テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

AppleがワイヤレスのヘッドホンAirPods Maxを発表 67,980円(税込)で12月15日に発売

更新: 2021.02.10

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

2020年12月8日、Appleはワイヤレスのオーバーイヤーヘッド型ヘッドホン「AirPods Max」を発表しました。

発表と合わせて既に注文受付も始まっており、年末に向け大いに盛り上がりを見せています。

この記事では、AirPods Maxの特徴や機能といった概要を解説します。ぜひ購入の参考にしてください。
※記事内の価格は執筆時の内容です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください

AppleがヘッドホンAirPods Maxの発売を発表

出典元:Apple

2020年12月9日、Appleは「AirPods Max」を発表しました。ここでは、AirPods Maxの概要を紹介します。

AirPods Maxとは

Appleが今回発表したAirPods Maxは、AirPodsシリーズで初めてとなるオーバーイヤー型ヘッドフォンです。

ワイヤレスイヤホンのAirPodsや、アクティブノイズキャンセリング機能を備えたAirPods Proに続く新製品となります。価格は67,980円(税込)。

大きな特徴は40mm口径のダイナミックドライバで、AirPods Proに搭載されていたアクティブノイズキャンセル機能、外部音取り込みモード、空間オーディオ(バーチャルサラウンド機能)など多彩な機能を備えています。また、他のApple製品とのシームレスな連携が可能です。

利用する際には、iOS 14.3以降もしくはmacOS Big Sur 11.1以降、watchOS 7.2以降、tvOS 14.3以降のApple製デバイスが必要となります。

AirPods Maxを購入する方法

AirPods Maxは、12月8日の発表と同時にApple公式サイトで注文受付を行っています。

Apple公式サイトならではの特典として、AirPods Max本体にオリジナルの刻印を入れることができます。刻印は絵文字、テキスト、数字を数字を組み合わせられます。

出典元:Apple

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。 3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説! 資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

AirPods Maxの特徴や機能を紹介

次に、AirPods Maxの特徴について概要を解説します。

AirPods Max本体の機能

出典元:Apple

AirPods MaxはLightning端子での充電に対応しており、フル充電時のバッテリー持続時間は20時間。5分間充電すれば、およそ1.5時間の音楽再生が可能です。

本体には、Apple Watchと同じようなDigital Crownが搭載されていて、曲の再生・一時停止、スキップ、音量の調節、かかってきた電話への応答、Siriの起動ができます。

気になるカラーバリエーションは、スペースグレイ、シルバー、スカイブルー、ピンク、グリーンの5種類から選択可能。

またすべてのモデルに、イヤーカップを平らに倒した状態で収納できる専用のSmart Caseが付いてきます。ケースに収納することで、AirPods Maxは超低電力状態に切り替わり、バッテリーをより長持ちさせることができます。

出典元:Apple

AirPods Maxの音響面の特徴

出典元:Apple

AirPods Maxは40mm口径ダイナミックドライバを採用しているだけでなく、音響面の多彩な機能が搭載されています。

特に、左右のイヤーカップに搭載された3つの外向きマイクと耳に届く音を測る1つのマイクを利用した、アクティブノイズキャンセリング機能が大きな特徴です。

また、イヤークッションの密閉・吸着の程度や耳への音声信号に応じてリアルタイムに低音域・中音域を調節するアダプティブイコライゼーション機能などがあります。

他にも、曲を聴きながら周囲の音も拾える外部音取り込みモード、5.1ch、7.1ch、Dolby Atmosの音を味わえ、頭部や端末の動きに応じて曲の音場をマッピングする空間オーディオ機能があります。

AirPods Maxの快適性

出典元:Apple

ステンレススチールフレームでできているヘッドバンドは、ヘッドフォンの重量を分散してユーザーの頭への圧力や圧迫感を抑えます。

高い耐久性・柔軟性を兼ね備えていて、ユーザーごとに異なる様々な頭の形にしっかりフィット。イヤーカップ部分は、左右ごとに独立して回転させることが可能で、より頭の曲線に馴染む構造になっています。

また、ヘッドバンドのキャノピー部分は通気性の高いニットメッシュ素材を使用していているため、長時間の使用・装着も苦になりません。

Apple製品との連携

Apple純正品ならではの魅力として、他のApple社製のデバイスとの親和性の高さがあります。

Mac、iPad、iPhone間で自動的に接続先を切り替える機能は特に便利。面倒な設定やボタン操作無しで、音楽鑑賞、動画再生、通話が手間なく一瞬でシームレスに切り替わります。

また、iPhone、iPad、Apple TV 4Kなどの音を2組のAirPodsシリーズで同時に聴けるオーディオ共有機能もあります。特にApple製品ユーザーは、音質面以外の大きな+αとなるでしょう。

AirPods Max発売への反応

急遽発表されたAirPods Maxの発売。

このニュースに対して、SNSなどで様々な反応があるようです。

Twitterでの反応は様々

「早速予約した」「早く使ってみたい」という声があがる中で、税込みで7万円近くになる価格面から購入を躊躇う声も聞こえます。優れた性能や機能面だけでなく、ヘッドホンとしてはかなり高額な価格設定が話題になっているようです。

SONYのヘッドホンと比較する声も

AirPods Max発表の影響で、SONYから9月に発売されたワイヤレスヘッドホン・WH-1000XM4など思わぬツールがTwitterのトレンド入りをしています。

AirPods Maxと同様の、アクティブノイズキャンセリング機能や外部音を取り込むモードなどの機能を備えており、価格は半額3万円程度で購入可能である点から比較されているようです。

待望のApple製ワイヤレスヘッドホンAirPods Maxに注目

AirPods Maxの発売に合わせて、Apple製品ユーザーを中心に様々な反響があるようです。
発売後、実際にAirPods Maxを購入・体験したユーザーが増えてくることで、より具体的な意見が増えてくるでしょう。購入を迷っている方は、それらの声を参考にしてみるのも良いでしょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

篠崎友耶
編集・ライターとして、主に制作会社や編集プロダクションなどで勤務したのち株式会社divに入社。 趣味は、歴史関係(史跡巡りや読書)、御朱印集め、国内外のサッカー観戦など。好きなチームはバレンシアCF。 好きな言葉は『士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし』

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement