テックキャンプのキャリア相談へ
資料請求はこちら

「iPadの音が出ない…」よくある原因と解決方法を解説

公開: 2020.12.06 更新: 2021.02.01

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

10年後も職を失わない人材になれる限定資料を見る

「突然、iPadから音が出なくなった…何が原因かわからない」

普段通り使えていたiPadの音が突然出なくなると「故障したのではないか」と不安になることでしょう。

しかし、iPadの音が出なくなる原因は故障だけではありません。ごく簡単な操作で元に戻せる場合があります。

iPadをいきなり修理に出すのではなく、まずはこの記事を参考に、音が出ない時の解決方法をお試しください。

iPadの音が出ない時に考えられる原因

解決方法を試す前に、iPadの音が出ない原因を調べていきましょう。
原因としては、以下の6つが考えられます。

  • iPadがマナーモードになっている
  • iPadの音量が最小(ミュート)になっている
  • アプリの設定で音声を切っている
  • アプリの不具合
  • Bluetoothイヤホンやスピーカーに接続している
  • イヤホン、ヘッドホンに不具合が発生している

それぞれ、解説していきます。

iPadがマナーモードになっている

iPadがマナーモード設定になっていることが原因の場合があります。

マナーモードに設定していると、iPadからは音が出ません(イヤホンを使っている場合、イヤホンから音は聞こえます)。

iPadの設定を見直してみましょう。マナーモードの確認方法と設定を変える方法は、後述します。

iPadの音量が最小(ミュート)になっている

iPadの音量も確認してみましょう。

以前、iPadを使った際に音量を最小(ミュート)に設定して、そのままということはないでしょうか。

あるいは、カバンの中で物がiPadの音量ボタンに触れてしまい、無意識のうちに音量が下がっていたということも。

音量は意外と見落としやすいので、改めて見直してみてください。

アプリの設定で音声を切っている

iPadだけでなく、使っているアプリの音量設定も見直してみましょう。

アプリには、そのアプリにのみ適用される音量設定があり、その音量が最小になっているため、音が出ないことも考えられます。

特に、ゲームアプリなどでよくある現象です。

「他のアプリを使っている時は音が出るのに、特定のアプリだけ音が出ない」という場合は、このケースを疑ってみてください。

アプリの不具合

アプリの音量設定も特に問題がない場合、アプリそのものが不具合を起こしている可能性があります。
アプリを再起動して、音が出るか確かめてみましょう。

アプリを再起動する簡単な方法は、「キャッシュを消去する」ことです。

iPadの種類によってキャッシュを消去する方法が異なるので、後ほど紹介いたします。

Bluetoothイヤホンやスピーカーに接続している

BluetoothのイヤホンやスピーカーなどにiPadを接続して使うことがある方は、Bluetoothの接続状況も確認してみましょう。

Bluetoothに接続しているため、Bluetooth機器から音が出ているものの、iPad本体から音が聞こえないというケースも考えられます。

イヤホン接続が解除されず「ヘッドフォンモード」のまま

イヤホンを接続していないのにiPadから音が出ない場合、「ヘッドフォンモード」が解除されていないことも原因として考えられます。

「ヘッドフォンモード」とは、iPadに有線または無線のイヤホンなどが接続されていて、そのイヤホンから音が出る状態のことです。

ヘッドフォンモードが解除されないときは、イヤホンジャックに原因がある可能性が高いです。

イヤホン、ヘッドホンに不具合が発生している

イヤホンやヘッドホンから音が聞こえない場合、iPadやアプリの問題だけでなくイヤホン・ヘッドホン側の問題も疑うべきです。

イヤホン・ヘッドホンの断線など、故障してはいないでしょうか。

あるいは、長年同じものを使い続けていて、劣化が進んでいないでしょうか。

イヤホン・ヘッドホン側が故障している場合、iPadに問題がなくても音が聞こえなくなってしまいます。

iPadの音が出ない時の対処法

iPadの音が出ない原因がわかったら、次の方法を試して解消しましょう。
どれも、非常に簡単な方法です。今すぐ行えますので、原因に合わせて実行してみてください。

  • マナーモードの設定を見直す
  • iPadの音量を調整する
  • アプリの音量設定を見直す
  • アプリを再起動する
  • Bluetoothの接続を解除する
  • イヤホン・ヘッドホンを買い換える
  • iPadを再起動する
  • iPadを初期化する

マナーモードの設定を見直す

マナーモードになっている場合、解除することでiPad本体から音が出るようになります。

iPadの横にマナーモードのオン/オフを切り替えるスイッチがついているなら、それを操作することで設定を変更できます。

スイッチがついていないタイプのiPad(iPad Pro)の場合は、コントロールセンターから設定を変更します。

画面の右上を下にスワイプすると、コントロールセンターが出てきます。その中に「ベル」のマークがありますので、オン/オフを切り替えましょう。

上記の方法で、マナーモードの変更が可能です。

iPadの音量を調整する

iPadの音量が最小になっていた場合、最適な音量まで戻しましょう。

iPadの横にある音量ボタンで調節するか、ホーム画面にある「設定」から「サウンド」を選択し、調節してください。

アプリの音量設定を見直す

音が出ないアプリの音量調節をします。

アプリ内にある「設定」などの画面で音量調節が行えるケースが多いので、確認してみましょう。

アプリを再起動する

iPad本体の音量を調節しても、アプリ側の音量を調節しても音が出なければ、アプリの不具合を疑ってください。

アプリを再起動することで、音が出るようになる可能性があります。

アプリを再起動するためにキャッシュを消去しますが、「ホームボタンがあるiPad」と「ホームボタンがないiPad(iPad Pro)」では、手順が異なります。

「ホームボタンがあるiPad」では、ホームボタンを2回連続で押すと、使用したアプリが画面に表示されます。

その中から、再起動したいものを上にスワイプしてください。その後、アプリを開くと再起動が可能です。

「ホームボタンがないiPad(iPad Pro)」では、画面を下からゆっくりと上へスワイプすると、使用したアプリが表示されます。

その後は、ホームボタンがあるiPadと同様の操作をしてください。

Bluetoothの接続を解除する

Bluetoothイヤホンやスピーカーに接続していることが原因である場合、接続を解除しましょう。

イヤホン・スピーカーの電源をオフにするか、iPadのホーム画面にある「設定」からBluetooth接続をオフにしてください。

Bluetoothの設定がオンになっていると、近くにあるBluetooth通信が可能な機器に自動接続してしまうことがあります。

自動接続がわずらわしい時は、iPadの「設定」からBluetoothの自動接続をオフにしてしまうのがおすすめです。

イヤホンジャックを掃除する

iPadが「ヘッドフォンモード」のまま解除されない場合、イヤホンジャックにホコリなどがたまっている可能性があります。

イヤホンジャックのくぼみはホコリが入り込みやすく、たまったホコリをiPadがイヤホンだと誤認識してしまい、ヘッドフォンモードになってしまうことがあるのです。

イヤホンジャックの中は定期的に掃除し、ホコリを出すようにしてください。

イヤホン・ヘッドホンを買い換える

イヤホン・ヘッドホンが故障、あるいは劣化している場合、買い替えを検討しましょう。
もし、買ったばかりのイヤホン・ヘッドホンにも関わらず音が聞こえない場合は、次の可能性も考えてみてください。

  • iPad非対応のイヤホン・ヘッドホンである
  • 通話にしか対応していないイヤホン・ヘッドホンである
  • 接続不良(iPadにイヤホンがきちんと接続できていない)

特に、Apple純正品でないイヤホンは、接続不良を起こす可能性があります。

上記の場合も、買い替えを検討するべきでしょう。

以下の記事で、iPadにおすすめのイヤホンを紹介していますので、購入の際はぜひ参考にしてください。

iPadを再起動する

ここまでに紹介した方法を試しても、音が出ないのであれば、iPadを再起動します。

iPad、あるいはアプリに原因があると考えられますが、特定できない場合は再起動してしまうのが最も早い解決手段です。

以下の記事では、iPadの再起動方法について解説しています。こちらの手順に沿って、再起動してみましょう。

iPadを初期化する

iPadを再起動しても音が出ない場合、初期化を検討します。

初期化とは、iPadを購入した時と同じ状態に戻すことです。

つまり、これまでiPadに保存してきたデータやダウンロードしたアプリは全て消えてしまいます。

初期化は最終手段と考え、実行する前は必ずバックアップを取っておきましょう。

iPadを初期化するときは、ホーム画面の「設定」から「一般」→「リセット」へ進み「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

パスコードと Apple IDを入力すると、初期化が始まります。

オンラインで無料キャリア相談!無理な勧誘は一切いたしません

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。教室でもオンラインでも学習が可能です。テックキャンプには「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」があるので、転職成功率は98%以上!

今後のキャリアに迷っているなら、一度無料カウンセリングで相談してみませんか?プロのカウンセラーがあなただけのキャリアプランを提案します。オンラインカウンセリングのやり方は簡単なので、ぜひご活用ください。

iPadが故障している可能性もあり

iPadを長期間使い続けている場合、音が出ない原因は、iPadの故障や劣化と考えられます。
iPadの寿命はおよそ2年ほどとされており、それを超えて使っていると、不具合が発生する可能性も高まるのです。

Appleサポートに相談しよう

出典:Appleサポート

iPadから音が出ない原因がわからない、あるいは故障を疑っているのであれば、Appleサポートへ相談するのがおすすめです。

Appleサポートのサイトには不具合の解決方法が紹介されています。しかし、その中を見ても最適な解決方法が見つからないことがあります。

そのような時は、Appleのスタッフに端末を実際に見せて、原因を診断してもらいましょう。

Appleサポートへの相談は、Appleストアで対応してもらえます。

混み合っていることも考えられるので、Appleのサイトから予約しておくと安心です。

参照:Appleサポート

iPadの買い替え・修理も検討しよう

音が出ない原因がiPad本体の故障であるなら、再起動や初期化をしても問題は解決しないでしょう。

この場合、iPadの買い替え、あるいは修理を検討するべきです。

修理はAppleストアでも依頼できますし、Appleストア以外でも対応してくれるお店があります。

費用を比較しながら、買い替えがいいか、修理がいいかお選びください。

iPadの音が出ない時でも落ち着いて対応しよう

iPadの音が出ないと、焦ってしまいがち。

しかし、原因がわかれば、ごく簡単な方法で解決できる場合があります。

音が出なくなったときは、落ち着いて対応しましょう。そうすれば、無駄な買い替えなどをして損してしまう事態を防げます。

その他のiPadの不具合に関しては下記の記事を参考にしてみてください。

IT業界未経験・知識0でもOK!テックキャンプでエンジニア転職を叶える

「エンジニアに興味があるけれど、未経験だから不安……」と、悩んでいませんか?
テックキャンプ初心者専用の教育プログラム。受講生はほとんどが非IT業界出身で、99%がプログラミング未経験です。それでも転職成功率は98%以上!

秘訣は、教室でもオンラインでもやりきれる「徹底した学習サポート体制にあります。

まずは無料オンラインカウンセリングで、不安に思うことを相談してみませんか。どんな小さなお悩みもプロのカウンセラーが丁寧にお答えします。 今年こそIT転職の第一歩を踏み出しましょう。

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

Avatar
新卒でベンチャー企業の営業に就職。残業がほぼない会社だったため、仕事が終わったら趣味のブログを書く毎日を送っていました。3年ほど勤めて退職し、ブログをきっかけにテックキャンプ ブログでライターデビュー。好きなものはマンガ、テニス、イラスト、サメです。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement