無料キャリア相談はこちら
資料請求はこちら

【帰省も原因に】夏は実はストレスが溜まりやすい季節!今日からできるストレスに打ち勝つ方法を紹介

更新: 2019.08.19

>>転職成功人数3200名以上 テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

夏は、長かった梅雨が明けて、シーズナルなイベントも多いテンションが上がる楽しい季節。お盆休みの計画を立てて、心待ちにしている方も多いでしょう。

しかし、夏は気づかないうちにストレスが溜まりやすい季節でもあります。

「夏が終わると疲れ切っている」
「毎日楽しいけれど少し疲れているかも…」

このような状態に陥らないために、この記事を読んで夏にストレスが溜まりやすい理由とその対策について理解しましょう。

夏は気づかないうちにストレスが溜まりやすい

楽しいイベントが多く、お盆休みなどの連休がある夏。晴れる日も多く、お出掛けにもぴったりの季節です。

しかし、夏は気づかないうちにストレスが溜まりやすい季節でもあります。以下でその理由について見ていきましょう。

湿度や暑さなど天候が過酷

厳しい暑さ・強い日差し・湿度の高さなど、夏の天候はそれだけでストレスになります。まわりの環境が過酷になれば、体調をキープするだけでも体は疲れていくでしょう。

暑さ対策や水分補給は意識的に行うことが重要です。

楽しいこともストレスになる

つらいことだけでなく、楽しいこともストレスになります。友だちにあったり、家族と出かけたりといったイベントが続けば、気づかない間にストレスは溜まるもの。

知らない場所に行ったり、はじめて会う人に関わったりといった機会も夏は増えます。夏は刺激的で楽しいことが多いですが、それもストレスになることを忘れてはいけません。

開放感で疲れやストレスに気づきづらい

長い梅雨が明けて、天気がよい日が続くと心が開放的になりやすいです。また、日照時間も長いので、1年の中でも活動的になる時期と言えるでしょう。

そして、休みをムダにしたくないという気持ちから、ついついスケジュールを入れてしまいがち。オールナイトで遊ぶ人もいらっしゃるのではないでしょうか。

気分が高揚していると、疲れやストレスが溜まっていることに気づきづらくなります。そのため、「夏が終わったらグッタリしてしまう」という状態になってしまうのです。

夏休みの子どもの世話が大変

子どもにとってはうれしい夏休みですが、親にとっては食事の準備などの世話が大変になります。

特に共働きの家庭であれば、その負担は大きいでしょう。「やってあたり前」という考えはやめて、夫婦でお互いに疲労が溜まらないようにすることが大切です。

時には、「外食をする」「出前を取る」「家事代行を依頼する」など、休むタイミングを設けましょう。可能な年齢であれば、家事をイベント化して子どもと一緒に行うという方法もおすすめです。

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

帰省もストレスの原因になる

お盆休みなどの長期連休で帰省をする方も多いでしょう。この帰省も夏のストレスの原因になる場合があります。

生活環境や習慣が異なる

実家・義実家は、住んでいる環境も生活習慣が異なります。

これは、特に家事を手伝う機会が多い妻にとっては大きなストレスになるでしょう。

自分だけならまだしも、小さい子どもがいれば、生活のリズムの崩れはとてもつらいものです。

気を使ってしまう

義両親は関係性の近い他人です。普段から関わりがあるわけではないので、会話も弾みづらいもの。

また、どのようなお土産も買っていけばよいのか悩む方も多いでしょう。そして、子どもがいれば迷惑をかけないようにしなくてはいけないとさらに気を使います。

独身であっても実家でも久しぶりだからと、結婚の話や将来の話をされることも考えられるでしょう。のんびりしたくて帰ってきたのに、逆にうんざりして疲れる場合もあるのです。

嫁ハラ・婿ハラを受ける場合も

読売新聞オンラインによると、既婚者の中で帰省した5割がなんらかのストレスを感じ、4割が嫁ハラ・婿ハラを受けたことがあると答えています。

「子どもはいつできるのか?」「いつもちゃんとご飯は作っているの?」といった質問をはじめ、服装にダメ出しをしたり、自分たちの価値観を押し付けたりなど嫁ハラ・婿ハラの形はさまざまです。

そのような発言をする両親・義両親は悪意がなく、無意識に加害者となっている場合も多いです。

帰省にお金がかかる

帰省先が遠方であれば、飛行機代・電車代・高速料金・ガソリン代などさまざまなお金がかかります。そのような帰省にかかるお金の捻出も少なからずストレスになるでしょう。

夏のストレスに打ち勝つ方法

以下で、夏のストレスに打ち勝つ方法について解説します。ストレスフリーな生活を手に入れて、夏を最大限に楽しみましょう。

良質な睡眠を心がける

ストレスをケアして体調を整えるには、しっかり寝ることが基本です。

エアコンのタイマーを活用して、室温をコントロールすると寝苦しい夜も快適に眠れるでしょう。

夜の睡眠だけでは疲れが取れない時には、昼寝の時間を取ることもおすすめです。

栄養をしっかり摂る

暑いと食欲が落ちやすいですが、ごはんをしっかり食べましょう。こまめな水分補給も大切です。

ゴーヤやトマトなどの夏の旬の野菜を食事に取り入れると、美味しくヘルシーに食事が楽しめるでしょう。

お風呂にゆっくり入る

夏はエアコンで体が冷えてしまうことも多いです。暑い夏だからこそ、ゆっくりお風呂に入ってリラックスしましょう。

すっきりとした香りのミントなどの入浴剤を使うなど、湯上がりもさっぱりする工夫をすると快適。

お風呂に入って汗を流せば、気持ちよく眠りにつけるので一石二鳥です。

時には誘いを断る勇気も大切

プール・海水浴・キャンプなど、夏はレジャーが楽しめる季節です。また、イベントなども多く開催されます。

誘いがあると、人付き合いを大切にしたいという気持ちから、多少ムリをしてでも行きたくなると思います。しかし、時には誘いを断る勇気も必要です。

心と体の調子を整える休む日もスケジュールに入れましょう。コンディションがよくなれば、最大限に夏を満喫できます。

帰省しない

帰省にストレスを感じるなら、そもそも「帰省しない」という選択もアリ。帰省は必ず行うことという思い込みを捨てましょう。

帰省して自分の元気な姿を見せるのは何よりも親孝行です。孫の顔を見せればよろこぶでしょう。ただし、それでストレスを感じて体調を崩してしまっては意味がありません。

申し訳ないと感じるのであれば、素直に帰省がストレスになることを伝えて、別の日に帰るという方法もあります。

もしも言いづらいのであれば、「帰省の時間が取れない」「お金の負担が大きい」など、帰省できない理由だけを伝える方法もおすすめです。

どうしても帰省しなければならない時の心構え

どうしても帰省しなければならないのであれば、「受け流す」「相手を立てる」「真に受けない」という心構えを持ちましょう。

会話を誠実にまじめに受け取っていると、嫌味な皮肉にうんざりしてしまいます。「生活の習慣が違い、世代も異なるのですから、理解し合うのには限界があるでしょう。

何よりも大切なのは、夫婦間でコミュニケーションを取り、お互いにストレスが軽減できるようにケアすることです。もしも、帰省が大きなストレスになるのであれば、素直に伝えて対策を考えることをおすすめします。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement