テックキャンプのキャリア相談へ
資料請求はこちら

Unity 2018のベータ版がリリース。2017との違いは?

公開: 2018.04.24 更新: 2019.04.23

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

10年後も職を失わない人材になれる限定資料を見る

あなたは、世界的に高い人気を誇るゲームエンジンを搭載した開発環境「Unity」に興味はありませんか?

「名前は聞いたことはあるけれど、難しそうで手が出せない」「色々なバージョンがあって、どれを使えば良いかわからない」と悩んでいる方もいらっしゃると思います。そこで今回は、最新のベータ版がリリースされたUnity 2018について徹底紹介します。この記事を読めば、Unity 2018についてだけでなく、Unity 2017との違いや使うべきバージョンまで詳しく理解できるでしょう。

高品質なゲームの制作が可能で、プログラミングの入門にも最適なUnityの深い魅力に迫りたいと思います。

Unity 2018.2.0b1がリリース

ゲームの開発環境として高いシェアを誇るUnity 2018.2.0b1がリリースされて話題を集めました。まずは、Unity 2018.2.0b1が一体どのようなものなのかについて紹介します。

Unity 2018とは何か

世界的に高い人気を誇る「Unity」。ゲーム開発に必要な機能を持つゲームエンジンを備えた開発環境です。OSの違いなどでそれぞれの環境に合わせたプログラムを構築するのは、手間がかかります。

しかし、マルチプラットフォームに対応したUnityを使えば、クオリティの高いゲームを効率的に制作が可能。VR・AR・MRなどのコンテンツ制作にも使われています。そんなUnityの2018年度の最新バージョンがUnity 2018です。

ベータ版なので注意

ただし、今回リリースされたUnity 2018.2.0b1はまだベータ版です。新しい機能を早く試したい人にはおすすめです。また、ベータ版を使ってフィードバックすることで、Unity 2018の開発に貢献もできます。

ただし、安定稼働を求める場合にはUnity 2017のLTS版を使った方が良いでしょう。LTS版については後ほど詳しく紹介します。

Unity 2018のメジャーリリースはいつ?

Unity 2018.2.0b1は4月18日にリリースされました。

Unityのメジャーリリースは春・夏・秋の年3回と発表されています。Unityのイベントである「Unite 2018」が5月2日から開催されますので、このイベントの前後にリリースされることも考えられます。

Unityの新しいリリースプランについて

Unityは、今までとは違う新たなリリースプランを発表しています。どのようにリリースプランが変わったのか詳しく見ていきましょう。

LTSストリームについて

Unityはバグに対応するためにパッチリリースの仕組みを使って、スピーディーに対応してきました。しかし、それにより開発者にとって使うべきバージョンがわかりづらいという問題も生まれました。

そのような問題を解決するために、新しく登場したのがLTS(Long Term Support)版です。LTS版は機能の追加などは行われません。

その代わりにバグや問題などのサポートが2年間提供されます。この安定性の高い2年間のサポートが行われる流れがLTSストリームです。

TECHストリームについて

LTSストリームに対して、TECHストリームは年間で3回の機能面の向上を伴ったメジャーリリースが行われます。メジャーリリースが行われた後は、以前のバージョンのサポートが受けられなくなる点に注意が必要です。

3回のメジャーリリースを行った後の最後のバージョンがLTS版としてリリースされるというのが、Unityの新しいリリースプランとなっています。

これにより、ユーザーの幅広いニーズに応えることを実現。今まで以上にUnityは使いやすくなったと言えるでしょう。

ITエンジニアになって手に職をつけよう

今の仕事の将来が不安」「自信を持てるスキルがない」というあなた、ITエンジニアというキャリアを考えてみませんか。

エンジニアなら、
✔求人倍率8倍以上で仕事に困らない
✔一生使えるスキルを身について、副業やフリーランスという選択肢も増える
✔年収が高い仕事に就ける

日本最大級のプログラミングスクール・テックキャンプは今から行動すれば、10週間後にエンジニアに!

期間限定で受講料3万円OFFになるキャンペーンも実施中。迷っている方は、まずは無料カウンセリングで不安なことを相談してみてください。オンラインでも可能です。

新機能・変更点を解説

Unity 2018の新機能や変更点など、Unity 2017から大きく変わった点について解説します。

機械学習

Unity 2018は機械学習の機能が強化されています。

機械学習とは人工知能(AI)の研究分野の1つ。人間が明示的にコンピュータに指示をするのではなく、データを元に「コンピュータ自身に学習させる」技術です。

「教師あり学習」「教師なし学習」という2つの手法が、機械学習の分野では特に有名です。

Unity 2018は ML-Agents 0.3に対応し、Imitation Learningをはじめとするさまざまな機能が追加されています。

機械学習の機能を強化することで、NPCに人間の動きを学習させたり、端末の違いによって発生する問題を解決したりといった幅広い分野での応用が期待できます。

レンダリングパイプラインがカスタマイズ可能

上記の動画は、『Book of the Dead』と名付けられたUnity 2018のデモ動画です。進化した映像の美しさが実感できるでしょう。

Unityはこれまでレンダリングのプラットフォームがすべて同一でした。そのため、ハイエンドとローエンドの表現において、どちらにおいても中途半端になるという結果になっていたのです。

Unity 2018ではそのような問題点を改善するため、レンダリングパイプラインがユーザーによってカスタマイズ可能になっています。

開発者が状況に合わせてレンダリングパイプラインをカスタマイズできることで、きめ細やかなHDグラフィックスからモバイル向けまでさまざまな用途に対して最適なアプローチができます。

Unity 2018には、高画質レンダーパイプライン「High Definition Render Pipeline」軽量レンダーパイプライン「Light Weight Render Pipeline」の2つの基本的なレンダリングパイプラインが用意されています。

そこから、さらに細かく開発者の意図に合わせてカスタマイズが可能です。

Shader Graphも利用可能に

Unity 2018の大きな改善点の1つがShder Graphが利用可能になったことです。初心者からプロの方までその技術のレベルに関わらず、イメージに合ったシェーダーを作成できるようになりました。

Shader GraphはC#で作られているので、こちらもカスタマイズできます。

パフォーマンスがアップ

Unity 2018は基本的なパフォーマンスを向上を目指して開発されました。まず、データレイアウトの最適化により、CPUが使いやすい形でメモリのキャッシュが整頓されます。

それにより、効率的にコンピュータのスペックを発揮することが期待できます。

また、高性能なマルチスレッドシステムにより、簡単にマルチコアプロセッサの活用が可能。

このようなパフォーマンスの向上のもとになっているのが、「C# Job System」「Entity Component System(ECS)」の2つのフレームワークです。

そして、対象となるCPUへチューニングするという目的のために作られたBurstというコンパイラーを使うことで、さらならるパフォーマンスの向上が実感できるでしょう。

高DPIに対応

Unity 2018はWindowsの高DPIに対応しました。それにより、ディスプレイのスペックを最大限まで生かせるようになり、より快適な開発を可能にしています。

Unity 2018のロードマップについて

Unity 2018は、上記で紹介した新機能を軸にクオリティ・グラフィックス・パフォーマンス・プラットフォーム拡張・アーティスト向け機能の拡張と幅広い面での向上を目指しています。

これまでのUnityの開発によって培ってきた研究の成果が、結実する年になるのではないでしょうか。

Unity 2017とは

Unity 2017は2017年7月にリリースされたバージョンで、最新のLTS版はこのUnity 2017です。Unity 2018は、まだベータ版ですので安定して利用したい方はUnity 2017を使いましょう。

Unity 2017のUnity 5からの変更点とは

旧バージョンのUnity 5とUnity 2017の違いや変更点についてご説明します。Unity 2018の新機能と合わせて違いを知ると、Unityが進歩を続けていることを実感できるでしょう。

開発者の創造性を高める新機能

Unity 2017には開発者の創造性を高める多くの新機能が搭載されました。

Timeline

Timelineは、時系列に映像・音・カメラを配置して、シーケンスを組めるエディタウィンドウです。映画のようなコンテンツづくりに役立つ新しいビジュアルツールと言えるでしょう。

Cinemachine

Cinemachineは、コードを書かなくても映画監督が撮影を行うように使える手続き型のカメラシステム。被写体の撮影するポイントを設定して、カメラの動きをコントロールできます。

Post-processing

フィルターをシーンに適用して、ドラマチックで高品質な演出が可能なビジュアルアセットです。初心者でも簡単に使え、上級者はより美しい映像が作成できる利便性の高さが魅力言えるでしょう。

作業効率がアップ

最も大きな変更点は、Unity CollaborateとUnity Cloud Buildの2つで構成されるUnity Teamsによって、開発者がより簡単に共同作業ができるようになったことです。

また、Live-ops Analyticsを使えば、何度もデプロイすることなくゲームの調整ができます。

その他にも、FBXインポート・アニメーションワークフロー・2D機能・アセットバンドル・Visual Studio統合など、幅広い部分で作業効率をアップさせる改善がありました。

グラフィックスの改善

Unity 2017はパーティクルシステムとプログレッシブライトマッパーにより、イメージした通りの視覚効果・演出が得られるようになった。

また、iOS・NVIDIA VRWorksなどのプラットフォームサポートにより、グラフィックのパフォーマンスが改善している。

Unity 2017で使える言語

Unity 2017で使えるプログラミング言語や、廃止されて使えなくなった言語についてご説明します。

Unityで使える言語はC#

Unityは、Microsoftが開発したプログラミング言語であるC#が使用できます。C#はオブジェクト指向のプログラミング言語です。

Javaに文法は似ており、学習サイトなども豊富なので勉強しやすいプログラミング言語と言えるでしょう。ゲームのプログラミングがはじめての方でも、シンプルなゲームであればこのC#を使って作成できます。

ゲームがスムーズに作れるだけでなく、C#を学ぶための入門にもUnityは最適です。

Unityから廃止された言語も

JavaScript(UnityScript)

Unityで使えたJavaScriptは、正確に言うとUnityScriptという独自仕様のプログラミング言語です。このUnityScriptは 、Unity 2017で廃止されました。

JavaScriptと呼ばれていたものの、実際にはまるで別物となっていてJavaScriptを知っていると逆に混乱する場合もありました。そのような扱いづらい面もあったため、Unity 2017で廃止されたのではないでしょうか。

Boo(Python)

BooはPythonに似た文法で記述されるブログラミング言語で、Unity 5で廃止されました。使用率が低かったことがその理由でしょう。

Unite Tokyo 2018が開催

Unite Tokyo 2018が5月7日から5月9日まで開催されます。技術に対する講演やブースも出店される日本最大級のUnityのカンファレンス。リリースされたばかりのUnity 2018を詳しく知りたい方はマストなイベントと言えるでしょう。

Unityを利用したコンテンツ開発に携わる方はもちろん、スキルの向上をはかりたい方にもおすすめです。しかし、残念ながらチケットの販売は終了しているようです。

早期割引の段階で完売していることから、Unityの高い人気を実感します。

まとめ

今回は、リリースされたばかりのUnity 2018について紹介しました。現在はまだベータ版の公開なので、メジャーリリースが待ち遠しいという方も多いでしょう。Unity 2018は、最新の機能を使えることが魅力です。

しかし、問題が発生する可能性を下げ、安定して使いたい場合にはUnity 2017のLTS版を使うことをおすすめします。C#の学習にも最適で、手軽にゲームが作れるUnityをぜひあなたも体験してみてください。

未経験からのIT転職を叶えるテックキャンプが、今なら受講料30,000円OFF!

IT転職したいけれど、未経験からの転職は不安……」と思っていませんか。
テックキャンプでは、受講生の90%以上が非IT業界。未経験でも30代でもエンジニアに転職しています。転職成功率は98%以上!

挫折しやすいプログラミング学習も、テックキャンプには最後までやりきれる理由があります。
✔初心者でもわかりやすい学習教材
✔プロの講師に質問し放題の環境
✔学習から転職まで、徹底したサポート

今なら受講料が3万円オフになるキャンペーン開催中。2021年は行動して自分を変えましょう!

キャンペーンの詳細はこちら

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement