プログラミング未経験からでも月50万円達成

【ARアプリ】オススメのアプリ5つを厳選紹介!

作成: 2018.02.23

あなたは、ARアプリを使用したことがありますか?

また、どんなアプリがあるのかご存じですか?最近のVRの技術の発展とともに、ARもまた大きな注目を集めています。iOS11からは、AR対応アプリが作成できる開発者向けキット「ARKit」が登場。iPhoneやiPadでも気軽にARが試せるようになり、一気にARアプリが身近な存在になりました。

当記事ではそんなARを使ったオススメアプリケーションを紹介していきます。

AR技術の特徴は?

ARとVRはどのような違いがあるの?

まずは、ARの読み方について説明します。

ARは英語で「Augmented Reality」の頭文字を略しています。日本語へ翻訳すると「拡張現実」となります。

ARとは現実世界を基礎として、そこにバーチャルな新たな情報を重ねて表示。擬似的に現実を「拡張」するものです。

気になるAR(拡張現実)とVR(仮想現実)との違いはどこにあるのでしょうか。

一番の違いはARは現実世界をベースにしているのに対し、VRの特徴は仮想世界をベースにしているところです。

VRは360度全方位に「もう一つの世界・空間」として仮想現実を作り上げます。「仮想現実への没入感」が、その最大の魅力だと言えます。

一方、ARはあくまで現実世界が基礎です。AR技術は交通事故シミュレーションなどにも活用されています。

ARを使用したアプリはどのようなものなのか

160723_pokemon_go_fitness-thumb-640x360-98178

スマートフォンに内蔵されているGPS機能で、位置情報をゲームに反映したARアプリが代表的な例です。代表作には「ポケモンGO」があります。

GPS機能より現在の位置情報を取得し、その位置情報をゲームに反映してアプリケーションの動作を決定するシステムです。一般的に「位置ゲー」と呼ばれています。

 

空間や画像などを使用したアプリ

スマートフォンのカメラで、現実の空間やARマーカーと呼ばれる白黒の画像を読み込ませ、認識させるアプリケーションです。

idmarker-1

左記の白黒画像がARマーカーと呼ばれるものです。あなたもどこかで1度くらいは目にした事があるのではないでしょうか。

ARマーカーの読み取り専用アプリで撮り込むと、暗号のようなARマーカー内から情報を変換し私たちにわかるように表示します。

引用:ARの認識|ARアプリナビキャラ

ハマるARアプリ5選

IKEA Place

新生活や引っ越しなどで、家具を新調することがあるかと思います。

その時、とても重宝するのが、スウェーデン発祥の世界最大の家具量販店IKEAのアプリです。

AR機能が搭載されており、スマートフォンのカメラを通じ、好きな場所に実際に家具を置いたようなAR映像を確認できます。

家具を購入する時は「家の雰囲気に合いそう」と思って購入したのに、いざ置いたら合わなかった・・・など、ガッカリすることが減ります。

日本では2018年現在、iOS向けにアプリが提供されています。

iOS : IKEA Place

星座表

天体観測がお好きな方や、キャンプがお好きな方にピッタリな星座早見表アプリです。

アプリを起動し、星々にスマートフォンのカメラを向けると、カメラが捉えた星々がどのような星座なのかを教えてます。
星座に詳しくない方でも気軽に天体観測ができますので、夜出掛ける時にダウンロードしておくと重宝しそうですね。

星座表:iOS/Android

アメミル

ゲリラ豪雨やにわか雨など、急な雨にビックリする時ありますよね。そんな、お悩みを解消してくれるのが、「アメミル」です。

スマートフォンのカメラを雨が降りそうな気になる方角に向けると、雨のアニメーションと雨雲として映像に合成し、自分の周囲10km圏内の降雨情報を教えてくれます。

 また、冬になると雨だけでなく雪の降雪情報も教えてくれますよ。

アメミル:iOS/Android

Quiver – 3D Coloring App

大人だけでなく、お子さんと一緒に遊べるアプリをご紹介します。

こちらのアプリは、まず専用サイト(http://colarapp.com/ja/)から塗り絵をダウンロードして印刷します。

それから、実際に色を塗り、塗り終えた紙をアプリから読み取ると、なんと先程塗り絵をした動物たちが命が宿ったかのように画面内で動き出します。

紙に書いた絵から動物が飛び出す様は、小さいお子さんには喜ばれること間違いなしです。
休日に一緒に遊んでみるのは、いかがでしょうか。

Quiver – 3D Coloring App:iOS/Android

AR Missile – Automatic Target Tracking

ストレス解消!大迫力のミサイル攻撃アプリをご紹介します。

まず、アプリを起動後、スマーフォンのカメラより対象物を読み込みます。画面をタップすると読み取った対象物全てにミサイル攻撃ができるアプリです。

手元が狂いカメラの映像がぶれてしまっても、1度ロックオンした対象物をミサイルが追尾し撃破してくれます。ミサイルが命中した時の映像は、大迫力で必見です。

AR Missile – Automatic Target Tracking:iOS

さいごに

ARアプリをいくつかご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。
ARアプリは、これからもどんどん発展を遂げますので、今後もいろいろなアプリが誕生することが期待されます。

AR技術を日常生活に取り入れて、便利に活用していきましょう!

テクノロジースクールTECH::CAMPで10年後も仕事に困らないスキルを身に着けませんか?

TECH::CAMPはこれからのテクノロジー時代で結果を出せる、次世代のビジネスパーソンを育成するスクールです。
体験会の申し込みへ

この記事を書いた人

kaku_tomohiro