オンラインでプログラミングを習得した人の話を読む

パソコンを処分する前にやっておきたいデータ消去の方法を解説

作成: 2020.05.21 更新: 2020.05.20

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

未経験から10週間でエンジニアへ!転職事例はこちら

パソコンを処分するための7つの方法と基礎知識について解説」では、パソコンの処分方法について解説しました。

この記事では、パソコンを処分する際に気をつけたいデータ消去の方法について詳しく解説します。

安心・安全にパソコンを処分したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

パソコン処分前のデータ消去の方法

パソコンは、情報漏えいを防ぐためにデータ消去が必須です。以下で、その方法について解説します。

専用のデータ消去ソフトを使うのがおすすめ

パソコンを処分する時のデータ消去は、専用のソフトを使うのがおすすめです。

初期化やファイル削除では情報漏えいへの対処は不十分。データ復元ソフトなどで、消したはずのデータを復元されてしまう可能性があるからです。

メーカーなどが推奨しているデータ消去方法や専用ソフトを使うと、復元される危険性を抑えることができます。

参考サイト:当協会の会員が推奨するデータ消去プログラム : パソコン3R推進協会

物理的に記録媒体を破壊する

ハードディスクなどの記録媒体を、ハンマーなどで物理的に破壊するというデータ消去の方法です。

または、分解して使用できない状態にするという方法もあります。一見するとシンプルで安全に思えますが、この方法にはリスクや懸念点もあるので注意が必要です。

まず、完璧に壊したと思っても、重要な部分は無傷というケース。もう1つは、有害な物質が飛散してしまい身体に悪影響を与える場合もあります。

強い磁力で磁気的にデータを破壊する

強い磁気を与えることでデータの読み書きを不可能にし、データ消去を行なうという方法です。

記録媒体は、磁気を利用してデータを保存しています。強い磁気を与えるとその動作が不可能になるので、確実性の高いデータ消去の方法と言えるでしょう。

ただし、家庭にあるような磁石程度の磁気ではデータは破壊できません。強い磁力を与える専用の機材が必要となるので、業者への依頼が無難な選択です。

記録媒体を取り外して処分する

ハードディスクなどの記録媒体を取り外してから、パソコンを処分するという方法もあります。

データ漏洩などのリスクは防げますが、根本的にデータ消去とは異なります。

また、外したハードディスクを処分する方法を別に考えなくてはならない点に注意が必要です。

データ消去を行なう時間がなく、十分な処置ができない場合などに覚えておくとよいでしょう。

パソコンを処分する時に知っておきたいポイント

パソコンを処分する時には、「データ消去まえにバックアップを取っておく必要がある」などの、知っておきたいポイントがあります。

以下で解説しますので、初めてパソコンを処分する時にはしっかり理解しておきましょう。

データ消去前にバックアップを取っておこう

パソコンは、データ消去前にバックアップを取っておかなければ復元できません。

買い換えを行なう時には、バックアップを取るか新しいパソコンにデータ移行してからデータ消去を行いましょう。

バックアップには、ローカルで外付けのハードディスクに保存したり、クラウド上にアップロードしておいたりといった方法があります。

データの移行に不安がある場合には、データの消去も含めて専門のサービスを利用するとよいでしょう。

プリンタ・キーボードなどの周辺機器は処分方法ごとに確認が必要

パソコンと合わせて、プリンタやキーボードを処分したいという場合もあるでしょう。

そのような時は、パソコンと一緒に処分ができるか確認が必要です。処分方法によっては、別扱いになることも考えられます。

「一緒に処分できるだろう」と思っていたのに処分できず、有料の粗大ゴミとして捨てなければならない場合もあります。

周辺機器も一緒に処分したい時は、処分方法によってどのような扱いになるのか必ず確認しましょう。

自治体の回収ボックスでの処分は放置されるリスクがある

自治体の回収ボックスを利用した処分は、無料で利用できます。とても手軽ですが、処分のルールを間違えると回収されずに放置されるリスクがあります。

そのまま放置されると、第三者が持ち去ってデータが悪用される危険性も。自治体の回収を利用する際は、処分のルールをしっかり確認して、データ消去も必ず行いましょう。

テックキャンプはオンラインでも最高の学習環境を提供しています

キャリアに悩んだら、テックキャンプ エンジニア転職の無料カウンセリング(キャリア相談)を受けてみませんか。

「年収を増やしたい」「エンジニアに興味がある」「IT業界転職に興味がある」こう思っている方は、ささいなことでもプロのカウンセラーに是非相談してみてください。カウンセリングを受けた99%の方が悩み解決を実感しています。※2018年10月24日~11月16日(アンケート回答数106名)

現在オンラインカウンセリングを実施中。パソコン・スマホで自宅から受けることができます。オンラインカウンセリングのやり方は、URLを開くだけで簡単なので心配ありません。

コロナウイルス感染症拡大対策の影響もあり、自宅で過ごすことが増えています。
テックキャンプは、オンラインでの学習が可能です。オンラインでも、テックキャンプならではの徹底したサポートと『やりきらせる学習環境』を変わらずご提供します。

パソコンは正しく処分して資源として活用

パソコンの処分は手間がかかるので、面倒に感じるかもしれません。

とはいっても、パソコンには資源として活用できる貴重な素材が使われているため、積極的に再利用したいところです。

適切なパソコンの処分方法を選び、資源としての活用に協力しましょう。

挫折せずにやり切れる!テックキャンプならではのオンライン学習とは?

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。転職成功率は99.0%オンラインで学習が可能です。※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

テックキャンプの魅力は教室だけではありません。オンライン・オフラインどちらでも、テックキャンプならではの徹底したサポートと「やり切らせる学習環境」を提供します。

オンラインでプログラミングを習得した方のインタビューをぜひ読んでください。オンライン学習の感想や学習をやりきるコツがわかります。

オンラインでプログラミングを習得した人のインタビューをみる

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。