ITキャリアの悩みをカウンセラーが解決! 無料ITキャリア相談はこちら

「優秀な人材ほど辞める」理由とは。定着させる方法を解説

作成: 2019.12.04

>>2020年テクノロジー業界に挑戦すべき5つの理由

不安定な時代を生き残るための限定資料はこちら

優秀な人材とは。9つの特徴と採用する方法も解説」では、優秀な人材の特徴や、採用で見極める方法を解説しました。

しかし「優秀な人材ほど会社を辞めてしまう」という話もよく耳にします。

そこでこの記事では、優秀な人材ほど会社を辞める理由や、優秀な人材の流出を防ぐ方法を解説します。

優秀な人材ほど会社を辞める理由

晴れて優秀な人材を採用できても「優秀な人材ほど辞めてしまう」という話をよく耳にします。

その理由はどこにあるのでしょうか。以下で見ていきましょう。

「優秀な人材」の視点で会社を評価するから

優秀な人材とは。9つの特徴と採用する方法も解説」で説明した通り、優秀な人材は5年後・10年後を見据える力があります。

そのため自分が「優秀だ」と思える先輩が生産性の低い仕事を任せられているのを見て「こんなことを任される会社にはいたくない」と思うことも。

その結果、会社に将来性を見出せず、自ら辞めてしまうのです。

年功序列で評価に不満

若者が評価されにくい年功序列制度は、若手の優秀人材が辞める原因の一つ。

すぐれた成績を出しても見合ったインセンティブを得られず、働きがいを見失って辞めるのでしょう。

連鎖退職が起こる

職場のリーダー的存在だった優秀な人材が辞めると、それに続く人がいます。

それまで「辞めた方がいいのかも」と思う程度だったものが、身近な優秀な人が辞めることで決断に至るケースも。

会社で優秀な人材の流出が継続的に起こる場合、この連鎖が原因である可能性があります。

優秀な人材が退職する会社の特徴

優秀な人材が辞めてしまう会社には、以下のような特徴があります。

いちいち上司への確認が必要

いちいち「お伺い」を立てたり根回しが必須だったりする環境は、優秀な人材にとってストレスフルです。

自分に裁量権を与えられないことに嫌気がさし、辞めてしまう原因になります。

保守的でチャレンジ精神が認められない

優秀な人材は、つねに先を見据え行動する力があります。

しかし所属する会社が従来の考え方やシステムに固執していると、身動きが取れないでしょう。

将来性が見えない

優秀だと感じる先輩や上司が任されている仕事に将来性を見出せないと、たちまち不安に感じます。

優秀な人に納得のいくポストが与えられない状況も「このままこの会社にいていいのか」と疑問に感じる原因になります。

人間関係が複雑

人間関係が複雑な職場は非常に働きにくいでしょう。

例えば「〇〇派」などがあったり、若手を尊重しない文化があったりすると、仕事のモチベーションを高く保てません。

「若手」というだけで権限を与えられない

若手というだけで権限が与えられなかったり、軽視されたりする職場では、優秀な若手が活躍できません。

年齢にかかわらずチャレンジする機会が与えられないと、若手でも裁量権を与えられる職場を求めて転職してしまいます。

評価基準が曖昧

曖昧な評価基準は、優秀な人材に不信感を与えます。

評価基準が属人的で透明化されていないと「ここではどう頑張っても評価されない」と思う原因になります。

労働環境がブラック

長時間労働・休日出勤が当たり前の職場環境では、優秀な人材にかかわらず働き続けるのが困難になります。

労働に見合った報酬が得られないことも辞める原因になるでしょう。

期間限定で受講料が60,000円お得!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職9/16~22限定で60,000円お得!
◎受講生の3人に1人がオンライン受講。満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

優秀な人材を確保し定着させるには

優秀な人材を確保し定着させるには、透明性・柔軟性のある組織づくりが重要です。

意思決定のプロセスを明確に

「誰の承認を得ればいいのかわからない」組織では、スピード感を持って業務にまい進できません。

意思決定のプロセスを明確に、誰もが確認できる状態にしておけば、あらゆる業務をスムーズにできるでしょう。

革新的アイディアを受け入れる

何かアイディアが出たら、採用・不採用は後で判断し、まずは「積極的に検討する」ことを大切にしましょう。

そしてアイディアを出したこと自体を評価する文化を作ります。

目標を明確に提示する

忙しい目標管理を徹底しましょう。

会社全体で目指すべき到達点・チームで目指すべき到達点を提示し、そこから個人個人の目標設定を行います。

全体・チーム目標が社内で自由に見られる環境が整えばなおよいでしょう。

定期的な面談を行う

定期的な1on1を実施するなど、対面でのコミュニケーションを大切にします。

そうすることで、社員に安心感を与えられます。また、ヒアリングで辞める兆候を見抜くことにもつながるでしょう。

評価制度に透明性を

属人的な評価制度は廃止し、評価軸を共有しましょう。

評価に透明性を持たせられれば、社員からの不信感を下げられ「頑張れば認められる体制」を整えられます。

働き方に柔軟性を持たせる

優秀な人材は多くの企業から声がかかります。

声がかかった企業でより働きやすい環境が得られれば、その企業を魅力的と感じるのは当然でしょう。

そのような事態を避けるために、自社にも柔軟な働き方ができる環境が必要となります。

リモートワーク・テレワーク導入、副業OKなど、あらゆる働き方ができる体制を整えましょう。

優秀な人材が働きやすい環境を構築しよう

優秀な人材の採用を目指すのも重要ですが、採用した優秀な人材がすぐに会社を辞めてしまえば元も子もありません。

今回紹介した「優秀な人材が退職する会社の特徴」に当てはまる部分があれば改善し、優秀な人材が働きやすい環境を構築しましょう。

3人に1人がオンライン受講!60,000円お得な今がチャンス!

「オンライン受講だと、学習をやりきれるか不安…」と悩んでいませんか?

転職成功率99%のテックキャンプ エンジニア転職では、「やり切れる」オンラインスタイルが大好評!

9/22までの期間限定で受講料が60,000円お得な今がチャンス。

まずは無料オンラインカウンセリングで、エンジニアへの第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。