テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

自分らしさを生かす!個性を発揮できる仕事を見つける方法を解説

更新: 2019.12.03

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

「自分らしさを生かせる楽しい仕事がしたい」「もっと自分らしく働ける仕事があるのでは?」

このような悩みを抱える方向けにこの記事では、自分らしさを生かしてやりたい仕事を見つける方法について解説。

もしも、自分らしさを生かせる仕事がわからなかったとしても焦る必要はない理由についても理解できます。個性を生かした働き方について悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

自分らしさを生かしてやりたい仕事を見つけるには

いつも自分らしくいるためには、仕事も自分に合ったものを選ぶことが必要。

以下で、自分らしさを生かしてやりたい仕事を見つける方法について解説します。

好きなことと得意なことが重なる部分を生かせる仕事を見つける

自分らしさを生かして働きたのであれば、好きなことと得意なことがが重なる部分を把握し、それを生かせる仕事を見つけましょう。

自分が関心を持てる好きなことだけでは仕事にすることが難しい場合もあります。その中で、自分が人よりも得意なことは何か考えると、仕事に繋がりやすくなるでしょう。

例えば、ITが好きで新しいガジェットをよく試していて、ブログを毎日更新しているので文章を書くのが得意だとします。

そのような人はガジェットに対する知識と人よりも得意な文章力を活かし、Webライターやアフィリエイターとして働くといったように考えるとよいでしょう。

仕事としてお金をもらうのであれば、好きなことや興味だけにフォーカスするのではなく、人に喜んでもらえる貢献できることは何かを考える必要があります。

自分らしくないと感じる仕事を避ける

自分らしくないと感じる仕事を避けると、自然と自分らしさを生かした働き方につながります。

希望する条件を考えると、何をすればいいのか悩んでしまう場合が多いです。それよりも、自分が仕事で絶対に避けたいことは何かを考えると、仕事はぐっと見つけやすくなるでしょう。

ただし、ただ単に面倒だと思うことや負荷の高いつらいことなどから逃げることとは違います。

そのようなネガティブな気持ちで消去法のように選ぶのではなく、今までの経験を踏まえてポジティブな選択をするようにしましょう。

自分らしくない仕事として継続が難しい状態を避けることは、自分らしさを発揮するための第一歩と言えます。

転職のプロに相談する

自分らしさを生かした働き方がしたいと考えるのであれば、転職のプロに相談することも有効な手段です。

自分だけの思い込みで行動するのではなく、転職エージェントなどの客観的な意見も参考にしましょう。

思いがけない自分の長所が理解できたり、今まで考えたこともなかった仕事に出会えたりする可能性もあります。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。

3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説!

資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

自分らしさが生かせる仕事が見つからなくても焦る必要はない

ネガティブもしも、自分らしさが生かせる仕事が見つからなかったとしても焦る必要はありません。

なぜなら、人は日々変化していくもの。今の仕事を続けていく中で、自分らしさを生かせることが見つかる可能性もあります。

焦ったり不満を感じたりしていれば、それは周囲にも伝わるもの。将来を見据えながら、目の前のことに1つずつ取り組むことをおすすめします。

行動を起こして自分を理解していくことが重要

自分らしい仕事を求めるのであれば、経験や感じたことを深堀りして行動を起こし、自分を理解していくことが重要。

ずっと考えているだけでは、本当の自分らしさは見えません。悩んでいるよりも、まずは行動を起こすべきです。その行動を受けてPDCAを回すことで、よい方向に状況は変わっていくでしょう。

自分らしさが生かせる仕事は何なのだろうと考えて答えが出ない場合には、焦らずに今できることに取り組むこと。

その仕事の中で、あなたが何を感じるのかを観察や分析を行って、自分に対する理解を深めていくとよいでしょう。

仕事を続けていく中で自分らしさは変化していくもの

仕事を続けていく中で、自分らしさは変化していきます。思いがけないことが得意であることに気づいたり、実際にやってみたら楽しく感じたりすることもあるでしょう。

自分の可能性を限定せずにチャレンジを繰り返すことが、自分らしさを生かせる仕事を見つける近道。選択肢が増えるだけでなく、ビジネスパーソンとしての成長にもつながります。

もしもギャップが埋まらないなら転職という選択肢もある

もしも、ギャップが埋まらずつらいと感じるなら、転職するという選択肢もあります。自分らしさを生かせる仕事の方向性が見えたら、勇気を出して新しい環境に飛び込むのも1つの手段。

ただし、転職で理想が叶うとは限らないことも覚えておきましょう。

「転職してみたけれど自分が期待したような職場ではなかった」というミスマッチが生まれる可能性は0ではありません。

自分らしさを生かすために転職をする際は、十分に準備をして慎重に行動しましょう。

自分らしさを生かして仕事もプライベートも充実させよう

自然体で振舞い、好きなことや興味があることを仕事にできれば、毎日は楽しくなるもの。仕事にやりがいが感じられれば、プライベートも自信を持って過ごせます。

ただ、「自分らしさとは何か」と聞かれると答えに迷う方もいらっしゃるでしょう。

自分らしさとは変化するものです。自分が何を好きなのかわからないからといって焦る必要はありません。

今の仕事が楽しければ、それはあなたが無意識に自分らしさを発揮しているからだと言えるでしょう。

自分らしさを突き詰めることは、ワークライフバランスを実現するための1つの要素として考えることをおすすめします。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement