プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決!

世界で人気のECプラットフォーム「Shopify」がAR対応。日本でも注目が集まる理由とは?

作成: 2018.09.25 更新: 2019.04.08

>>副業・フリーランスという働き方
個人で稼げるスキルを!独立まで完全サポート

充実した機能と使いやすさで、ECプラットフォームとして世界で高い人気を誇る「Shopify」

2017年末に日本での本格的な展開をはじめ、ローカライズの進行と共に人気が高まりつつあります。

さらに2018年9月にiOS 12を利用したShopify ARが「便利すぎる」と話題です。

今回は、これから日本でもユーザーの増加が予想されるShopifyに注目するべき理由を徹底解説します。

現実に商品を投影するShopify ARが画期的

Shopify ARはiOS 12の機能であるQuick Look for ARを利用することで、Safari上で商品のARモデルを簡単に確認できます

iPhoneなどのiOS対応機種であれば、外部アプリをインストールすることなく、ヘッドセットなしでこの機能を利用可能。

実際のサイズの3Dモデルを自分の好きな場所に投影できるので、「家のリビングにサイズは最適なのか」「実際にデスクにランプを置くとデザインの雰囲気は合うか」などが購入前に確認できるのでとても便利です。

これにより、コンバージョン率を高め、商品の返品を減らせるといった効果が予想されます。Eコマースで課題となる商品が届いた際のギャップを埋めるツールとして、Shopify ARが活用される機会は増えていくでしょう。

Shopifyに注目するべき4つの理由

日本市場への最適化に力を入れるているなど、Shopifyに注目するべき4つの理由について紹介します。

shopifyは日本市場へのローカライズに力を入れている

日本向けのサービスのローカライズとして、日本語への対応をイメージする方は多いでしょう。Shopifyは管理画面などが日本語に対応しているだけでなく、日本語のマニュアルやサポート窓口も用意されています。

日本のECサイトで便利な郵便番号から住所を入力してくれる機能にも対応。この機能は日本のサービスで導入され、その後はアメリカのサイトも対応しました。日本へのローカライズがサービスのブラッシュに生かされた例と言えるでしょう。

また、2018年9月に日本語のコミュニティフォーラムも登場。このように、Shopifyは日本のユーザーに向けて、ローカライズに積極的に取り組んでいます。

多言語化サービス「WOVN.io」と提携

アプリ・WEBサイト多言語化管理サービス「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」とShopifyが2018年9月から提携を開始しました。これにより、Shopifyで作成したネットショップにおいて、簡単に多言語できるプラグインが利用可能です。

これにより、日本国内だけでなく、グローバルを視野に入れたビジネスの展開が行いやすくなりました。

Instagramとの連携が可能

Shopifyは人気のSNSであるInstagramと連携が可能。簡単に言えば、あなたのInstagramのアカウントでネットショップが開設できるということです。

Instagramaの投稿へ商品タグの追加を行い、商品を直接購入できます。他のアプリを開く必要がないので、ショップのお客様は快適なショッピングが楽しめるでしょう。

写真の投稿がメインとなるInstagramは、ブランドのイメージを構築しやすく商品の魅力を伝えたやすいため、Shopifyとの親和性は高いと言えるでしょう。

グローバル展開の実績を持つECプラットフォーム

海外への出荷に対応しており、多言語に対応したShopifyはグローバル展開の実績を持つECプラットフォームです。国の垣根を越える越境ECが行えるサービスとして、実際に成功例を生み出している点もポイントと言えます。Bento&coはその代表例と言えるでしょう。

Bertrand Co.

フリープランはありませんが、低価格で充実した機能が利用できます。ECプラットフォームを提供するだけでなく、ビジネスのパートナーとしてShopifyは幅広いサポートを提供。そのため、スタートアップが利用するサービスとしても最適と言えるでしょう。

トマさんは日本の弁当箱をグローバル販売するというアイデアで大成功。Shopifyでスタートしたストアは拡大を続け、フランスでの「Bento」ブームの火付け役となりました。さらに今では京都市に弁当箱専門の実店舗まで構えています。

引用元:母との会話がビジネスに!?「絶対に売れる!行ける!」お弁当箱の輸出で大成功のワケ

カナダ発のECプラットフォーム「Shopify」とは

カナダ発のECプラットフォームであるShopifyの概要について解説していきます。

「自分たちのためのネットショップ」がShopifyのはじまり

自分たちのスノーボード用品を販売するためにスタートしたネットショップがShopifyのはじまりです。そのような背景があるため、Shopifyはネットショップの運営者が商品の販売に集中できる仕組みがしっかりと整っています。

ネットショップに必要となるサーバーや為替・発送・通貨といった課題に対して、ShopifyはECプラットフォームとしてトータルでサポート。日本においても、日本語の窓口を設置するなど、ビジネスのパートナーとして幅広いサポートを提供しています。

2006年にカナダでわずか5人でスタートしたShopifyは、現在では3000人以上の従業員を抱える企業に発展しました。2017年の末に日本で本格的な展開をはじめたShopify。ローカライズが着実に進んでいることにより、日本においても注目が高まっていくことが予想されています。

ネットショップ数は600,000と海外で圧倒的な人気

海外ではすで高い人気を誇るShopifyは、世界の175カ国で展開。作られたネットショップは600,000を超えます。

必要な機能を持ったソフトウェアを提供する安定したSaaSの形態を取りながらも、Shopifyは幅広いアプリによる高い拡張性を持っていることが人気の理由の1つです。

変化の激しい現在のビジネスシーンにおいて、拡張性の高いサービスを提供することでそのスピードに簡単に対応できることがShopifyの魅力と言えるでしょう。

サブスクリプションモデルを採用

日本でも人気の高いBASEはフリーミアムのモデルを採用しています。フリーミアムは無料ではじめることができ、必要に応じて金額を支払って機能の拡張を行ないます。

Shopifyは月額29ドルのベーシックプランが基本となるサブスクリプションモデルを採用。どのプランであっても、登録できる商品数やストレージは無制限です。また、Shopifyからビジネスに対するサポートも受けられます。

さらに2000以上のアプリでカスタマイズできるので、事業の成長による変化にもスムーズに対応できる点がShopifyの他にはない特徴と言えるでしょう。

将来の不安はスキル習得で解決

「ずっと今の仕事を続けるのは不安」「将来収入があがる職につきたい」「やりたいことがない」

いま、日本では多くの若者がそう感じています。あなた1人じゃありません。
毎月数千人の方がTECH::EXPERTの無料キャリア相談に参加しています。

プロと話してキャリア構築を少しでもクリアにしませんか?

Shopifyが選ばれている理由

Shopifyが世界で選ばている理由は、ショップを成功させるノウハウと機能が用意されていることです。以下で、Shopifyのサービスの特徴について紹介します。

ネットショップが簡単に開設できる

Shopifyはデザインのスキルや知識がなくても、簡単にネットショップが開設できます。

100種類以上のデザイン性の高いテンプレートが用意されており、スマホやタブレットの表示にも対応したレスポンシブデザインにも対応。ネットショップを設置するWebサーバーも用意されています。

自分で購入したドメインも使え、既存のWebサイトにShopifyの機能の埋め込みも可能。ユーザーの環境に合わせて、Shopifyは柔軟な導入ができます。

SEO対策やSNSへの訴求もスムーズ

ネットショップを運営する上で、マーケティングはとても重要です。

Shopifyはそのようなマーケティングをスムーズに行ない、集客は効率的に行う仕組みを用意。SEO対策をはじめ、Facebook・InstagramといったSNSとの連携も充実しています。

マネジメントツールが使いやすい

ネットショップの売上や在庫の管理のためのマネジメントツールが使いやすいこともShopifyの特徴です。PCだけでなく、スマホからでも簡単に管理が行なえます。

決済方法はクレジットカードやPaypalはもちろん、日本で人気の高いコンビ決済にも対応。さまざまな便利なアプリも用意されており、ショップに合わせたカスタマイズもできます。

越境ECにチャレンジしやすい

日本だけでなく、海外をターゲットにビジネスを展開できる越境ECにチャレンジしやすいこともShopifyが選ばれている理由です。

それぞれの国において商品の取引におけるルールが設定されていることが多くあります。そのようなルールのケアはShopifyに任せられるため、ユーザーはどのようにWebサイトを展開するかに集中できます。

これは、175カ国でサービスを提供するShopfyの強みと言えるでしょう。

Shopifyを導入している日本の企業を紹介

Shopifyを導入している日本の企業を紹介します。これを見れば、いかにShopifyが使いやすいECショップに貢献しているか良くわかるのではないでしょうか。

アパレル

A Bathing Ape

国内だけでなく海外でも人気が高いアパレルブランド「A Bathing Ape」のECサイトにShopifyは使われています。日本円だけでなく、さまざなな国の通貨に対応。

bapeonline

Tabio

靴下専門店「Tabio」のアメリカ向けのサイトです。見やすくおしゃれで使いやすいUIが特徴。

Tabio USA Home

フード

ゴーゴーカレー

ゴーゴーカレーの公式通販にShopifyは使われています。シンプルで商品の購入が行ないやすいです。

また、PayPalやGoogle Payといった幅広い支払い方法にも対応しているのはShopifyならではと言えるでしょう。

Elmers Green

大阪に店舗を構えるコーヒーショップのECサイトです。コーヒー豆や器具の販売だけでなく、おいしいコーヒーの入れ方もわかります。

コーヒーを買う方に親切なWebサイトにすることで、お客様に高い満足を提供。

ELMERS GREEN CAFE / EMBANKMENT COFFEE

ライフスタイル

ARITA PORCELAIN LAB

創業1804年という長い歴史を誇る有田焼の老舗窯元「七代目弥左ヱ門」。その七代目弥左ヱ門によるユニークで現代的なアリタポーセリンラボが購入できるECサイトです。

シンプルでモダンなビジュアルメインのWebサイトからは、清潔感や知性が感じられるでしょう。Webサイトによってブランドのイメージを巧みに演出しています。

有田焼モダンラグジュアリーブランド|アリタポーセリンラボ公式有田焼通販 – ARITA PORCELAIN LAB

ATOMOPH

壁・デスクに設置し、4kの美しい画面で世界の風景が楽しめるAtmoph WindowのECサイトです。Atomoph Windowが生活の中でどのように利用できるのかが感覚的に理解できるビジュアルメインの構成。

購入もスムーズに行える点が、とても快適な印象を与えます。

Atmoph Window | スマートなデジタル窓

海外の大手企業も導入

Nestlé・Red Bull・Budweiserといった海外の大手企業もShopifyを導入して成功を収めています。既存のビジネスをさらに成長させる上でも、Shopifyは大きく役立つことが証明されていると言えるでしょう。

また、そのような成功をフィードバックとして運営に生かしている点もShopifyが成長を続けている理由です。

プランの違いについて

Shopifyには、事業の規模に合わせてベーシックプラン・スタンダードプラン・プレミアムプランといったさまざまなプランが用意されています。

ベーシックプラン

3つのプランには、共通して以下の機能が提供されます。

無制限の商品
無制限の帯域幅とオンラインストレージ
Shopify POS
オンライン販売チャネル
不正解析
手動での注文作成
ディスカウントコード
スタッフアカウント
ダッシュボードの概要
財務レポート
カスタマーサポート

引用元:プランの機能 · Shopifyヘルプセンター

新しくネットショップをはじめたいと考えた方に最適なプランです。月額料金は29ドルで、管理できるスタッフアカウントは2個です。スタッフアカウントによって、発送担当と商品登録のスタッフの権限を分けるなどの使い方が可能。

24時間サポートやWebサイトやブログを構築する機能も使用できます。小さい規模であれば、十分な機能と言えるでしょう。

スタンダードプラン

月額料金は79ドルで、管理できるスタッフアカウントは5個です。ベーシックプランの機能に加えて、ギフトカードの作成とプロフェショナルレポートが利用できます。

プロフェッショナルレポートは販売に対してより精度の高い情報が得られるので、ネットショップを利用するお客様の行動をより深く理解できるでしょう。ビジネスのさらなる成長を求める場合に利用したいプランです。

プレミアムプラン

月額料金は299ドルで、管理できるスタッフアカウントは15個です。

その他プラント比較して最も異なるのは、一番低いクレジットカード利用手数料と取引手数料を利用できる点です。取引の金額が大きければ大きいほど、取引手数料が低いことは利益に関わる大きなメリットと言えるでしょう。

さらにスタンダードプランの機能に加えて、カスタムレポートビルダー・高度な顧客レポート・送料自動計算が利用できます。

カスタムレポートビルダーは、独自のレポートの作成が可能。広告の費用対効果を検討する際にも役立つでしょう。また、高度な顧客レポートでは、リスクの高いお客様・リピーター・ロイヤルカスタマーなどを細かく把握できます。

送料自動計算は、配送サービスと連携して最新の配送料を利用可能。過剰請求などのリスクを減らせるため、お客様とより深い信頼関係が構築できます。

その他のプラン

ライトプラン

月額料金が9ドルで利用できる最も安いプランです。ライトプランはオンラインストアの構築ができません。FacebookなどのSNSでの販売や自分のWebサイトやブログにネットショップの機能を追加したい場合に適しています。

Shopify Plus

企業がさらなるビジネスの成長を求める際に最適なエンタープライズ向けのECプラットフォームを提供。マルチな販売チャネルを統合する高機能なダッシュボードをはじめ、大規模な企業向けの充実した機能が揃っています。

Shopify Plusを利用した企業の2017年度の平均成長率は126%とあり、その効果の高さがよくわかるのではないでしょうか。

Enterprise Ecommerce Platform | Scalable Software & Solutions

無料トライアルで今すぐ試す

Shopifyがどの程度使いやすく便利なのか気になる方は、14日間の無料トライアルの利用がおすすめ。実際に利用してみて、合わなければ他のサービスを利用しても良いでしょう。

無料トライアルや上記で紹介したプランの詳細については、以下のShopifyのWebページからご確認いただけます。

Shopifyの月額料金・プラン ー 世界シェアNo.1を無料トライアル

2018年9月29日・30日にポップアップストアが登場

東京都の表参道のコミュニティスペース「COMMUNE 2nd」にて、Shopifyはポップアップストアを出店します。

Pop Up Festival @COMMUNE 2ND powered by Shopify | Peatix

2018年9月29日と9月30日に行われるこのポップアップストアのテーマは、「オンラインストアからリアルなマーケットへ、リアルなマーケットからオンラインへ」。

Shopifyのユーザーとの交流や、ネットショップで販売している商品の販売などが予定されています。この記事を読んでShopifyに興味を持った方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

未経験からエンジニア・Webデザイナーを目指すならTECH::EXPERT(テック エキスパート)

TECH::EXPERT(テック エキスパート)は未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。

転職成功率は99.0%確実に使えるスキルを身につけるための教育と、徹底した就職サポートであなたの転職を叶えます。

無理な勧誘は一切ありません。まずは無料キャリア相談(カウンセリング)にお越しください。 ※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

無料キャリア相談の日程を見る

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、TECH::NOTEでの執筆を担当。好きな食べ物は豆腐。