テクノロジー
初心者必見!Unityの使い方がよく分かるサイト10選

あなたは、ゲーム開発エンジンのUnity5を使ったことはありますか?

気にはなっていたけど、まだ使ったことがないというあなたにUnityの最新バージョン「Unity5」の基本的な知識とインストール方法や使い方、これまでのUnityと何が違うのかについておすすめサイトを紹介しながら解説していきます。

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行うTECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

出典:QufimのUnity記録

1.はじめに

Unity5入門の際に使えるおすすめのサイトや書籍を紹介してきます。その前に簡単にUnityについて説明します。

1-1.Unityとは?

出典:GigaziNE

Unityは簡単に3Dゲームやアプリを作成することができる、ゲームの統合開発環境です。
本来ゲーム制作には非常に高度なプログラミング知識をはじめ、キャラクターの動きを制御する機能、数学や物理学などの様々な分野の専門的知識が必要になります。

ゲーム制作の際、ゲームエンジンを使うことで開発を効率化することができます。
ゲームエンジンの一つであるUnityには、ゲーム制作に役立つ様々な機能が実装されています。
専門知識や高度なプログラミング技術が無くとも、ゲーム開発をスタートできる環境が整っています。

1-2.Unityでのプログラミングを知ろう

実を言うと、Unityではプログラミングをしなくても簡単なゲームならすぐに作成することが可能です。
Unityは充実したコンポーネントを提供して、自分でプログラムを書かなくていいようにしているからです。

1-3.ゲームエンジンとは

例えば何かゲームを作る時、「重力」や「反射」「光」などを0からプログラミングするのは手間がかかり、効率が悪いです。
さらにこれらのプログラミングはとても高度な数的処理が必要とされます。

そのような処理を自動で行ってくれるツールがあれば楽ですよね。
これらの処理を自動化し、開発者がゲームのオリジナルな部分に注力できるようにしたものが「ゲームエンジン」です。

Unity5の他にもUnrealEngine4など多くのゲームエンジンがあります。

1-4.コンポーネントとは


コンポーネントとは、特定の機能を持ち、単体で完結するプログラミング部品です。他のプログラムから呼び出されたり、連結されたりして使用されます。

例えば、Unityでゲーム内に坂を作ります。そこにボールを置きます。そして簡単なコンポーネントの設定をすれば、ボールは坂の上を転がっていくようにすることができます。

本来ならプログラミングで物理演算をしなければいけないところを、Unityではプログラミングなしで簡単に設定することができるのです。

では、どういった時にプログラミングが必要となってくるのでしょうか。
それは、「ある事象が発生したらこの処理をする」といった動きを追加する時です。

具体的には、以下のような時に必要となってきます。

  • ・スペースキーを押したらジャンプする
  • ・敵にぶつかったらHP(体力)が減る
  • ・HPが全てなくなったらゲームオーバーにする

このように、部分的にプログラミングをしていくイメージとなります。

ゲームエンジンであるUnityの機能を活用していくことで、複雑なプログラムを記述することなくゲームを作ることが可能となっています。

 

1-5.スクリプト言語について

UnityではC#, JavaScript(型付)を使用することが出来ます。

C#(シーシャープ)

出典:レンタルサーバー比較のツボ

Microsoft社がJavaなどをベースに独自に開発した言語です。
非常に洗練された言語で、初心者の方でも比較的簡単に取り組めるものとなっています。Unityで1番使用されている言語であり、Unity使用者の8割がC#を使っているとも言われています。

 
▼ゲーム制作に興味があるものの、プログラミングスキルに不安がある方におすすめの書籍です!

Unity開発を通じ、C#でのプログラミングを基礎から体系的に学べる一冊です。C#はUnityエンジニアにとって必須のスキルです。Unityを本格的に使いこなしたい方にとっては、必携の書籍です。

 

JavaScript

出典:udemy

Javaと名前が似ているのですが、それとは異なる言語です。
JavaScriptはブラウザに組み込まれている唯一のプログラミング言語であり、動的なサイトを構築することができます。


ただし、ブラウザなどに用意されているJavaScriptの文法とUnityで使用するJavaScriptの文法は微妙に異なっています。このことから、Unityで使用するJavaScriptはUnityScriptという別名でも呼ばれています。

1-6.Unityをインストールしよう

【初心者必見】Unity5入門編〜インストール方法〜使い方を徹底解説!

Unityのインストールを分かりやすく解説しています。簡単な操作も覚えられるのでこちらのサイトを参考にしましょう。

 

2.Unityの基本操作を覚えよう

Unityの基本操作を覚えるのに、最適なウェブサイトをご紹介します。

2-1.TECH::NOTE

【初心者必見】Unity5入門編〜インストール方法〜使い方を徹底解説!

対象:Unityをインストールしたばかりの方
目的:簡単な操作を理解する

上記と同じ記事です。簡単な操作や画面の見方についても書いてあるのでゲームを作り始める前に一度目を通しておきましょう。

2-2.Unityマニュアル(公式)

2-2.Unity マニュアル(公式)

対象:初心者
目的:最新のデータを得る

Unityの公式サイトです。さまざまなサービスの使用方法を学べるように構成されています。必要に応じて、最初から最後までじっくり読んだり、リファレンスとして使用することができ、常に最新の情報を提供しているので困ったら公式サイトを見るようにしましょう。

3.Unityの使い方おすすめサイト5選

では早速Unityの使い方が載っているおすすめサイトを厳選して5つ紹介します。

3-1.ドットインストール

出典: ITまとめ盛りだくさん

ドットインストール Unity入門

対象:入門
目的:Unityの使い方を覚える
作るもの:ボールゲーム

プログラミングレッスンの人気サイト「ドットインストール」のチュートリアルです。3分動画で分かりやすく必要な知識や使い方が解説されています。

1本の動画が長くても3分台で作られているで飽きずに続けることができます。動画学習サービスは他にもたくさんありますが、このドットインストールでは1本の動画が長くても3分台で作られているので、途中で飽きずに進めることができます。

また、更新も頻繁に行われるので常に新しい技術に触れることができます。実際にプロダクトを作りながらUnityの使い方を覚えるには最適です。Unity初心者の方はまずこちらから始めてみましょう。

3-2.Unity入門OpenBook

出典:Unity入門 OpenBook

対象:初心者
目的:ゲームの基礎を学ぶ
作るもの:ブロック崩し、立体迷路

Unityでゲームを作成しているエンジニアの方々がまとめた、入門サイトです。
ブロック崩しゲームの開発を通じ、Unityによるゲーム開発の基礎を身に付けられます。

プログラミング知識があると分かりやすいです。画像とテキストで操作の手順が分かりやすく解説されています。

3-3.はじめてのUnity

出典:チュートリアル はじめてのUnity

対象:初心者〜中級者
目的: Unityの使い方を覚える
作るもの:シューティングゲーム

はじめてのUnityとなっていますが、レベルはやや高めです。特に2Dシューティングのチュートリアルはかなり濃い内容となっており、これを完成させればUnityに関する知識は一通りついたと言えるでしょう。

3-4.Unity3D で FPS 作ってみるチュートリアル

出典:Unity3D で FPS 作ってみるチュートリアルその1

対象:初心者
目的:ゲームを作る
作るもの:FPSゲーム

Unityを使ってFPSゲームを作ります。いよいよゲームらしくなってくるので楽しみながらゲームを作ることができます。

プレイヤーの視点がゲームに組み込まれるため難しそうなイメージがあるかもしれませんが、実際にはUnityを用いるとすぐに実装することができます。Unityの便利さを改めて実感することができるでしょう。

 3-5.[超初心者向け]Unityチュートリアル「はじめてのUnity」のブロック崩しと同等をC#で

[超初心者向け]Unityチュートリアル「はじめてのUnity」のブロック崩しと同等をC#で::(1)ステージ配置 Unity Unity 5.1 Unity3D Unity3D チュートリアル チュートリアル 初心者 初心者 game game

対象:初心者
目的:C#でブロック崩しを作る
作るもの:ブロック崩し

ゲームの基礎であるブロック崩しを作ります。「超初心者向け」という題名の通り、とても丁寧に解説してあります。

4.VR開発にチャレンジしてみよう!

Unityの操作になれてきたら、VRアプリケーションの開発にチャレンジしてみましょう!

「VR開発」というと、とても敷居の高いことのように感じるかもしれませんが、Unityがあれば決して難しくはありません。
厳選したチュートリアルサイトを、二つご紹介します。

4-1.VRを始めよう!サンプルアセットと学習用チュートリアル – Unity Blog

VRを始めよう!サンプルアセットと学習用チュートリアル
VR開発の初心者向けに用意された、Unity公式のチュートリアルです。
チュートリアルに従って開発をすると4つのサンプルゲーム、そしてそれらを選択するメニュー画面までを一通り作成することができます。
解説が充実しているので、サンプルを改変し、オリジナルのゲームを作ることもできるようになるでしょう。
とりあえずVRのサンプルに触れ、開発を始めてみたい方に最適のチュートリアルです。

4-2.【Unity】Google Cardboardで始めるVR開発入門 – おもちゃラボ

unity入門サイト
Unityを使い、視線の先にキノコを植えるVRアプリケーションを作ってみようという、初心者向けのチュートリアルです。
Google Cardboard向けに解説がされているため、HTC ViveやOculus Riftといった高価なデバイスが無くても気軽に開発をはじめられるでしょう。
開発のはじめの一歩に、ぴったりのサイトです。

4-3.フレームシンセシス VR開発メモ

unity入門サイト2
VR開発の様々なデバイスでのノウハウが詰まったサイトです。
各デバイスごとの設定やコントローラーの値の取得など、実践的な開発を行う際に必要になる情報が網羅されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー