ピックアップ
【2019年版】Webデザインで知っておきたい最新トレンド10選

2019年は、どのようなWebデザインがトレンドとなるのか興味はありませんか?

新たな技術・デバイスの登場やニーズの変化により移り変わりの激しいWebデザインの世界。トレンドをいち早く押さえておきたいと考える方は多いでしょう。

そこで今回は、知っておきたいWebデザインのトレンドを10のカテゴリーに分けて紹介します。

トレンドの背景となるオリジナリティやユーザビリティといったポイントを押さえ、あなたのWebサイト製作にぜひ生かしてみてください。

2019年のWebデザイン最新トレンドのポイント

まず、2019年のWebデザイン最新トレンドのポイントとなる、オリジナリティとユーザビリティについて解説します。

後ほど紹介する2019年のWebトレンドの流れを捉える上で、基本となる知識ですのでしっかり押さえておきましょう。

オリジナリティをアピールするデザイン手法

他のWebサイトとの差別化をはかるオリジナリティを押し出したデザイン手法が、2019年は人気を集めるでしょう。

ブロークングリッドレイアウト・アシンメトリカルレイアウト・グリッチデザイン・イラストや動画の使用などが、個性的なWebデザインを手がける上で役立ちます。

オリジナリティを高めることができれば、Webサイトをユーザーに強く印象付けられるでしょう。

ユーザビリティへの考慮

目を引くだけでなく、ユーザービリティへの配慮もWebデザインにおける重要なポイント。

インフォグラフィックを使えば、ユーザーは視覚的に素早く情報が把握できます。また、Webサイトのイメージを印象づける上でも効果的。その他にも、インタラクティブなマイクロインタラクションやチャットボットの導入もユーザビリティの向上に役立つでしょう。

そして、デザイン性だけでなく、PCやスマホなど幅広いデバイスに対応したスピーディーで快適な動作も大切です。Googleは、Webサイトの閲覧にスマホを利用するユーザーが増えていることから、モバイルフレンドリーなWebサイトの製作を推奨しています。

ユーザーの利用環境を想定した、UXを高めるWebデザインが2019年はさらに求められていくでしょう。

オリジナリティの確立やユーザビリティの向上につながるWebデザインのトレンドは、以下の10のカテゴリーに分類できます。

■【2019年版】Webデザイントレンドの10のカテゴリー
  1. 柔らかくナチュラルなデザイン
  2. インパクトのあるタイポグラフィ
  3. 個性が際立つブロークングリッドや非対称なレイアウト
  4. レトロで近未来的なグリッチ・アート
  5. 清潔感がありアクセントがつけやすいモノトーン
  6. フラットデザイン2.0
  7. イラスト・動画の活用
  8. ユーザビリティの向上
  9. Fluid Interface(フルドインターフェイス)
  10. チャットボットの導入

以下で、1つ1つ解説していきますので、ぜひWebサイト製作に役立ててみてください。

1.柔らかくナチュラルなデザイン

動きや人間らしさを感じさせる柔らかくナチュラルなWebデザインは2019年のトレンドとなるでしょう。

流体シェイプを使った美しいデザイン

水滴・波紋のようななめらかなカーブを描く流体シェイプは、抽象的・幻想的な雰囲気を演出します。直線的なWebデザインと比較すると、ナチュラルで非対称な構造が作りやすいため、アピールしたい要素に奥行きを与えられるでしょう。

2019年のWebデザインのユーザビリティというトレンドと、使いやすさ・快適さを感じさせるという部分でリンクしています。

洗練された印象を与えるドロップシャドウ

画像挿入:Google アプリ – Android や iPhone でアプリをダウンロード https://www.google.com/search/about/#/howtogetit

Googleの推奨するマテリアルデザインの登場により、ドロップシャドウを利用するWebサイトは増えています。

画面に立体感を与えるドロップシャドウをやわらかく使えば、やさしく洗練された印象を与えるでしょう。また、現実の影のつき方を再現することで、ユーザーが直感的に操作がわかるというメリットもあります。

マテリアルデザインについては、下記のGoogleのWebページで詳しく説明されていますので参考にしてください。

参考サイト:Design – Material Design

2.インパクトのあるタイポグラフィ

インパクトのあるタイポグラフィは2018年から見られますが、2019年もトレンドとなるでしょう。太字で濃い色を使ったタイポグラフィは視認性が高く、ポイントをユーザーに確実に伝えられるインパクトがあります。

はっきりと言い切った印象があるので、頼もしさ・信頼感・安心感の演出にぴったりです。

Appleはこのインパクトのあるタイポグラフィを効果的に活用しています。

3.個性が際立つブロークングリッドや非対称なレイアウト

Webサイトの個性を際立たせたいというニーズを満たす、ブロークングリッドレイアウトやアシンメトリカルレイアウト。これらの手法も、2019年のWebデザインのトレンドとして注目しましょう。

躍動感を生むブロークングリッドレイアウト

ブロークングリッドはあえて要素を崩して並べることで、遊び心や躍動感を感じさせます。 整然とした印象を与えるグリッドレイアウトはわかりやすくバランスが取れたデザインとは対照的です。

ノングリッドデザインはさらに自由な印象

ブロークングリッドよりもさらに自由なノングリッドデザイン。ノングリッドデザインは、あえて規則性・法則性を持たせません。

それにより、さらにオリジナリティが出しやすく、他のWebサイトとの差別化がはかりやすいです。ただし、グリッドレイアウトよりもバランス・余白・レイアウトをしっかりと考える必要があるので、デザインには時間がかかるでしょう。

ユーザーの関心を誘導する非対称なレイアウト

左右が非対称な動きのあるレイアウトは、グリッドデザインを見慣れたユーザーの目には新鮮に映るでしょう。オリジナリティが出せる手法として人気が高まっています。

テクスチャの重ね合わせ・不規則なパターン・効果的な空白・タイポグラフィの配置など、さまざまな手法を駆使すれば、グリッドレイアウトとは異なる新鮮な印象が与えられるでしょう。

4.レトロで近未来的なグリッチ・アート

画面の歪み・ノイズ・映像のシワといった効果によって、Webサイトにオリジナリティを与えるグリッチ・アート。

ワープ・歪み・グリッチエフェクトを駆使して、グリッチ・アートを取り入れれば、ややレトロで近未来的な印象になります。Webサイトで独創的な空気感を醸し出したい場合に有効な手法と言えるでしょう。

 

TECH::EXPERTでプログラミング未経験から
Webエンジニア転職・フリーランスの夢をかなえませんか
テックエキスパート

TECH::EXPERT』はプログラミングが全くの未経験の方がWebエンジニアに転職したりフリーランスとして活躍するまでをサポートするスクールです。

  • 手に職をつけて10年後も活躍できる人材になりたい
  • Webエンジニアとして転職したい
  • フリーランスとして場所に縛られず自由に働きたい

まずは無料キャリア相談(カウンセリング)に参加してみてください。月1000名以上のお申し込みをいただいているため、ご希望の日が埋まることがあります。予定があえば今すぐのご予約をお願いします!

無料カウンセリングの日程をみる

Kimura Hiroto Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、TECH::NOTEでの執筆を担当。好きな食べ物は豆腐。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー