プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決! 無料キャリア相談はこちらから

高額の収入が得られる副業とは?稼げる仕事&副業を探す時の注意点を解説

作成: 2019.01.30 更新: 2019.07.24

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

報酬が高額の副業をしたいと考えていませんか?

サラリーマンの平均年収は下降傾向になっています。副業で稼ぎたいという方も多いのではないでしょうか。

収入を上げたいという目的で副業を開始するのであれば、報酬が高額なものを選びたいところです。

そこでこの記事では、高収入が見込める副業について紹介します。

副業をしたいけど何をすれば良いかわからないという方は、ぜひ参考にしてください。

※2019/3/22追記:関連記事追加、見出し修正、見出し追加

高額収入が得られる副業とは

副業には様々な種類があります。空いている時間を使ってのアルバイトや在宅での副業などです。ですが、アルバイトや在宅の一般的な副業は単価が低いことが多いです。

お小遣い稼ぎや、ある程度の収入にプラスしたいという場合は問題ありませんが、高収入を手にしたいという方には不向きでしょう。

作業あたりの単価が高い

副業を考える際は、作業あたりの単価に注目しましょう。

副業の仕事をする場合、単価が低いと、どれだけ作業をしても高収入につながりません。作業に対しての単価を注視することが大切です。

例えば、ライティングの仕事を副業にするとします。多くの場合、ライティングの仕事は文字単価・記事単価で収入が決まります。

多くのライターは文字単価1円前後の仕事から始めることが多いでしょう。しかし中には著しく単価の低い案件も多数存在します。未経験の場合は、単価の低い案件から始めることになります。

長くライターを続けたいという場合であれば、低単価の案件から始めても問題ありません。しかしなるべく早く高収入を得たいという人にとっては、あまり効率的でないということも。

もし何かスキルを持っているのであれば、それを活かした高単価案件を探してみましょう。

投資をするタイプの副業

株やFXなどの投資タイプの副業であれば、高収入が見込めます。

時間がないサラリーマンであれば、副業の時間も限られるでしょう。その場合、自分自身が働かなくても収入が上げられる副業がおすすめです。

デメリットとしては相応のリスクが生じることと、専門的な知識が必要となることでしょう。

高収入を得るためであれば、検討の余地もある方法です。

小さく事業を始めるタイプの副業

投資関連の副業はある程度の資金と知識がなければ、なかなか始められません。サラリーマンにはリスクが大きいでしょう。

誰でも簡単に始められる事業、例えばせどりやネットショップ運営などを始めるのもおすすめです。

これらの事業であれば、パソコンとインターネット環境があれば始めることができます。単価の低い案件を受注するよりは、高収入が見込めるでしょう。

高額の収入が見込める副業

高額の収入が見込める副業を紹介します。

YouTuber

「YouTuber」は動画サイトYouTubeで動画配信を行い、動画に貼った広告からの収入などを得ることができます。

他にも、企業からの依頼で商品紹介の動画を作る「企業案件」も収入源になります。YouTuberに興味はあるけれど、不安という方もいるかもしれません。そのため、副業からはじめるのがおすすめです。

自分が得意なこと、例えば音楽やパフォーマンスなどがある場合はそれを動画にして配信します。「面白いことが思いつかない」という方も、ノウハウ系や、ゲーム実況などの動画を配信すると良いでしょう。

YouTuberは安定的に収入を得られるようになるまで長い時間がかかることがあります。継続的にコンテンツを作っていく必要があります。一方、チャンネルに登録してくれる人が増えるほど、高収入が見込めるようになります。

投資

高額の収入を得たい場合は、投資という選択肢も上がります。株式投資やFX、仮想通貨など投資で稼ぐ手段はたくさんあります。

投資は楽そうなイメージをもつ方もいるかもしれませんが、収益をあげるためには、資金に加え、様々な投資に関する知識が必要です。さらに副業という観点でみると、あまり適した選択肢ではありません。

例えば株やFXの場合などは、常に相場が変動する種類の投資の場合、ビジネスパーソンはデイトレーダーと違い、相場変動を見ていられるわけではありません。最適な売買のタイミングを逃してしまうでしょう。そういった損失が発生する可能性もあるので、リスクは高くなります。

すでに投資についての知識があり、余剰資金を資産運用のような形で使う場合には問題ありませんが、そうでなければ気軽に始められるものではないでしょう。

ブログ・アフィリエイト

文章が書くのが好きな方は、ブログで収益をあげることも可能です。

記事を書き、閲覧数が増えるに応じて広告収入を得ることができます。また、ブログで対象となる商品やサービスを紹介して、その成果によって報酬を得るアフィリエイトも稼げる副業のひとつです。ブログとアフィリエイトを組み合わせた副業で高収入を得ることもできるでしょう。

アフィリエイトを成功させるには、どれだけ多くの人にブログを読んでもらえるのか、という点が重要になります。またその商品をどのように紹介すれば、読者が購入したくなるかという観点のセールスライティングのスキルも必要です。

アフィリエイトはジャンルによって競合が多いこともあります。その場合読者を獲得できなければ十分な収入を得ることは難しいです。ライティングのスキルだけでなく、コンスタントにブログの更新を続けることも必要です。

ネットショップ運営

サイト上に自分の店を開き、様々な商品を販売するネットショップも副業で行うことができます。商品は安く仕入れる方法もありますし、自らアクセサリーなどを作り販売する方法もあります。

BASEやSTORESなどの誰でも手軽にネットショップを解説できるサービスを使うことで、誰でも簡単に始めることができます。

ネットショップは、商品の単価や、サイトの訪れる人の数などのあらゆる要素次第で、高収入を得ることができます。

せどり

古本や中古品を安く仕入れ、販売する「せどり」も副業にすることができます。メルカリやヤフーオークションなどの仕組みを使うことで、ネットショップよりもさらに手軽に始めることができるでしょう。掘り出し物を見つける楽しさのある仕事です。

まとまった収益を上げるために必要なのは、目利きの能力です。誰かにとって価値のないものでも、他の誰かにとってはニーズがあるというものもたくさんあります。流行や、世の中の人は何を求めているかを考えながら行うことで、高収入を得ることもできるでしょう。

不動産投資

投資の中でも不動産投資は大きなリターンが得られます。

家賃収入で生活できるため、安定して収益が発生します。また日々の仕事も建物の管理など、ある程度決まったものであることが多いです。管理自体を管理会社に委託すれば、ほとんど働かずに生活することができるでしょう。

サラリーマンとして働き、投資の一環でマンションなど不動産投資を行う人もいるようです。

収入は、家賃を5万円とした場合、4部屋の賃貸であれば毎月20万となります。10部屋あるアパートであれば毎月50万円にも。年収に換算すると240~600万円となるでしょう。

プログラマー

プログラマーも稼げる仕事のひとつです。プログラミングを学びまずは副業から始め、やがて独立するというパターンも可能です。

プログラマーは、システムエンジニアが作成した仕様書をもとにプラグラムのコードを記述する仕事。かつてプログラマーは会社勤めが多かった仕事ですが、近年はノートPCひとつあれば開発できるような環境も整っているため、リモートで仕事をするプログラマーも増えています。

開発言語やデータベースなど高度なスキルが必須であり、ITの速いトレンドについていかなければならない仕事です。ですが、IT人材の不足が懸念される現在は、かなり需要のある仕事です。

経済産業省が行った2016年の調査によると、マクロな規模でのIT人材(IT企業及びユーザ企業情報システム部門に所属する人材)は、調査当時の人材数は約90万人、不足数は約17万人と推計されています。

そして、IT人材の供給は2019年をピークに減少傾向となり、より一層不足数が拡大するとも発表されています。

プログラミング教育の実施など、人手不足の状況への対応策は現時点でもいくつか実施されています。しかし、その効果が出ているとはまだ言い切れません。

コロナ禍でも安心してエンジニア転職

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験から約99%がエンジニア転職を実現しているプログラミングスクールです。 テックキャンプはコロナ禍でも安心して受講が可能。「徹底したサポート」「やりきれる学習環境」を自宅で学べるオンラインスタイルと感染防止対策を徹底した教室受講のどちらでも提供しています。 キャリアに悩む前に、まずはテックキャンプの無料カウンセリングを受けてみませんか?

高額副業を探す時の注意点

高額の収入を得られる副業を探す際は、以下の点に注意してください。

副業詐欺に注意

「副業」は多種多様なものがあります。その中には詐欺まがいの危険な副業も紛れ込んでいることも。

例えば副業のために何か道具や商材を購入する必要があるもの。そのような条件がついているものは、警戒しておくべきでしょう。

また、かかる労力と報酬が明らかに釣り合っていないものにも注意が必要です。

トラブルに巻き込まれることを避けるためにも、副業を選ぶ前にはネットの評判や会社の情報などを事前にリサーチする必要があります。

雇用型の副業はやめておくとベター

雇用型の副業は働く場所が決まっている場合が多いです。時間帯も固定されている、もしくはシフト制など、自由に選ぶことができないものがほとんどです。

そのため、繁忙期に過剰に勤務予定を入れられてしまうことがあるでしょう。あるいは本業で残業をしなければならず副業の開始時間に間に合わない、といったことも考えられます。

さらに雇用型の副業の場合、働きたい日数、時間帯や時間数などの希望が通らないケースもあり、本業で疲れた後にさらに長時間働くことを余儀なくされる、ということも予想されます。

副業を始める際は、収入面だけでなく、本業と副業を両立していけるのかという点についても考慮する必要があります。

サラリーマンは副業を始めるべき!その理由を解説

副業にも様々な種類があり、高収入が見込めるものから、そうでないものまであります。それほど収入が見込めないものからであってもサラリーマンの方は、副業を始めてみることをおすすめします。

スキルアップにつながる

副業はスキルアップに直結します。企業で働いているとその分野の仕事には詳しくなりますが、それ以外のスキルを身につける機会はなかなかありません。

副業を始めることで、普段の仕事では身につけられない新たなスキルを得ることができます。副業が自身のスキルアップにつながれば、本業の方にも良い影響が期待できるでしょう。仕事で結果を出せるようになれば、給料も上がるかも知れません。

■TECH::NOTE関連記事

収入が増える

国税庁の統計調査では2012年あたりからサラリーマンの給料は少しずつ上がってきてはいますが、2017~2018年の平均昇給率はわずか2%程度。サラリーマンの賃金が大幅に上昇するのはあまり見込めないでしょう。

副業をすることで、可処分所得は増えていきます。副業によって収入源を増やしておけば、今後のキャリアを考えるタイミングで選択肢が広がるでしょう。

増える税金の対策にも

日本は少子高齢化が進んでいるため、税金の増加は避けられません。2030年には日本の人口の3分の1が65才以上になると言われています。少ない労働人口で多くの高齢者を支えざるを得なくなるでしょう。

収入が変わらずに税金が増えれば、可処分所得は少なくなっていきます。転職して収入をあげる方法もありますが、今の仕事を特に辞めたいという訳ではない場合は、副業で収入を増やすのもおすすめです。

健康的に働くことができる

副業の仕事は、心や身体の健康にもつながります。

ソフトブレーン・フィールドが45歳前後の女性に行った調査では、働くことを通して健康に繋がっていると感じる時は以下のような結果になっています。

「会話・コミュニケーションをしているとき」
「家族以外の自分の居場所・価値を見つけられたとき」
「感謝されたとき」
「自分の力・スキルを発揮できたとき」
「自分の成長を実感したとき」

このように、仕事に対し、お金以外の点でやりがいを見出している方が多いことがわかります。副業は「家族以外の自分の場所」になりますし、スキルを活かすこともできます。

仕事自体が成長に繋がったり、誰かに感謝されるものであることも。自分の居場所となる副業をはじめると心身の安定を保った生活が実現できるでしょう。

副業で収入アップを目指そう

副業には、収入アップのほかにも本業でも活かせるスキルが身についたり、心身の健康に役立ったりといったメリットもあります。副業をするなら、できれば高額の報酬を得たいもの。今回、紹介した高額の報酬が期待できる副業を始めてみませんか。

自宅にいながら、プロのカウンセラーにキャリア相談!

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。転職成功率は99.0%。※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

テックキャンプでは、オンラインでカウンセリングや学習サービスを提供しています。

オンラインでも、テックキャンプならではの「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」は変わりません。オンラインでプログラミングを習得した方のインタビューはこちら

キャリアに悩んだら、ビデオ通話で無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を受けてみませんか?オンラインカウンセリングのやり方は簡単で、5分もあれば準備が完了します。

まずはカウンセリングから、ぜひご利用ください。

無料カウンセリングの詳細はこちら

この記事を書いた人

テックキャンプ ブログ編集部
テックキャンプ ブログは株式会社divのオウンドメディア。テクノロジーを通じて人生をより良くしたい人のためのWebメディアです。 教養としてテクノロジーを学ぶ人や、プログラミング未経験からのエンジニア転職を志す人に貢献することをミッションとしています。学ぶことの喜び、挑戦することの楽しさを伝えていきます。