プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決! 無料キャリア相談はこちらから

スマホの画面をテレビに映すには?おすすめの方法を紹介

作成: 2020.07.16

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

スマホをテレビに接続すると、ゲームや動画を大画面で楽しめます。

本記事では、スマホの画面をテレビに映す方法について解説しましょう。

スマホはテレビに接続できる?

必要な機器類をそろえることで、スマホはテレビに接続できます。

接続方法は、無線接続と有線接続の2種類。接続する端末や用途によって、接続方法が異なります。

スマホをテレビに接続する方法

スマホをテレビに接続する方法について、有線・無線それぞれの接続方法を説明します。

有線ケーブルでつなぐ

1つ目の方法は、有線ケーブルによる接続方法です。

ケーブルを用いてスマホとテレビを接続することで、スマホの画面をそのままテレビ画面に映します。これを「ミラーリング」と言います。

接続する際には、スマホの端子とテレビ側の端子(HDMI)とをつなぐ変換アダプタ、そして双方の接続ケーブルが必要となります。

iPhoneの場合

iPhoneであれば「Lightning Digital AV アダプタ」が必要です。これは、iPhone側の端子であるLightningコネクタとテレビ側の端子であるHDMIを接続するための機器です。

Androidの場合

一方、Androidスマホの場合は機種によって異なります。

端子がMicroUSBである場合は、使用しているスマホが「MHL」と呼ばれる規格に対応しているかを確認する必要があります。

MHLに対応している場合は、MHL変換アダプタが利用可能。対応していなければ、有線接続ができないので注意してください。

また、端子がUSB Type-Cである場合は、使用しているスマホが「DIsplayPort Alternate Mode」と呼ばれる規格に対応しているかを確認する必要があります。

これに対応している端末のみ、変換アダプタを利用できます。

Androidの場合は、接続を試す前に確認事項があること、すべての機種がテレビと接続できるとは限らないことに注意が必要です。

無線でつなぐ

2つ目の方法が、無線接続です。

無線接続では、セットトップボックスと呼ばれる機器をテレビに接続し、スマホとWi-Fiで接続することで利用できます。

使用しているスマホによって、利用できるセットトップボックスは異なります。代表的なものを4つ紹介しましょう。

Apple TV

1つ目は、Apple TVです。iPhoneで利用可能なセットトップボックスとなります。

Apple TVをテレビに接続したら、あとはiPhoneのコントロールセンターで画面ミラーリングを選択し、接続先を設定するだけで利用が可能。

iPhone側には、ミラーリングをするために専用のアプリをインストールする必要がなく、少ない手間でミラーリングできるのが特徴です。

Miracast

2つ目はMiracast。Miracastは、スマホの画面を無線を介してテレビに表示するためのものです。

テレビ側に接続するMiracastレシーバーについては、多くの製品が発売されているのが特徴です。

また、最近ではテレビ自体にMiracastの機能を搭載している場合もあります。

Chromecast

3つ目は、Googleより発売されているChromecastです。

Chromecast本体は、テレビのHDMI端子に接続して使います。また、Google Homeアプリをインストールしてスマホで操作することができます。

Fire TV Stick

4つ目は、Amazonより発売されているFire TV Stickです。Chromecastとは異なり、スマホではなくリモコンとなる本製品を使用するのが特徴。

ミラーリングを行う際には、AirReceiverと呼ばれる専用のアプリをFire TV Stick内にインストールする必要があります。

コロナ禍でも安心してエンジニア転職ができます

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験から約99%がエンジニア転職を実現しているプログラミングスクールです。 テックキャンプはコロナ禍でも安心して受講が可能。「徹底したサポート」「やりきれる学習環境」を自宅で学べるオンラインスタイルと感染防止対策を徹底した教室受講のどちらでも提供しています。 キャリアに悩む前に、まずはテックキャンプの無料カウンセリングを受けてみませんか?

有線と無線どっちがおすすめ?

無線と有線、それぞれ特徴が異なります。

ここではメリットを紹介しますので、ご自身が気に入った方を購入してみてください。

有線のメリット

有線接続のメリットは、主に以下の2つ。

通信が安定している

ケーブルを介した通信では、他の電波などの影響を受けることがないため、音声や映像が遅れることはありません。

価格が安い

有線接続では、専用のアダプタ・ケーブルが必要となります。用意するものは多いですが、それぞれの費用は比較的安価です。

一方、無線接続ではセットトップボックスのみが必要ですが、ケーブルよりも値段が高くつくことが多いです。

無線のメリット

無線接続のメリットは主に以下の2つ。

自由度が高い

無線接続では、ケーブルを使わないので場所にとらわれることなくミラーリングできるのが特徴です。

一方、有線接続の場合はケーブルの長さによって行動範囲が制限されます。十分に長いケーブルを使用しても、絡まったり引っかけてしまったりしてストレスが溜まってしまいがちです。

充電しながら使える

無線接続では端子を使うことがないので、ミラーリングしている最中に充電ができます。

一方、有線接続の場合はスマホの端子をアダプタに接続する必要があります。したがって、充電しながらの使用はできません。

スマホを大画面で楽しもう

この記事では、スマホの画面をテレビに映すための方法について解説しました。

有線・無線、それぞれの接続でメリットが異なり、さらにスマホの機種によっても接続方法が異なることが分かりました。

自身に合った接続方法を選べば、ストレスを感じることなく、大画面でゲームや動画視聴を楽しめるでしょう。

読むだけでIT転職で有利になる!限定資料を無料で公開中

テックキャンプ エンジニア転職では、未経験からIT業界に挑戦するために押さえるべき6つのポイントをまとめています。

以下のような疑問はありませんか。資料で詳しく解説します。

・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・いきなりフリーランスで自由に働くことはできる?
・IT業界転職における35歳限界説は本当なの?

読むだけで転職が有利になる限定資料をダウンロードしてみてください。

資料を無料でみる

この記事を書いた人