分野です。

従来の2D型ゲームと違い、ゲームの世界のキャラクターの視点、動きが自分とリンクすることによって強い没入感を体験できるのが特徴です。

 

360°VRパノラマ動画

360°VRパノラマ動画は、ゲームが苦手な方も楽しめるVRコンテンツです。

スポーツ観戦やライブ、観光など様々な種類のVR動画がお手軽に楽しめます。YouTubeにもVR専用チャンネルが設置され、簡単に視聴できます。

その他にも、VRアプリについて詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

【特選】エンジニア推薦VR(バーチャルリアリティ)アプリと将来性

 

ゴーグルの種類

pexels-photo-123335

出典:Pixabay

VRゴーグルには大きく分けて、PCや家庭用ゲーム器などのハード機器と接続するタイプとスマホを利用するタイプの2種類あります。それぞれについて、その特徴と機種を紹介していきます。

 

PC VRゴーグル

このタイプはPCやハード機器で画像処理して、ゴーグルのディスプレイへ映像を映し出す仕組みになっています。

特徴として性能が高く、その分値段が高いことが挙げられ、このタイプでしか楽しめないコンテンツもあります。

当記事では3種類のPCVRゴーグルを紹介していきます。

製品名 Oculus Rift HTC Vive PlayStation VR
価格 8万3800円(別途送料1万800円) 10万7784円 標準版4万8578円、カメラ同梱版5万3978円
発売日 3月28日 4月5日 10月13日(予定)
プラットフォーム Oculus Home、Steam Steam PlayStation 4
動作マシン要件 Windows PC(参考実売価格13万円から) Windows PC(参考実売価格13万円から) PlayStation 4(実売価格3万1000円から)
ディスプレー方式 OLED OLED OLED
ディスプレー解像度 2160×1200ドット 2160×1200ドット 1920×1080ドット
リフレッシュレート 90Hz 90Hz 120Hz、90Hz
視野角 約110度 約110度 約100度
ヘッドセット重量 実測約487グラム 実測約579グラム 約610グラム

引用元:いま買うべきVR機器は?〜PlayStation VR、Oculus Rift、HTC Viveの○と×:週刊VR情報局

上の表は当記事で紹介するPCVRゴーグルの性能をまとめたものです。

表の一番左の列が項目なのですが、見慣れない単語があると思うので説明していきます。

  • ディスプレー方式

3商品のディスプレー方式であるOLEDとは、有機ELディスプレーのことです。発光ダイオードをつかった出力方法でとても画質が良いのが特徴です。

  • リフレッシュレート

リフレッシュレートとは難しく言うと、1秒間に画面を書き換える回数です。リフレッシュレートが高いと酔いを起こしにくいので良いとされます。

  •  視野角

最後に視野角とは、正面から上下左右にどれだけずれた角度から見ても正常に見ることができるかを表す値のことです。こちらも値が大きいほど良いとされます。

それでは、VRゴーグルのぞれぞれの具体的な特徴について見ていきましょう。

・ Oculus Rift

oculus-rift-vs-htc-vive-vs-playstation-vr-1

出典:Oculus Rift vs HTC Vive vs Playstation VR: Which Should You Buy?

Oculus社が発売しているVRゴーグルです。

専用コントローラーのOculus touchが付属しており、快適なVR操作を楽しむことが出来ます。価格は94,600円とお高めです。またそれなりの性能をもつPCも用意しなければならないので、設備費も合わせると20万円以上はかかるでしょう。

コンテンツについてはXBOXoneのゲームをパソコンを介して遊ぶことが可能です。加えて、独占タイトルなど100種類以上のゲームが提供されています。

レビュー記事:the 比較  Oculus Rift レビュー

 

・PlayStation VR

ea7725864b1fde3bfd887ad16c9ae2d1-620x413

出典:PlayStationVRが44980円で16年10月に発売決定!VR市場活性化の起爆剤となるか?

続いて紹介するのは、ソニーが発売しているPlayStation VR。こちらはPCを用意する必要がなく、ソニーのゲーム機PS4で使うことが出来ます。

PS4のアクセサリーである、PSMOVEコントローラーやトラッキングに利用するカメラも使用することができるので、PS4の環境があらかじめ整っている場合は設備費はほとんどかからないでしょう。

価格は44,980円とPCVRゴーグルの中でも安めです。

コンテンツに関しても、多くのゲームメーカーがゲームを準備中であることが発表され、今後の期待が高まっているPCVRゴーグルです。

レビュー記事:PlayStation VRを買う?買わない?PS VR使い方と評判の情報をまとめ

 

・HTC Vive

01_588x

出典:ここがスゴい&ツラいよ「HTC Vive」! Oculus Rift&PS VRとの違いを知ろう

最後に紹介するのが、多くのゲームを配信し、HTC社が発売しているHTC Vive。価格は99,800円とこちらもお高めです。

一番の特徴は、専用の2台のカメラを使ったポジショントラッキング。

普通のVRはコントローラーでゲーム内のキャラを操作しますが、HTV Viveでは現実世界でのプレイヤーの歩いたりしゃがんだりといった動作をゲームに反映することが可能なのです。

現在検知できる範囲は最大で5m×5m程となっています。十分な広さの部屋さえ用意できれば、最高のVR体験ができるでしょう。

03_800x500

出典:ここがスゴい&ツラいよ「HTC Vive」! Oculus Rift&PS VRとの違いを知ろう

コンテンツもSteamというプラットフォームを有しているので、数多くのゲームが揃っています。

レビュー記事:ここがスゴい&ツラいよ「HTC Vive」! Oculus Rift&PS VRとの違いを知ろう

 

スマホVRゴーグル

もう一つはスマホVRゴーグルです。こちらはゴーグル自体に映像を映し出す仕組みはなく、スマホをゴーグルにセットしてVRを楽しむ仕組みになっています。

特徴として、PCVRゴーグルと対象的にゴーグルにディスプレイが備わっていない分安いのですが、性能が低くなります。

またPCVRゴーグルは必ず別の大きな機器に接続しなければいけませんが、スマホVRゴーグルはスマホさえあればどこでも楽しむことができます。家だけでなく外に持ち歩く事もできるのはいいですね。。

そのようなPCVRゴーグルと違った特徴を持ったスマホVRゴーグルについて、どのような機種があるのか見ていきましょう。

製品名 VOX3DVRゴーグル Galaxy Gear VR Virtoba X5 VR BOX
価格 4,960円 14,904円 6,980円
対応スマホ 4~5.5インチのスマホ GalaxyS6/S6 edge/S7 edge 4.0〜6.2インチのスマホ
重量(スマホ抜き) 306グラム 318グラム 410グラム
メガネ着用 ×

それではそれぞれの特徴をみていきましょう。

 

・VOX3DVRゴーグル

517iqcwuml-_sl1000_

出典:アマゾン

こちらはアマゾンで1番人気のゴーグルです。4~5.5インチのスマホに対応しており、その価格はなんと4,960円。

その性能も、VRを楽しむには十分のもので、VR初心者にもってこいの1台です。

レビュー記事:iPhone6s plusでVR体験してみた

 

・Galaxy Gear VR

スクリーンショット 2017-03-01 13.27.20

出典;アマゾン

続いて紹介するのがGalaxy Gear VR。こちらはスマホ対応のVRゴーグルなのですが、対応しているスマホがGalaxyS6/S6 edge/S7 edgeのみとなっています。

しかし、スマホを使うVRゴーグルの中では珍しくヘッドトラッキングセンサーを搭載しており、他のスマホVRゴーグルに比べて映像の遅延が少ないのが特徴です。

専用コンテンツとしてOculusStoreがあり、100を超えるゲームや動画をダウンロードして楽しむことができるのも魅力の一つです。価格は14,904円と少々お高めですが、それに見合う性能とコンテンツが揃っています。

レビュー記事:Gear VRの評判は?実際に購入してレビュー

 

・Virtoba X5 VR BOX

61aoxc6sevl-_sl1000_

出典:アマゾン

最後に紹介するのがVirtoba X5 VR BOX。4.0〜6.2インチのスマホに対応しています。

このVRゴーグルの大きな特徴は、ゴーグル自体にヘッドフォンが付属していることです。それによって、より没入感を感じやすくなっています。価格は6,980円です。

レビュー記事:【レビュー】ヘッドホンのついたモバイルVRHMD「Virtoba X5」

 

スマホVRゴーグルを手軽に用意するには

vr-1992973_1280

出典:Pixabay

ここまで紹介してきたVRゴーグルは安くても5,000円前後からと、まだ手が出しにくい価格となっています。

もっとVRを気軽に体験していただくために、さらにお手軽に用意できるスマホVRゴーグルを紹介していきます。

Google Cardboard

unnamed

出典:Google Cardboard – 公式バーチャル リアリティ ヘッドセット – Google ストア

ダンボールとレンズから出来た簡単なスマホVRゴーグルで、ハコスコ社が販売しています。

対応アプリは限られていますが、その分価格が低く抑えられていて972円となっています。対応しているものとしては、YouTubeの一部動画やGoogleStreetViewなどが挙げられます。

レビュー記事:激安でVR体験!Cardboardの使い方と遊んでみた感想。

 

 1コインでスマホVRゴーグルを作成

ダンボールとレンズを買ってくることで、自分でスマホVRゴーグルを作成することもできます。

VRゴーグルを実際に作っているサイトもあるので、興味のある方は是非参考にしてみるとよいでしょう。

【DIY】簡易VRゴーグルを5分で作りました【自作】

100均の材料で「VRゴーグル」をDIY!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。VRゴーグルは価格も性能も様々な種類があります。

がっつりVRを楽しみたい場合はPCVRゴーグル、まずは少しだけVRがどのようなものか体験してみたい場合はスマホVRゴーグルを買うといいでしょう。

コンテンツもVRゴーグルを買ってすぐに楽しめるものが揃っています。

また、かけ心地は実際に付けてみないと分からないので、気になったVRゴーグルは家電量販店などで試着してみましょう。

あなたにピッタリのVRゴーグルを見つけて、VRライフを楽しんでいきましょう!

 

TECH::CAMP VRについて

TECH::CAMP VRは、日本で唯一VRを学べるコースであり、未経験からUnityを使ったVR開発を、実際にサービスを作りながら実践的に学んでいきます。

また、質問し放題のため、分からないところを質問しすぐに解決することで、どんどん新たなスキルをに見つけることができます。

この機会にUnityを使ったVRを学びませんか?

未経験からUnityを使ったVR開発をしたい方はこちら

pasted-graphic-1

絶対に挫折しないテクノロジー体験会で
最新のプログラミングを学ぼう

プログラミング体験会

TECH::CAMP』のプログラミング体験会なら、Webや人工知能、VRといった最新テクノロジーを無料で学べます。教室で講師に質問し放題なので、全くの未経験からでも絶対に挫折せずにやり切れます。

  • 実際にプログラミングを触れる
  • 質問し放題なので、疑問点が即解消される
  • テクノロジーをなぜ学ぶべきなのか明確になる
  • 人工知能やVRなど他では学べないテクノロジーが学べる

まずは一度プログラミングに触れてみたい方は気軽にご参加ください。なお月に1000名以上が参加するため、予約はお早めをオススメしております。

プログラミング体験会を詳しく見る

kaku_tomohiro kaku_tomohiro
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    記事をシェア→