無料キャリア相談はこちら
資料請求はこちら

どうしてもコミュニケーションに苦手意識を感じてしまう人に試してほしいこと

更新: 2021.07.15

>>転職成功人数3200名以上 テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

「どうやってもコミュニケーションがうまくならない…仕事に支障が出ることもある」

生活でも仕事でも求められるコミュニケーション能力。

誰でも高められるかというと、実はそうではありません。向き不向きは確かにあるのです。

しかし、コミュニケーション能力が低いからといって悲観的になる必要はありません。視点を変えて、あなたがもっと得意なことを伸ばしていくのも一つの方法です。

そこでこの記事では、コミュニケーションに対する苦手意識を解消するコツと、あなたの得意を活かしていく考え方などについて解説します。

コミュニケーションのハードルを上げすぎていないか

まず一度考えてほしいことは、あなたが本当にコミュニケーションを苦手としているのかについて。
会話の中で相手の感情を正確に読み取ろうとしたり、言葉遣いを気にしすぎていたりしませんか。

心当たりがあるなら、あなたは自分の心の中でコミュニケーションに対するハードルを上げすぎている可能性があります。

相手の感情を正確に読み取れる人はまずいません。そして、正しい言葉遣いをいつでも徹底できる人も多くはないでしょう。

コミュニケーションは多少食い違いや伝え方の正誤はあっても、自分と相手の気持ちが通じていれば基本的に問題はありません。

時にはうまくいかないこともあるでしょう。しかし、そのような失敗も経験の一つとして、コミュニケーション力をアップさせる糧になるものです。

完璧なコミュニケーションや会話を目指しすぎていることが、あなたの苦手意識を増幅させているケースも考えられます。

リラックスするとうまくいくことも

難しく考えることなく、リラックスしてコミュニケーションをとると、意外とうまくいくこともあります。

もちろん、私たちの生活の中には緊張せずに会話するのが難しい場面もあるでしょう。

特に仕事では、自分より立場が上の方や社外の方とコミュニケーションをとることも珍しくありません。

そんな時でも、一度リラックスしてみましょう。おすすめの方法は、最善のケースを考えることです。

相手と会話が弾み、自分も気分よくコミュニケーションがとれた状況を思い浮かべてください。気分が少し楽になります。

相手としても、悪い形でやりとりを終えたいなどとは考えていないはず。自然にやれば相手も意識してくれて、問題は起こりにくいです。

特にコミュニケーションに対して慎重な人ほど、ミスは少なくなるもの。前向きに考えて心を落ち着けることが成功につながります。

成功経験が苦手意識の解消につながる

コミュニケーションの上達には、経験を積むことが重要です。

失敗した経験も無駄にはなりませんが、成功経験が増えるほど、苦手意識は解消されていきます。

そのためには、恐れずにいろんな人と接触することが肝心です。

あなたに無理のない範囲で構いません。コミュニケーションを図りやすい人との接触回数を増やして、成功経験を積みましょう。

すると、すんなり苦手意識がなくなることもあるのです。

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

どうしてもコミュニケーションの苦手意識がなくならない時は

どんな対策をしても苦手意識がなくならず、コミュニケーションが上達しない…
このような場合は、視点を変えてみましょう。

コミュニケーション能力は生活においても仕事においても必要とされるスキル。

しかし、コミュニケーション能力が低いからといって、何もできないなんてことはありません。

あなたなりの武器が必ずあるはずです。

あなたの得意な部分を伸ばそう

あなたの周りに、誰とでも気さくに話せて、話を弾ませることが得意な人はいませんか。いわゆるコミュニケーション能力の高い人です。

では、誰でもこのような人になれるかというと、そうではありません。

得意なことの定義を「他の人よりも高いパフォーマンスを発揮できること」とするなら、誰でもコミュニケーション上手になれるわけではないことがわかるでしょう。

レベルの高いコミュニケーションを実現するには、スキルの有無や得手不得手が関係してくるのです。

このように考えるならば、苦手なコミュニケーションを伸ばすことよりも、他の部分であなたの得意なことを伸ばした方が効果的だと感じませんか。

苦手分野を成長させるよりも、得意分野を成長させる方が効率もよく、あなた自身の負担になりにくいものです。

コミュニケーション以外の部分であなたの得意なことを見つけ、そこを伸ばしていきましょう。

仕事を見直してみよう

先ほど、仕事にもコミュニケーションが求められると説明しました。コミュニケーション不足が原因で、仕事に支障が出ることも珍しくありません。

あなたにも同じような経験があるならば、周りの人とコミュニケーションをとる機会が少ない仕事に就けないか考えてみましょう。

コミュニケーション能力はあって損はないものの、なければ仕事ができないわけではありません。

自分一人で作業を行うことの多い仕事であれば、最低限のコミュニケーションで済ませることも可能です。

上司に相談して異動を検討してもらったり、別の職種に転職したりするなどの対策を考えてみるべきでしょう。

人と関わることが少ない職業の例

では、人と関わることが少なく、一人でできる職業にはどんなものがあるのでしょうか。

以下の記事で、その例を紹介しています。本記事と合わせてご覧ください。

人とあまり関わらない仕事20選!なぜ人と接しない仕事が増えているのか?

フリーランスとして働くことも検討する

在宅で働けるフリーランスになることで、社内の人とコミュニケーションをとる機会は減ります。
また仕事によっては人と会話することが少なかったり、連絡をメールやチャットツールのみで行うというケースも。

例えば、Webライターやプログラマー、アフィリエイターなどが該当します。

そのような仕事ならば、コミュニケーションに自信がない人でも続けやすいでしょう。

もちろん、フリーランスで働くことは会社に勤める以上に厳しい道になる可能性があります。

本当にフリーランスとして働けるかどうか、一度考えてみるといいでしょう。

人間関係の見直しも考える

人間にはそれぞれ性格やタイプに特徴があり、それによって相性の良し悪しも変わります。

そのため、相性がよくてコミュニケーションがとりやすい人と、そうでない人がいるのも事実です。

もしあなたが周りの人とのコミュニケーションにつまづいているならば、あなたと相性のよい人が周りにいないという可能性も否めません。

その人たちとの関係性を断つ必要はありませんが、もっと相性のよい人を探し、人間関係を見直してみるのもいいでしょう。

例えば、あなたと同じ趣味を持つ人と接するのも一つの方法です。

同じ趣味を持つ人であれば、考え方や好きなことなども似ている可能性があります。そうなれば、コミュニケーションもとりやすいでしょう。

SNSを活用してみよう

同じ趣味の人を見つけようとしても、あなたの身近にいるとは限りません。そんな時に役立つのがTwitterなどのSNSです。

SNSでは、ユーザーが自分のプロフィール欄に趣味や特技、好きなことなどを書き込んでいる場合があります。ユーザーの趣味嗜好を知った上で関係を持てるというメリットがあるのです。

顔も名前も知らない相手だとしても、SNSでやりとりをするうちに仲よくなれることも。

そのような人ができれば、実際に会ってみるのもいいでしょう。相性が合う人であれば会話も弾み、あなたが自分に足りないと感じていたコミュニケーション力に自信を持つきっかけにもなります。

ただ、最近はSNSやネットを起因とする事件が増えています。他のユーザーと関わる中で危険を感じたら、無理に接触しないのが吉です。

習い事を始めてみるのもおすすめ

同じ趣味を持つ人と出会う場として、習い事を始めるのもおすすめです。

スポーツ教室やプログラミング教室では、同じ空間に多くの人が集まります。

その人たちはあなたと同じ目標を持っていたり、似ている境遇にある可能性が高いです。

一緒にやっていく中で、新しい人間関係に発展することもあるでしょう。

ネットとは違い、初対面の人と顔を合わせながらコミュニケーションをとる場になるので、うまくいけば格段に自信がつきます。

劣等感を感じすぎず、できることから

生活の中でコミュニケーションの機会は多く、うまくできる人はその能力の高さに注目されがち。
その分、うまくできないと、劣等感を感じてしまうこともあるでしょう。

もちろん、コミュニケーション能力が高いに越したことはありません。だからと言って能力の優劣が決まるというわけでもないのです。

あなたにはあなたのできることがあります。それを伸ばしていき、コミュニケーション能力を補えるレベルになれば問題ありません。

そのために、現在の仕事や人間関係の見直しなど、できることから始めてみましょう。

そういった環境の変化が、あなたの眠れるコミュニケーション能力を目覚めさせるきっかけになる可能性もゼロではありません。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Avatar
新卒でベンチャー企業の営業に就職。残業がほぼない会社だったため、仕事が終わったら趣味のブログを書く毎日を送っていました。3年ほど勤めて退職し、ブログをきっかけにテックキャンプ ブログでライターデビュー。好きなものはマンガ、テニス、イラスト、サメです。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement