ピックアップ
アイデアだけの起業は自殺行為?起業家がコードを書けるべき3つの理由

あなたは「アイデアさえあれば俺でも成功できる」そんな風に甘く考えてはいませんか?

実は、我々も知っている多くの有名起業家たちは、自らプログラミングという武器を持って、厳しい競争社会で成功を勝ち得ています。

今回の記事では、なぜプログラミングが出来ないと成功しないのか、またプログラミングが出来る起業家は、どのように自らのスキルを成功に役立てたのかをご紹介したいと思います。

出典:東洋経済ONLINE

アイデアだけでは起業は失敗する?

インターネット業界では、アイデアがあるだけでスキルの無い起業家は成功しないと言われています。その理由を3つ紹介します。

失敗する理由① プロダクト制作の進捗管理が出来ない

自分自身でプロダクト開発に関する知識が無ければ、開発がどこまで進んでいるのか分かりません。
日本の起業家の中には、下記のような失敗談を持っている人もいます。

知識がないために、何がどこまで進んでいるのかについての進捗管理もできないということがあり、会社を作ってから3ヶ月後にサービスをリリースしようと計画していたにもかかわらず、全く進んでおらずに逃げられてしまったという苦いエピソードがあります。
結局その3ヶ月間は無駄になってしまいました。

引用:起業家.tv

また、プログラミングを学ぶことで、業務量やスケジュール感を把握することができ、エンジニアの仕事内容を正確に理解することができます。

何かトラブルがあってもその対処にかかる時間も計算できるので、会社としての対応も迅速に行うことができるのです。

インターネット業界で起業するからには、これらは大切なポイントとなります。

失敗する理由② 外注中心の開発スタイルでは、コストが掛かり過ぎる

創業して間もない実績もない会社で、優秀なエンジニアを雇うことは相当難しいです。
なぜなら、優秀なエンジニアは貴重であり、雇うには相応の給与を支払うことが必要になります。

そうなると、サービス開発は外注するしかありません。
しかし、サービスの開発には100万円以上掛かるケースもあります(下記資料参照)。

また、開発が完了した後もサーバやドメインなど、メンテナンス費としての保持費が追加費用としてかかってしまいます。

エンジニアを雇う費用や外注費はかなりの高額であり、創業直後のベンチャーにとっては、致命的な痛手となりかねません。

スクリーンショット 2016-06-03 15.57.42

出典:比較biz

失敗する理由③ 起業家はスキルを成功につなげてきた

実は、普段から私達が名前をよく聞く起業家の中には、自らの力で前に進むためにスキルを身につけ、起業し成功された方が多くいます。

彼らは、自ら開発の陣頭に立ってサービスを開発・運営し、成功をその手に収めました。

とてもいいアイデアだとしても、新しいサービスは人々に簡単には認めてもらえません。

そんな中、同じように熱意を持って、一緒に戦ってくれる仲間がどれだけいることでしょう。

プログラミングスキルを身につけた起業家たちは、自分に強く共感してくれる仲間を見つけることに多くの時間を費やすのではなく、まず自分のアイデアを形にして実行してみることで、説得力を持って仲間を増やし、サービスを大きくしてきました。

プログラミングを学んで成功した起業家たち

parperboy&co. (現GMOペパボ) 創業者 家入一真氏

ieiri

出典:DODA

現株式会社XIMERA代表取締役で、連続起業家の家入一真氏。彼が29歳で当時の最年少上場を果たしたparperboy&co.は彼自身がプログラミングを学び、たった一人で作り上げました。

起業と同時にロリポップを立ち上げた。最初は一人だった。デザイン、開発、サーバー管理、ユーザーサポートを全部一人でやっていた。

引用:STORYS.JP

家入氏は10代の一時期は引きこもりだったものの、学生時代には油絵をやっていて、画家を目指していたこともありました。

しかし、世の中に作品を出して反応をもらうという点では、表現活動もサービス開発も同じだと考え、ユーザーからのダイレクトな反応があるのも刺激的だったそうです。

その延長でデザイナーになり、インターネットに出会ったことでプログラマーとなりました。

レンタルサーバー「ロリポップ」で大成功を収めた後も、ウェブサービスに始まり、飲食店・シェアハウスなど様々なことに挑戦し続けています。

株式会社ライブドア創業者 堀江貴文氏

img_a4145e14a2a2048433929dbb3c1faeca213217

出典:東洋経済ONLINE

ホリエモンこと堀江貴文氏も凄腕プログラマーです。

中学時代に培ったプログラミングスキルを活かして、大学生の頃からエンジニアとしてアルバイトを始め、堀江氏が初めて創業した会社(有限会社オン・ザ・エッヂ)でも自ら陣頭に立ち、コードを書いていました。

経営者がコードを書く意味について、堀江さんは以下の様に語っています。

世界の有名な経営者であるスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツはみんな技術者なので、パソコンの技術、プログラミングのことはある程度分かるべき。
僕全然わからないですよ、無理ですよっていうのは単なる言い訳にしかならない

引用:企画経営アカデミー

また、堀江貴文氏はプログラミングができれば、頭の中のアイデアをそのまま経費や原価もかからず形にできるので、何もない状態から起業するには、とてもいい選択肢だとも語っています。

メタップス創業者 佐藤航陽氏

出典:THE HUFFINGTON POST

株式会社メタップスの社長、佐藤航陽氏もプログラミングが出来る起業家の1人です。
2015年8月には29歳という若さでマザーズ上場を果たしています。

彼は起業後にプログラミングを勉強し始め、創業当時のことを次の様に振り返っています

プログラミングとかWebデザインに関しては、起業しながら覚えました。
実際に事業を開始して、顧客から受注をもらってから、プログラミングとかWebデザインを覚えていった

引用: プログラミング独学.com

学生時代、貧しかった佐藤航陽氏は、中学の頃から簡単な商売を始め、高校生の頃には自分のデザインした服を売っていたそうです。
既に、ここでビジネスの才能を発揮していますね。

ご自身のそんな経験から、社会に対して不平不満を抱えていたそうで、紆余曲折をへて起業を決意し、資金が少なくても参入できるインターネット業界での独立を決めたそうです。

まず、パソコンを購入するところから始め、プログラミングの学習をすると同時に、仕事を受注して事業を軌道にのせて、事業を大きくされました。

メルカリ創業者 山田進太郎氏

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 出典:HRナビ

あのフリマアプリ「メルカリ」を立ち上げた山田進太郎氏。
2013年7月にローンチしてから、わずか1年半で1,000万ダウンロードを達成しました。

あるようで無かった消費者同士をつなげるこの仕組みは、オークションサイトなどに大きな影響を与え、ユーザーにとっては便利なだけでなく、ビジネスをとても身近なものにしました。

そんな山田進太郎氏は、楽天インターン時に悔しいと感じたことから、プログラミングを始めたそうです。

「こういうことをやりたい」「ああいうことをやりたい」と企画みたいなことを言ったんですね。
学生なので、今から思うとわがままでしかないないんですけど(笑)。

そうやって何かをやりたいって言ったときに、エンジニアに「それはちょっとできないですね」とか「それは難しいですね」と言われることが多くて。

いま考えるとプログラミング的に難しいとか時間がかかるという意味だったと思いますが、結構悔しくて、だったらもう自分でプログラムを書けるようにならないとダメだなっていうことから、PHPを勉強し始めました。

そのときに趣味で作り始めたのが「映画生活」というサイトだったんです。

引用:HRナビ

「こういうものがあったらいいな」というものを形にするためにプログラミングを始めた山田氏は、実は今でもプログラミングが得意ではないんだとか。

しかし、プログラミングを学んだおかげで、企画段階からシンプルに、かつエンジニアにとって合理的に提案できるようになり、仕様やロジックを明確に示すことができるようになったそうです。

Instagram創業者 ケビン・シストロム氏

photosharingjp-popup

出典:Cult of Mac

なんと、Instagramの創業者の一人、ケビン・シストロム氏も元々プログラミングの経験がなく、独学でサービスを作り上げた一人なのです。

このことについて、シストロム自身はこう語っています。

話は私がNextstopで働いていた時に始まる。
私はそこでマーケティングの仕事をしていたが、プログラムの方法を学ぶ助けになるという単純な考えから夜にはどんどんとエンジニアリングをし始めていた(私は正式なCSの学位を持っていなければトレーニングも受けていなかった)。

引用:Quora

こうして、プログラミングを学んでいったシストロム氏ですが、一方でイタリア留学するほど写真も好んでいました。
しかも、デジタルではなく、トイカメラのようなアナログタイプを専門としていたのです。

こうした二つの興味が、Instagramの起源だと考えられます。

起業を考えるなら、今すぐプログラミングを始めよう!

起業する上で、経営者がプログラミングを理解しているメリットについてご紹介しました。

プログラミングを習得するメリットは、プロジェクトの進捗管理や外注費を抑えるだけでなく、世の中を動かすかもしれないアイデアを頭の中だけ留まらせず、世の中にリリースするチャンスを掴む一歩でもあります。

また、プログラミングを理解しておくことで、どのような仕様が良いか、スケジュール感はどの程度かなど、エンジニアとスムーズに話を進めることもできます。

実は、プログラミングの学習コストはそれほど高くありません。

起業を志す方は、ぜひ本気で学び、世の中をあっと言わすサービスを作り出してみてはいかがでしょうか?

プログラミングについての詳しい解説は以下の記事にまとめていますので、是非ご参照ください。
ログラミングとは何か?を世界一わかりやすく解説
テクノロジースクールTECH::CAMPで
10年後も仕事に困らないスキルを身に着けませんか?

テックキャンプ体験会

TECH::CAMP』はこれからのテクノロジー時代で結果を出せる、次世代のビジネスパーソンを育成するスクールです。以下のような方におすすめです。

  • 今の職場でキャリアアップ、年収アップしたい
  • エンジニア以外の職種でIT業界に転職・就職したい
  • ビジネスパーソンとして総合的にスキルを高めたい

まずは無料体験会に参加してみてください。体験会は月に1000名以上のお申し込みをいただいているため、ご希望の日が埋まることがあります。今すぐのご予約をおすすめします。

体験会について詳しくみる

TECH::NOTE TECH::NOTE
TECH::NOTE(テックノート)は、テクノロジーを通じて人生をより良くしたい人のためのWebメディアです。 教養としてテクノロジーを学ぶ人や、プログラミング未経験からのエンジニア転職を志す人に貢献することをミッションとしています。学ぶことの喜び、挑戦することの楽しさを伝えていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー