ITキャリアの悩みをカウンセラーが解決! 無料ITキャリア相談はこちら

VRIA京都のAR/VR専門家育成フルプログラムが登場 オンライン受講も可能

作成: 2020.09.16

>>2020年テクノロジー業界に挑戦すべき5つの理由

不安定な時代を生き残るための限定資料はこちら

VRイノベーションアカデミー(VRIA)京都による、AR/VR専門家育成フルプログラムが2020年10月5日(月)に開校します。

世界各国のAR/VR専門家による最先端の授業を、教室だけでなくオンラインでも学ぶことが可能です。

これからのウィズコロナ時代にさらなる需要が見込まれる「AR/VRのエキスパート」を目指すためのスキルと知識を身に着けることができます。

この記事では、その概要を紹介します。

VRIA京都によるAR/VR専門家育成フルプログラム

出典:VRイノベーションアカデミー京都

まずは、運営元であるVRIA京都と、プログラムの概要を紹介します。順番に見ていきましょう。

VRIA京都とは

株式会社クロスリアリティが運営するVRIA京都は、ウィズコロナ時代にますます注目されるAR/VRの専門家を育成する最先端アカデミー。

京都府のよる全面的なバックアップと、AR/VR分野における世界的企業・EON Reality社との業務提携で設立されました。

同分野のエキスパートを育成・輩出することで、教育機関や産業界の様々な課題の解決を目指します。

VRIA京都のAR/VR専門家育成フルプログラムの内容

本プログラムは、EON Reality社が培った20年に及ぶ経験を活かした世界基準の体系的なカリキュラムです。

AR/VR開発に求められる全てのプロセスを網羅するだけでなく、起業家を育成するモジュールも含まれた幅広い内容が特徴です。

半年間という短い受講期間で、AR/VR開発者、2D/3Dアーティスト、ジェネラリスト、そして起業家を目指すためのスキルを身に着けることができます。

AR/VR専門家育成フルプログラム受講の概要

出典:VRイノベーションアカデミー京都

ここでは、受講の概要やカリキュラムについて説明します。受講を検討している方は参考にしてください。

受講スケジュール・料金

講義は、太秦・東映京都撮影所内のVRIA京都にて、最新のAR/VRデバイス機器を用いて行います。

期間は半年間で、週5日・平日の17~21時(夜時間帯)に開催。学生はもちろん、社会人でも受講しやすい環境といえるでしょう。

講義は全115回開催され、知識移転における基礎学習を学ぶ1学期(3ヶ月)と、プロジェクトベースの学習を行う2学期(3ヶ月)で構成されています。

料金は税込みで110万円となります。1回あたりの受講料は9,565円、1時間あたりの料金は2,391円です。

世界各国のAR/VR専門家による最先端の授業

世界各国のAR/VR専門家による講義は、リアルタイムで海外からリモートで実施し、VRIA京都にいるスタッフが通訳を行う形で進行。本プログラムならではの、最先端の内容を学ぶことができます。

また、新型コロナウイルス感染症の今後の動き次第では、講師が来日しての現地講義も予定されています。

オンライン受講でどこでもAR/VRを学べる

講義は、京都太秦にある教室での受講のほか、オンライン受講にも対応しています。

SlackでのコミュニケーションやQ&Aサポート、講義の録画動画配信、PC環境サポートなどフォロー体制も完備されており、好みや都合に合わせた環境でAR/VRを学ぶことが可能です。

期間限定で受講料が60,000円お得!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職9/16~22限定で60,000円お得!
◎受講生の3人に1人がオンライン受講。満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

世界の最先端のAR/VRスキルをオンラインで学ぼう

最先端のAR/VRが学べる、VRIA京都のAR/VR専門家育成フルプログラムを紹介しました。

ウィズコロナ時代、AR/VRの知識とスキルはますます必要とされるでしょう。

興味のある方は、オンラインで安心してどこからでも学べる本プログラムの受講を検討してみてはいかがでしょうか。

3人に1人がオンライン受講!60,000円お得な今がチャンス!

「オンライン受講だと、学習をやりきれるか不安…」と悩んでいませんか?

転職成功率99%のテックキャンプ エンジニア転職では、「やり切れる」オンラインスタイルが大好評!

9/22までの期間限定で受講料が60,000円お得な今がチャンス。

まずは無料オンラインカウンセリングで、エンジニアへの第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

篠崎友耶
編集・ライターとして、主に制作会社や編集プロダクションなどで勤務したのち株式会社divに入社。 趣味は、歴史関係(史跡巡りや読書)、御朱印集め、国内外のサッカー観戦など。好きなチームはバレンシアCF。 好きな言葉は『士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし』