プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決!

仕事にプレッシャーを感じてしまう原因とは?乗り越えた時のメリットも紹介

作成: 2019.11.14 更新: 2019.11.13

>>副業・フリーランスという働き方
個人で稼げるスキルを!独立まで完全サポート

「仕事のプレッシャーに押しつぶされそう」
「ノルマを達成するのがしんどい」
「このまま仕事を続ける自信がない」

あなたはこう感じていませんか。

そこで本記事では、仕事のプレッシャーを感じてしまう主な原因を紹介。プレッシャーを乗り越えることで得られるメリットについても解説します。

仕事のプレッシャーは多くの人が感じている

まず、仕事でプレッシャーを感じるのはあなただけではありません。

以下のように、プレッシャーを抱えながら仕事をしている人はたくさんいます。

気持ちがポジティブなときは「やりがいのある仕事」と捉えられるものでも、ふと気が緩んだ瞬間「責任感」や「プレッシャー」が大きくのしかかってくることがあります。

そうなると頑張った先の「結果」にとらわれるようになり、うまく仕事を進められない「負のループ」に陥ることも。

ただ、プレッシャーを感じること自体は決して悪いことではありません。大切なのはプレッシャーを受け入れ、プレッシャーとうまく付き合うことなのです。

緊張とプレッシャーは似ているようで違う

プレッシャーと同様の言葉として「緊張」があります。しかしこの2つには違いがあります。

一般的に「緊張」は「心臓がドキドキ」「体がこわばる」といった身体的な状態のこと。一方で「プレッシャー」は精神的な圧力や圧迫を指します。

基本的には「絶対に成功させたい」「失敗できない」といったプレッシャーが先に発生し、そのような思考から「心臓がドキドキ」「体がこわばる」といった身体的な緊張状態が発生します。

つまり、緊張状態には身体的なアプローチで、プレッシャーには精神的なアプローチで対処する必要があるのです。

仕事にプレッシャーを感じてしまうおもな原因

では、あなたが仕事でプレッシャーを感じてしまう要因は何なのでしょうか。

ここでは代表的な5つの理由を紹介しましょう。

期待されすぎている

悩みあなたは現在、実力とは大きく異なる仕事を任されているのかもしれません。

そのような仕事に対し、初めは「ビッグチャンス」と感じても、進めるうちに「やはり自分の今の実力ではしんどい」「この仕事はもう辞めたい」と自信をなくしてしまうことがあります。

あるいは「期待に応えなければ」と、自らプレッシャーを生み出しているとも考えられます。

失敗によって何らかの損失が出てしまうと考えすぎてしまう

担当するのが大きなプロジェクトであればあるほど、動くお金も大きくなります。

成功させられれば、会社の利益となり、自分の大きな実績にもつながるでしょう。しかし失敗させれば会社の損失となり、周囲にも迷惑をかけてしまいます。

そのような「失敗した時のケース」を考えすぎると「絶対に失敗できない」という思考に陥ります。そして、過度なプレッシャーを生み出してしまうのでしょう。

仕事のノルマ・納期に追われている

あなたは自分に厳しすぎるノルマや納期を与えていませんか。責任感の強い人は、設定したノルマ・納期を「厳守しなければ」と思いがちです。

もちろん、ノルマや納期を守るために頑張ること自体はよいことです。しかしそれが過度なプレッシャーとなり、パフォーマンスに悪影響が出てしまうのは考えもの。

もし、厳しすぎるノルマや納期であれば、今一度自分の実力を見直し、設定し直す必要もあるでしょう。

上司や先輩に怒られたくない

あなたが今の仕事にプレッシャーを感じているのは、その前に同様の仕事で失敗し、上司や先輩に怒られたからではないでしょうか。

あるいは今の仕事の中で何かミスをしてしまい「もう失敗できない」という思考に陥っているとも考えられます。

仕事でミスを指摘されるのは仕方ないこと。しかし周囲からの評価を気にしすぎると精神的に疲れてしまいます。

完璧主義が自分を追い込んでいる

悩み「仕事を完璧にこなそう」という気持ちが強すぎるあまり、自分を精神的に追い込んでしまうことがあります。

また、仕事を「自分一人で達成しよう」という気持ちも、プレッシャーにつながりやすいです。

仕事をできる限り少ないコストで完璧にこなそうとする考えはとても大切。しかし過度な完璧主義は、大きすぎるプレッシャーを生み出しかねません。

仕事のプレッシャーによるデメリット

プレッシャーは過度なストレスを生み、仕事上のパフォーマンスを下げてしまうことも。

ここではそのようなプレッシャーによるデメリットを3つ解説しましょう。

ストレスが溜まる

「もう失敗できない」
「絶対に成功させなければ」

このようなプレッシャーは、過度なストレスに発展することもあります。

例えばプレッシャーが要因で「なかなか寝付けない」「休日も仕事をしてしまい疲れが取れない」という状態。

これでは身体的・精神的な疲労が抜けず、パフォーマンスを向上させられないでしょう。

焦りでミスが生まれる

過度のプレッシャーは、気持ちの焦りを生み出します。

「この仕事に失敗したらどうしよう」という不安が大きくなると、目の前の仕事に集中できません。結果ばかりにとらわれ、常に先々のことが心配になってしまう原因になるのです。

そして気持ちが焦り、足元をすくわれるようなミスが発生することもあります。

1つの仕事を終えた途端急に意欲を失ってしまう

プレッシャーを仕事の原動力にしていた場合、その仕事を終えた途端、いわゆる「燃え尽き症候群」に陥ることも。

仕事で周囲に評価されることや、失敗しないようにすることばかりを気にすると、燃え尽き症候群になる可能性が高くなります。

そうではなく、仕事によって得られる「経験」を重視することが大切でしょう。

将来の不安はスキル習得で解決

「ずっと今の仕事を続けるのは不安」「将来収入があがる職につきたい」「やりたいことがない」

いま、日本では多くの若者がそう感じています。あなた1人じゃありません。
毎月数千人の方がTECH::EXPERTの無料キャリア相談に参加しています。

プロと話してキャリア構築を少しでもクリアにしませんか?

仕事のプレッシャーを乗り越えることによって生じるメリット

仕事のプレッシャーをうまく乗り越えられると、以下のようなメリットが得られます。

自らが成長できるきっかけになる

「自分の実力ギリギリの仕事」や「今までに経験のないプロジェクト」でプレッシャーを感じている場合、乗り越えれば大きな成長につながります。

現在の実力で達成できるかどうかわからない仕事に対しては、全力で取り組む努力をするでしょう。その結果自分のスキルアップにつながるのです。

また経験のないプロジェクトは、あなたの貴重な「経験」になります。たとえ目標が達成できなかったとしても、その経験は自分の中のデータベースとして蓄積され、次につなげられるのです。

仕事に対して自信がつく

プレッシャーを乗り越えた経験は、あなたに自信をもたらします。

「今の実力では無理かも」と言う不安を払拭するために、あなたは一生懸命努力するでしょう。

勉強したり、先輩に積極的に相談して知識を得たり、なんどもプレゼン練習を重ねたり。

そのような努力によって得られた結果は貴重です。成功すれば「自分でもここまでやればできるんだ」という自信につながるのです。

何事にも代えがたい達成感を味わえる

大きなプレッシャーを感じるほどの仕事をやり終えた時の達成感は凄まじいです。プレッシャーを感じていればいるほど、解放された時ややりきった時は心地よいもの。

それがチーム全体のリーダーとしての仕事であれば、チームメンバーとともに頑張ってきた分、関わってきた人が多ければ多い分、達成感も大きくなります。

そしてこの達成感が、次の大きなプロジェクトに取り組む原動力となるのです。

仕事のプレッシャーを乗り越えるには考え方と行動が大切

仕事でプレッシャーを感じているのはあなただけではありません。大事なのは、プレッシャーを受け入れ、正しく対処することです。

仕事でのプレッシャーを乗り越えるための必要な考え方と取るべき行動を解説」では、プレッシャーを乗り越えるために大切な考え方や具体的な対策を解説しています。

ぜひあわせて読み進めてください。

TECH::EXPERT(テック エキスパート)でプログラミング未経験からWebエンジニア転職・フリーランスの夢をかなえませんか

TECH::EXPERT(テック エキスパート)はプログラミングが全くの未経験の方がWebエンジニアに転職したりフリーランスとして活躍するまでをサポートするスクールです。

・手に職をつけて10年後も活躍できる人材になりたい
・Webエンジニアとして転職したい
・フリーランスとして場所に縛られずに自由に働きたい

まずは無料キャリア相談(無料カウンセリング)に参加してみてください。毎月1000名以上のお申込みをいただいているため、すぐに日程が埋まってしまいます。予定が合う日があればすぐに予約がおすすめです。

無料カウンセリングの日程をみる

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。TECH::NOTEではITの最先端を学びつつ記事を書いています。