リクルートホールディングス人事が語る。息をするように学び成長できる環境とは?

近年急速なIT化、グローバル化を成功させているリクルートグループ。その本社機能であるリクルートホールディングスでは、グループ全体のITに関する人事戦略の立案・実行に取り組んでいます。

常に進化を遂げるリクルートの人材開発について、新人育成を担当する林さんにこだわりや今後に取り組みたい内容などをお伺いしました。

IMG_4385

プロフィール 林 輝葉さん
リクルートホールディングスIT人材開発部所属。2011年にリクルート新卒入社し、人事部に配属。2013年より本社であるリクルートホールディングスに出向し、IT・グローバルなど中長期的なテーマを見据えた採用施策の企画運営や広報を担当。
 

現在は、リクルートグループの更なるIT化に向けた組織開発を念頭に1000人を超えるグループのIT人材の効果的な活用や成長支援の仕組みを検討。

IMG_4358

過去数年続いた新人研修を見直し、新たな学びの場づくりに奮闘中

──今年から研修を刷新されたとお伺いしました。どういう新人研修を提供されているのですか?

社内のIT関連の部署に配属される新人を対象に、オンラインとオフラインを織り交ぜたプログラミング研修を作りました。

リクルートでは2011年にIT職種専用の採用コースを立ち上げてから、入社後全員にオフラインでのプログラミング研修を実施してきました。

そのプログラム自体は非常に内容の濃いものになっていましたが、より早期での立ち上げと新人それぞれの保有スキルに合わせた学習機会が提供できないかと考え、今年から新しい形での研修実施に至りました。

──どういう経緯でこういった変更をすることになったのですか?

きっかけは、新人たちの声です。同じタイミングで入社する新人でも、プログラミングスキルや性格はそれぞれ異なるため、研修に対する要望も様々でした。

例えば基礎からしっかり教えてほしいという声もあれば、その反対で、発展スキルだけを重点的に勉強したいという声もありました。

これらの声に全員参加の講義形式での研修で応えていくことに限界を感じて、研修のやり方を見直してみることにしました。

普段から育成担当として新人たちと接する中で、彼らが持つ学習意欲の高さや学びへのこだわりには驚かされていています。

そんな彼らの中から湧いてくる純粋な意欲を損なわず、自分が最も効果的と思えるやり方で学べるようなオーダーメイド型の研修にしたいと考えてTECH::CAMPさんと新しい研修プログラムを共同開発しました。

──新しく出来た研修の良いところはどこですか?

自分のペースで学習できるところです。単にそれぞれのプログラミングスキルや学習速度だけでなく、それぞれの生活スタイルにも合わせて、学習のペースを調節できるということもポイントです。

今回から、希望者には内定者期間から研修を受けられるようにしているんです。そうなると研修を受ける時間や場所が様々になるのですが、ベースがオンライン教材ということもあり、地方だけでなく海外からの受講も可能になりました。

また、毎日11時から23時までならいつでもオンラインとオフラインの両方で質問できるため、研究や課外活動に忙しくオンラインでしか受講できない新人も、教室に通ってオフラインで学習するのと同じように効率良く学べる環境が整っています。
※インタビュー当時の情報です

2016-03-01 17.16.36

 「息をするように学び、成長できる環境」でイノベーションは生まれる。

──今後は、どういったことにチャレンジしていきたいのでしょうか?

これまでの“決められた業務を行うために必要な基礎トレーニング”という意味合いの育成から、“個々人の想いを行動に移すために最適な機会提供”を行って成長をサポートする育成への進化を実現したいと考えています。

新たな価値というのは個人の強い想いから生みだされるものだと思っているので、社員が学びたい、挑戦したいと思うことは迷わず自ら行動に移していけるような状態を作りたいです。

目指す姿としてリクルートグループを「息をするように学び、成長できる環境」にすると掲げています。

今回の研修体制を第一歩として、今後もこの思想を様々な人事施策へ反映し形にすることで、何か新しいことをやりたいという想いを持って入社をしてくれた仲間たちのポテンシャルを最大限引き出せればと思っています。

IMG_4402
林さん、貴重なお話ありがとうございました!

徹底的に成果にこだわったプログラミング研修

人材最大手、総合商社といった一部上場企業からベンチャーまで、TECH::CAMP研修は様々な企業様から成果の出る研修として選ばれています。

プログラミング研修

  • 研修を設計したものの受講生のモチベーションがあがらず成果につながらない
  • 最終的な成果が見えづらく社内で研修の意義を説明できない
  • スケジュールや実施方法など柔軟に設計したいものの、研修会社の都合で画一的な研修しか実施できない

このような課題はありませんか?『TECH::CAMP研修』では、週次でのモチベーション面談やキックオフの実施などで受講生を徹底サポート。また、週次レポートやオンライン管理画面といった研修担当者向けのサポートも充実。成果にこだわり抜いたTECH::CAMP研修の詳細をぜひご確認ください。

資料請求はこちらから

真子 就有(まこ ゆきなり) 真子 就有(まこ ゆきなり)
TECH::CAMP(テックキャンプ)・TECH::EXPERT(テックエキスパート)を運営する株式会社divのCEOです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー