メルカリCEO山田進太郎氏「テクノロジーにがんがん投資していきます。AI、ブロックチェーン、IoT、VR/ARなどなど」

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行うTECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

 

プログラミングスキルだけではなく、テクノロジースキルが今後必要となってきます

本日(2017年10月17日)メルカリの代表取締役会長兼CEOの山田進太郎氏がTwitterで以下のコメントを投稿しました。

 

 

なぜテクノロジーが必要なのか

TECH::CAMP(テックキャンプ)の説明会に参加される方のほとんどがテクノロジーに関して意識が高く、かつ学習意欲が高い方です。

しかし皆さん「なぜテクノロジーが必要なのか」という問いの答えは、意外に漠然としたものしか持っていません。

今回、山田氏の上記の発言と、記事の内容はこれに対して1つの答えを示してくれていると思います。

同社が機械学習の技術開発に取り組む最大の狙いの1つが不正な取引の防止である。盗品や偽ブランド品のほか、利用規約に違反する現金や商品券などの出品を自動的に検知してサポート担当者に知らせたり、出品を自動的に削除したりできるようにする。
出典: ニュース解説 – 信頼性の向上を急ぐメルカリ、機械学習とブロックチェーンにIT投資:ITpro

 

機械学習とはAI技術の1つです。AIについては以下の記事に詳しく説明していますのでご覧ください。

 

 

機械学習などの技術は決して新しいものではなく、古くから存在しています。しかし最近AIブームになっているのは、それを必要とするサービスやアプリが多くなってきたことが挙げられます。

これは今後も続くでしょう。メルカリの山田氏がテクノロジーにがんがん投資するという点にも見てとれます。

 

どうやってテクノロジーを学ぶのか

テクノロジースキルが必要と言っても、何を勉強していけばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。インターネットには無数の情報があります。本屋にも大量の書籍があります。それを選ぶだけでも時間がかかってしまいます。

TECH::CAMPは初心者でも理解できるカリキュラムづくりを徹底しています。すぐに質問できるメンター(講師)が教室でお待ちしています。教材を選ぶ時間と、学習につまづいたときの問題解決に時間をかけず、どんどんスキルアップしませんか。

 

誰でも、すぐに上級者やプロにはなれません。しかし、最短ルートを選ぶことはできます。

 

最短ルートでテクノロジーを学び始めたい方は、今すぐTECH::CAMPの無料体験会に参加してください。しかし、大変申し訳ありませんが体験会への参加予約を多くいただき、現在は予約枠に空きがない教室もあります(空いていたらすぐに予約をおすすめします!)。

50期生は10月30日から開始です。待っている時間がもったいない、という方は体験会をスキップして直接お申込みも可能です。お申込みいただくと受講開始2週間前からカリキュラムが閲覧可能になり、学習を始めていただけます。

TECH::CAMPへ申し込む

 

こちらの記事も必読です!

絶対に挫折しないテクノロジー体験会で
最新のプログラミングを学ぼう

プログラミング体験会

TECH::CAMP』のプログラミング体験会なら、Webや人工知能、VRといった最新テクノロジーを無料で学べます。教室で講師に質問し放題なので、全くの未経験からでも絶対に挫折せずにやり切れます。

  • 実際にプログラミングを触れる
  • 質問し放題なので、疑問点が即解消される
  • テクノロジーをなぜ学ぶべきなのか明確になる
  • 人工知能やVRなど他では学べないテクノロジーが学べる

まずは一度プログラミングに触れてみたい方は気軽にご参加ください。なお月に1000名以上が参加するため、予約はお早めをオススメしております。

プログラミング体験会を詳しく見る

TECH::NOTE TECH::NOTE
TECH::NOTE(テックノート)は、テクノロジーを通じて人生をより良くしたい人のためのWebメディアです。 教養としてテクノロジーを学ぶ人や、プログラミング未経験からのエンジニア転職を志す人に貢献することをミッションとしています。学ぶことの喜び、挑戦することの楽しさを伝えていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー