テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

仕事で失敗したらどうすればいい?失敗の対処法がわかれば失敗は怖くなくなる

更新: 2020.03.04

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

「仕事で失敗をしたらどうしよう」「大きな失敗をしたら会社に行きづらくなるのではないか」と、仕事の失敗について不安を感じている方も多いと思います。しかし、仕事での失敗は誰しも経験することです。大切なのは失敗をしないことではなく、失敗にどう対処するかということ。失敗を糧にして成長につなげる方法を心得ておけば、必要以上に失敗を恐れることもなくなります。

この記事のまとめ

最近何か失敗をしましたか?失敗をしていないなら、新しいことや困難なことにチャレンジする機会が少ないのかもしれません。

失敗はなるべくしない方がいいと思うかもしれませんが、してもいい良い失敗もあります。前向きにチャレンジした結果、失敗してしまったならそれは良い失敗です。

良い失敗はチャレンジの証であり、成長に必要なプロセスのひとつです。失敗を恐れて消極的になることは、成長を妨げます。

失敗をしたからこそ学べることや、失敗してはじめてわかることもあります。失敗をするという経験は、成長するために欠かせないプロセスであるということをぜひ覚えておいてください。

仕事での失敗は体調不良や確認不足が原因となることが多い

仕事での失敗は、体調不良による集中力や注意力の低下が原因となっていることが多いです。体調管理には十分気を配るようにしましょう。また、納期がギリギリの場合に手順を省いてしまったり、確認が十分でなかったために生じる失敗も多いようです。余裕を持って仕事のスケジュールを立てることが大切です。

失敗をしてしまったときの対処法

仕事で失敗をしたときは、なるべく早く気持ちを切り替えるようにします。失敗はしょうがないと割り切って、素早く適切な対処をすることが重要です。適切な対応のポイントは以下の3つです。

  • 関係各所に迅速に報告する
  • 謝罪と今後の対策を伝える
  • 失敗の原因を解明して再発防止策を考える

仕事で失敗をしないために

仕事をしていれば失敗は避けられないものですが、心がけや工夫次第でなるべく失敗を減らすことはできます。「体調管理をする」「休息を適度にとる」などの体調管理はもちろん、メモやリマインダーなどを活用して、うっかり忘れや作業の漏れなどを防ぐ工夫も大切です。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。

3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説!

資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

仕事でやりがちな失敗

ここでは新人がやりがちな失敗と、エンジニアに多い失敗をみてみましょう。

新人がやりがちな失敗

仕事に慣れていない新人は、失敗も多くなります。

緊張や不安で

慣れない仕事は緊張し、不安もあるもの。「失敗したらどうしよう」という不安を抱えながら仕事をしていると、失敗を誘発することになります。

はじめての仕事では、仕事に慣れることを意識します。研修やロールプレイングなどには積極的に参加して経験を増やし、少しでも早く仕事に慣れるようにしましょう。

慣れない仕事では、事前の準備も大切です。前もってできる準備をしておくことで、慣れない仕事への不安を和らげれば、失敗を減らすことができます。

上司に質問できず勝手に判断してしまった

わからないことがあっても、質問するタイミングがつかみづらいということもありますよね。上司が忙しそうにしていると、話しかけてはいけないのではないかと感じてしまったり。

質問ができずに勝手に判断をしてしまうと、仕事での失敗につながることもあります。気軽に質問ができるような人間関係を構築できるよう、普段から積極的にコミュニケーションをとることを意識しましょう。

エンジニアがやりがちな失敗

エンジニアは仕事でどんな失敗をすることが多いのでしょうか。

データを誤って削除してしまった

エンジニアの仕事で多い失敗といえば、せっかく書いたコードや重要なデータを消してしまうという失敗です。「何時間もかけて書いたコードを誤って消してしまった」という失敗は、少なくありません。

「とにかくこまめにバックアップをとるようにする」「自動でバックアップがとれるようにする」など、損失を最小限にするための対策は必須です。

テストが不十分でやり直すハメに

納期に追われることの多いエンジニア。まだまだやるべきタスクはたくさんあるのに、納期が迫っているという状況になることもあります。

細かい動作確認や実機テストなどは、納期がギリギリだとつい簡単に済ませてしまいたくなることも。後でバグが見つかりやり直すことになれば、余計に時間がかかってしまうことにもなりかねません。

時間に余裕がない状況でも、テストや確認作業は手を抜かないようにしなければなりません。

こんなことが仕事での失敗の原因

仕事で失敗をしてしまうのには、次のような原因が考えられます。

集中力の低下

もともと集中力がないという人もいますが、長時間作業を続けることで集中力が低下していくこともあります。疲労や寝不足なども、集中力を低下させる原因となります。

仕事をする環境も、集中力に影響を与える要因のひとつです。「デスクや椅子を変えてみる」「静かな環境で仕事ができるようにする」など、環境を整えることも集中力を高めるのに有効です。

マルチタスクに要注意

複数の仕事を同時にこなすマルチタスクも、注意力が低下する原因となります。一度に複数の仕事をしようとすると、すべてが中途半端になってしまうことも。

「この時間はこのタスクに集中する」と決めてひとつの作業に集中すれば、失敗を減らすことができます。

適性の不一致

自分の適性に合っていない仕事をしていると、それだけ失敗も多くなります。努力や工夫をしても仕事での失敗がなかなか減らないなら、適性がないということも考えられます。

その場合は、より自分に合った、自分の適性をいかせる仕事に転職することを考えてみるのもいいでしょう。自分の得意なことがいかせる仕事なら、失敗も少なくなるはずです。

失敗ばかりする人の特徴

失敗が多い人にはどんな特徴があるのでしょうか。

詰めが甘い人

手間や時間がかかるからと確認の作業を怠ると、失敗が多くなります。確かに確認やチェック作業は面倒で、時間がないときなどはついつい省略したくなる仕事のひとつです。

しかし、最後の確認やチェックで失敗が見つかることも多く、この一手間が仕事の完成度を左右します。ダブルチェックをするなど、最後まで手を抜かずに作業ができる人は失敗が少ないです。失敗を減らすためには、最後まで気を抜かずに仕事の完成度を高めるようにしましょう。

体調管理ができない人

体のコンディションは、仕事の質に影響する重要な要素です。

寝不足や風邪のせいで体調が悪いと、集中力や注意力が低下して仕事の効率が悪くなるだけでなく、失敗もしやすくなります。

食事や睡眠などに気を配り、日頃から体調管理を心がけるようにしましょう。

また、ストレスがたまっていると、仕事に集中しづらくなります。運動をしたり趣味を楽しむ時間を意識的につくるなどして、ストレスをためないようにすることも大切です。

仕事を早く終わらせようとする人

仕事のスピードにばかりこだわると、仕事の出来や質が悪くなることがあります。

納期や期限を守ることはもちろん大切ですが、早く終わらせることにこだわりすぎず、丁寧な仕事を心がけるようにしましょう。丁寧に仕事をすれば、失敗やミスも少なくなるはずです。

仕事で失敗をしたときの対処法方

仕事での失敗は、避けられないこともあります。大事なのは失敗をした後に、どんな対応をするかです。

まずは落ち着いて、対応策を考える

失敗をするとパニックになってしまうこともあるかもしれませんが、まずは落ち着くことを意識しましょう。いったん冷静になって、失敗によるダメージを最小限にするために、自分に何ができるかを考えます。失敗を迅速にカバーすることができれば、評価を上げることにもつながります。

失敗を認めて迅速に報告

仕事で失敗をしたときは、「上司やお客様に怒られるのではないか」「責任が問われるのではないか」という不安から、失敗を隠したくなることがあるかもしれません。失敗は隠したり報告が遅れるほど、大きな問題になります。なるべく早く上司や関係者に報告をするようにしましょう。

誠意をもって謝罪する

自分の失敗のせいで誰かに迷惑をかけた場合は、速やかに謝罪しましょう。
失敗を誰かのせいにしたり、言い訳をすると印象を悪くしてしまいます。素直に謝り、反省の気持ちを伝えることに徹しましょう。

できれば謝罪と合わせて、失敗の原因とリカバリーの案も伝えるようにします。失敗から逃げずに、最後まで責任をもって対処する姿勢が大切です。

失敗の原因を解明する

失敗は早く忘れたいという気持ちもわかりますが、失敗はそのままにせず原因を解明するようにします。失敗を分析し、「何がいけなかったのか」「どうすれば失敗を回避できたのか」を考えます。失敗の原因をはっきりさせることは、失敗の再発防止にもつながります。

上司や同僚に相談する

自分ひとりではなかなか解決できない問題もあります。問題が起きたときは、ひとりで抱え込まずに、上司や先輩、同僚に相談してみましょう。

とくに仕事に慣れないうちは、失敗をしたりトラブルが起きたときに、対応を自分で勝手に判断をするのはよくありません。より良い解決方法がないか、上司に相談するようにします。

協力して失敗に対処する

誰かが失敗をしたら、お互いにサポートし合うことも大切です。職場の同僚や後輩が失敗をしたときは、「落ち着いてリカバリーすれば大丈夫」と一声かけると相手は落ち着いて対処できます。普段から積極的にコミュニケーションをとるようにするなどして、困ったときに協力しあえる関係性を構築しておくことも大切です。

失敗をいつまでも引きずらないために

失敗を気にして落ち込んでいると、ほかの仕事にまで悪い影響を与えてしまいます。失敗はいつまでも引きずらないようにしましょう。

すぐに気持ちを切り替える

仕事で失敗をすると、落ち込んでしまう人も多いと思います。失敗を反省することは、もちろん大切です。しかし、いつまでも失敗を引きずっていると、気分が落ち込み仕事に対するモチベーションも下がってしまいます。

「してしまった失敗はしょうがない」と割り切って、気持ちを切り替えられることも社会人に求められる大切なスキルです。

失敗から学び、教訓を得る

失敗から学び今後にいかせる教訓を得れば、失敗を成長につなげることができます。

教訓を得ることで「失敗も無駄ではなかった」と思うことができれば、前向きな気持ちで仕事に取り組めるようになります。失敗を失敗のままで終わらせずに、必ず学びを見つけるようにしましょう。

仕事での失敗を減らすためにできること

失敗を減らすためには、どんなことをすればいいのでしょうか。

体調管理をしっかりする

朝ごはんをきちんと食べる

朝ごはんを食べないと、脳のエネルギーとなるブドウ糖が不足するため、脳の働きが鈍くなります。朝食を食べないと頭がぼーっとしやすくなり集中力も低下するので、失敗をしやすくなってしまいます。

朝ごはんでは、脳のエネルギー源となる炭水化物を積極的にとるようにします。血糖値の急激な上昇を抑える働きのあるたんぱく質を一緒にとるといいので、シャケのおにぎりや、ハムや卵のサンドイッチなどが手軽でおすすめです。

睡眠をしっかりとる

仕事中に眠気が襲ってくるようでは、仕事に集中することができません。眠気を我慢しながら作業を続けていると、集中できずに効率が悪くなってしまいます。眠気があるときは休憩をしたりお茶を飲むなどして、気分をリフレッシュさせましょう。席を立って歩きまわったり、ストレッチなどの軽い運動をするのも眠気覚ましには有効です。

定期的に休憩をとる

肉体的・精神的疲労は、集中力を低下させます。定期的に休憩をして、疲労をためないようにしましょう。
休憩をとった後は集中力が高まるので、普段ミスをしがちな作業は休憩後にとりかかるようにするなどの工夫をするのもいいですね。

ツールを活用する

失敗を減らすために、ツールを活用するのもいいでしょう。

todoリストでタスクの優先順位を明確に

タスクはひとつひとつ明確にして一覧にすると、作業の漏れを防ぐことができます。また、タスクリストでやるべきことを管理すると、優先順位が明確になるので仕事の段取りもつけやすくなります。

大切なことは忘れないようにメモする

仕事でメモをきちんととっていますか?人の記憶はとても曖昧なので、上司からの指示を口頭で聞いただけでは、忘れたり間違って記憶してしまう可能性が高くなります。メモ帳などを持ち歩くようにして、大事なことや忘れそうなことはすぐにメモすることを習慣にするといいでしょう。

リマインダーで期限を意識する

「期限内に仕事を完了できなかった」「うっかりしていて忘れた」など、仕事の期限に関する失敗も多いと思います。期限のある仕事はリマインダーを設定して、期限を意識しながら仕事をすすめるようにしましょう。

転職を考える

「仕事が合っていない」「集中できる環境で仕事ができていない」ことが、仕事での失敗の原因になっていることもあります。自分に合った仕事や環境について考え直してみるのもいいかもしれません。

転職を検討しているならば、エンジニア転職がおすすめ

「転職を考えている」「新しい仕事にチャレンジしたい」という気持ちがあるなら、エンジニアへの転職を考えてみてはどうでしょうか?

エンジニアの仕事は「失敗」と向き合うこと

開発の現場では、さまざまなエラーが発生するのは日常茶飯事です。エラーをひとつも起こしたことがないエンジニアはいないでしょう。

失敗がエンジニアの成長につながるので、どんどん失敗しよう

いかに早くエラーの原因を解明して、修正するかがエンジニアの腕の見せ所でもあります。エラーの解明も、スキルアップにつなげられる経験とすることができるので、やりがいを感じられることも多いです。

GitHubでバージョン管理すれば、最悪失敗しても昔のコードを復旧できる

開発では、「大事なコードを消してしまった」「突然プログラムが動かなくなってしまった」なんてことも。そんな場合でもGitHubを使ってバージョン管理をしていれば、正常に動いていたバージョンに戻すことが可能です。失敗を恐れずにいろんなことにチャレンジする精神を持ち続けましょう。

プログラミング未経験からエンジニアに転職するには

プログラミングの経験はないけどエンジニア転職に興味があるなら、まずはスクールに通ってみることをおすすめします。

スクールでプログラミングにチャレンジ

未経験からプログラミングの勉強をはじめる場合、独学で学ぶという方法もありますが、ひとりで勉強しているとなかなか順調にすすまないことがあります。独学で学ぼうとすると、8〜9割ほどの人が挫折してしまうというデータも。学習のカリキュラムが組まれ、自分と同じように勉強する受講生がいるスクールで勉強すれば、モチベーションもあがるでしょう。

プログラミングの勉強でわからない部分がでてきたとき、ひとりで解決しようとするととても時間がかかってしまいます。スクールなら、先生に質問してすぐに解決することができるという利点も。プログラミングには高度な知識が必要とされるので、いつでも質問できる環境に身を置くことは大切です。

プログラミングは新しい技術が次々に出てきますし、何をどこまで勉強すればいいのか自分で判断するのは難しいですが、迷ったときは先生に相談することができるのもスクールの大きなメリットです。

おすすめのスクールについては下記の記事に掲載していますので参考にしてみてください。

関連記事:【社会人向け】おすすめITスクール11選 オンラインでエンジニアを目指せるプログラミングスクール

さいごに

仕事で失敗をすると、「大変なことをしてしまった」「職場の人に迷惑をかけてしまった」と落ち込むこともあるでしょう。会社に行きづらいと感じることもあるかもしれません。

しかし、長い仕事人生では失敗をすることは避けられません。大切なのは失敗から学ぶこと、そして同じ失敗をしないようしっかりと対策を考えることです。

大切なのは「成功した」「失敗した」という結果ではなく、どんな姿勢で仕事に臨んだかです。結果はあまり気にしすぎず、仕事に集中するようにしましょう。前向きに成長する気持ちがあれば、失敗もいい結果へと変えることができます。

チャレンジした結果の良い失敗はどんどんして構いません。仕事では必要以上に失敗を恐れることなく、前向きに挑戦する姿勢を忘れないようにしましょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

テックキャンプ ブログ編集部
テックキャンプ ブログは株式会社divのオウンドメディア。テクノロジーを通じて人生をより良くしたい人のためのWebメディアです。 教養としてテクノロジーを学ぶ人や、プログラミング未経験からのエンジニア転職を志す人に貢献することをミッションとしています。学ぶことの喜び、挑戦することの楽しさを伝えていきます。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement