おすすめVRコンテンツまとめ!スマホVR動画やアプリ・ヘッドセット5選

VRに興味はあっても、どういうものかをあまり知らない方も多いのではないのでしょうか。

私も最近になってVRを購入したのですが、購入の前はわからない事だらけで、一体何を選べばいいのかという事が全くわかりませんでした。

金額はどのくらいが妥当かや性能の良しあし、VRコンテンツにはどんなものがあるかなど、知らないことが多かったのです。

VRに興味があり購入を検討しているがどうしたらいいのかわからないという方の為に、今回は最近話題のVRについての気になる情報をまとめました。

おすすめのVRヘッドセットや、ヘッドセットを選ぶ際の注意点、VR動画を存分に楽しむ事ができるおすすめのVR動画についてもご紹介します。

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行うTECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

 

VRとは何か

VRとは「バーチャルリアリティ」の略語になります。

日本語で言うと「仮想現実」です。VR元年といわれた2016年から国内でも主流となったのは、ヘッドマウントディスプレイを装着することで、360°を見渡せる仮想現実を体験することができるというスタイルのものです。

テレビや2D映画に代表される、一般的な映像は平面的なものです。

VR動画と平面的な映像の一番の違いは、全方位の視野の有無です。VR動画を専用のヘッドマウントディスプレイを使って見ると、見る角度や方向で見える景色が変わります。

より現実に近い仮想現実の世界を体験する事ができるのです。

VRを初体験する男性の動画

VRは非常に没入感が高く、体験としてのインパクトが非常に大きなものです。初めてVR体験をする男性の動画を見てみましょう。

VRを体験した外国人の男性のこの反応をみるとかなりVRがよく出来ているという事がわかると思います。

 

このようにVR動画というのは、360°を見渡すことができるので、かなりの没入感を感じることができます

まるで本当に自分が仮想の世界にいるような体験をする事ができるのです。

好きなアーティストのライブなら、家にいながら参加しているような体験をする事ができたり、スポーツの観戦ならまるでスタジアムで観戦しているようかのような臨場感を体験できたりと、様々なことを仮想現実で体験する事ができるようになるのです。

VRヘッドセットのおすすめ4選

VRヘッドセットには、いろいろな種類があります。ここでは初心者の方におすすめのものを、4つご紹介します。

HTC Vive

【国内正規品】 HTC VIVE (コンシューマーエディション) 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPC壁紙配信 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPC壁紙配信 付

 

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)といえばコレという位、人気・知名度ともに高い商品ですね。

特徴は、専用のコントローラーがついていることと「VR空間の中を歩き回れる」ことです。

ルームスケールという仕組みで、ViveはプレイヤーのHMDの位置や向きをリアルタイムに検出します。部屋の中を動き回るとプレイヤーの動きが検出され、仮想空間内でも反映されます。

つまり、他のHMDに比べてVR空間内での動きの自由度が非常に高いのです。

 

 

Sony PlayStation VR

PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版

SONYから発売されている人気ゲーム機のプレイステーションから出た、VRのヘッドマウントディスプレイになります。

人気ゲームや最新ゲームをVRの中で体験する事ができ、かなりの迫力を感じる事ができます。

また、ゲームだけではなく映画等の動画コンテンツや、写真等の静止画も見る事ができます。

 

Personal 3D Viewer” HMZ-T3W

ソニー 【ワイヤレス対応】ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer" HMZ-T3W

SONYから出たヘッドマウントディスプレイです。ディスプレイは有機ELで、仮想ディスプレイのサイズは750インチと大きく、かなり大迫力でVRを体験する事ができます。

SONY製ということもあり音質も非常によく、なにより特徴的なのはワイヤレスで使えるという点です。高品質のワイヤレス通信を行える為、ヘッドマウントディスプレイを装着しながら部屋の中を動いてもコードが邪魔になるという面倒くささがありません。

スマホや、ブルーレイデッキなどにも接続が可能です。

オキュラスリフト(Oculus Rift)

Oculus Rift cv1 製品版 2016 オキュラス リフト (Oculus Rift cv1 製品版) [並行輸入品]

VR元年といわれる2016年初頭から国内で広く普及した、HTC Viveと並ぶ代表的なVR機器です。2017念に大きな値下げが行われ、Oculus Riftと専用コントローラであるOculus Touchのセットが5万円で購入できるようになりました。

VR Readyと呼ばれるスペックを備えたゲーミングPCをお持ちの方にとっては、Oculus Riftはハイエンドデバイスでありながら最も安価にVRを始められる選択肢の1つといえるでしょう。購入すると本体以外に、必要な接続ケーブル全てとVRアプリ7本がついてきます。

 

VRを選ぶ時に重要となるトラッキング性能とは

VRの購入時にチェックしてほしい性能にトラッキングがあります。

トラッキングとは、ヘッドマウントディスプレイに搭載されたセンサーや、外部のカメラをつかって位置情報を得る性能を指します。ヘッドマウントディスプレイを装着して後ろを振りかえったり首を左右に振ると、仮想現実でもその動きに合わせて見える景色が変わるという事です。

トラッキングの性能が高ければ、それだけ、自分の動きに合わせた映像を見るという再現率が高まります。

トラッキングには、ヘッドトラッキングポジショントラッキングというものがあります。

ヘッドトラッキングというのは、ヘッドマウントディスプレイ本体についているセンサーを利用してVRを楽しむというものです。

一方ポジショントラッキングは外部のカメラを使って位置情報を得ることでVRの世界を楽しむというものです。

ポジショントラッキングは外部のカメラをいくつか使って位置情報を得るので、より再現率は高くなります。

しかし現状ではヘッドトラッキングに比べ高価な上、スタンドアロンではなくPCが必須のものが多いため、接続に使うケーブルが邪魔になりやすいという弱点があります。

スマホにはジャイロセンサーがついていますので、外部のカメラなどを使わなくてもVR動画を楽しめることができます。

没入感を深く感じるには、ディスプレイの性能をチェック

VRの没入感を高めるには、ディスプレイの性能も重要です。特に注意すべきは、ヘッドマウントディスプレイのパネルが有機ELなのかそれとも液晶タイプかです。

VRで深い没入感を得ようとすると、ディスプレイの滑らかさや画質の良さというのはかなり重要になってきます。液晶タイプのパネルを使用しているものより、有機ELを使ったヘッドマウントディスプレイの方が性能が高まります。

また気になるのが解像度です。フルHDとされているヘッドマウントディスプレイでも、片目あたりの解像度はフルHDの解像度を下回っていることがあります。より快適なVR体験をするには、片目あたりの解像度が高い機器を選びましょう。

あまり粗悪な性能のヘッドマウントディスプレイを使っていると、 VR酔いと言う症状を引き起こす可能性が高まります。

長く楽しくVRを楽しむ為にも、できるだけVR酔いを引き起こさないようなものを選ぶというのが重要なのです。

 

VR酔いとは

VR酔いについても説明します。

VR酔いとは、簡単にいうと乗り物酔いと同じような症状です。

乗り物酔いは三半規管の混乱によって気分が悪くなったり吐きそうになったりするような症状です。VR体験をすると、似た症状が起きることがあります。

 ヘッドマウントディスプレイを使うと仮想空間内で見ている映像と自分が居る現実とのズレが三半規管の混乱を起こすケースがあります。その結果、気持ち悪くなってしまうことがあるのです。

自分が首を横に振ったとします。少しズレが生じてヘッドマウントディスプレイで見ている画面が切り替わります。つまり自分の体は全く動いていないのに、ヘッドマウントディスプレイの画面の中では景色が急速に変化していくのです。

見ている風景と現実世界の自分の行動とのズレの違和感によって、気分が悪くなるのがVR酔いです。

VR酔いを防ぐためには、まずより良いディスプレイ性能を求めるのが有効とされています。

 

VR酔いの対策として

酔い止めを飲んだり、梅干を食べて唾液を沢山出しておくといった乗り物酔いと同様の対策も、VR酔いを防ぐのに非常に有効です。もしVR酔いで困っているという方がいらっしゃれば試してみてください。

機器を買う前に、コンテンツもチェックしよう

VRを最大限楽しむためには、性能だけではなくコンテンツもチェックしておいた方がよいでしょう。VR酔い対策にはユーザー側の対策だけでなく、コンテンツ制作サイドにも対応が求められます。具体的には一定のフレームレートを確保したり、ユーザーの頭の動きと無関係にカメラを動かさないことが必要です。

こうした対策がされていないコンテンツは、VR酔いという観点からみると危険性が高いです。

使用するヘッドマウントディスプレイのメーカーによって、使用できるアプリ等は変わってきます。

そうしたことを踏まえ、ヘッドマウントディスプレイを購入する前にそのメーカーの機器で楽しむことのできるコンテンツを事前にチェックしておくことをおすすめします。

スマホ対応のおすすめVRゴーグル3選

PCやPS4をもっていなくても、スマホとスマホ対応のVRゴーグルがあればVRを体験する事ができます。

左右で異なる映像をスマホのディスプレイで映し出し、その映像をレンズのついたゴーグルで見ることにより立体的な映像を見ることができるという原理です。

またほとんどのスマホにはジャイロセンサーという動きを感知するセンサーがついていますので、VRを楽しむことができるのです。

ヘッドマウントディスプレに比べると、価格もお手頃で手に入りますし、新しくハードを買う必要もありませんので、気軽にVRを体験する事できます。

Amazon等でもかなり多くの種類のVRゴーグルが売っていますが、その中でもおすすめのVRゴーグルを幾つかご紹介させていただきます。

VOX PLUS 3DVR

VOX PLUS 3DVR ゴーグル ヘッドマウント用 ヘッドバンド付き ホワイト

4.0インチから6.0インチのスマホに対応しています。

インチ数だけの指定ですので、対応機種の制限がありませんので幅広い機種に対応しています。

500°までの近視の人でも、使う人の焦点や瞳孔間距離を調節できるアジャスターがついていますので、裸眼でも楽しめるようになっています。

VOX PLUS BE 3DVR

VOX PLUS BE 3DVR ゴーグル イヤホン実装

イヤホン付きのヘッドセットになります。VRを体験するなら、VRゴーグルだけでなくイヤホンも用意した方が圧倒的に没入感は高くなります。

このVRゴーグルは本体にイヤホンを内蔵しているので、別でイヤホンを用意しなくてもいいので、便利です。

音量調節も本体からできますので、使い勝手もよくおすすめの商品になります。

 

HOMiDO

 

Homido Virtual reality バーチャルリアリティヘッドセット [並行輸入品]

視野角がとても広くはっきり見えると評判のVRゴーグルです。フランス製のカスタムレンズを使用していて、画面距離も調節が可能です。

スマホのVRアプリ

スマホでVRを楽しむ為には、VR対応のアプリが必要です。スマホ対応のおすすめVRアプリを5つご紹介させていただきます。

Roller Coaster VR attraction

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.fibrum.roallercoastervr&hl=ja

ジェットコースターアプリを代表するようなVRアプリです。かなりグラフィックが綺麗で評判のアプリです。大自然の中を走り抜けたり、水の中に入ったりと家にいながら、絶叫体験をする事ができます。

ただ景色が目まぐるしく変わりますので、VR酔いに不安をお持ちの方は酔い止めを事前に飲むといった対策をしたうえでプレイするのがおすすめです。

VR Cinema

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.fibrum.vrcinema&hl=ja

まるで、ホームシアターで動画を見ているような体験のできるアプリです。

家にホームシアターのシステムがなくても大迫力で臨場感を感じながら、映画の鑑賞等を体験する事ができます。

Fish Schooling VR

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.doubledigital.fishschooling&hl=ja

シュノーケリングの体験ができるVRアプリです。

グラフィックの品質が高く、自分の吐いている泡の表現などにこだわりが見えます。疲れたあなたの心を癒してくれるかもしれません。

絶叫系のアプリに疲れたら、息抜きに最適なアプリです。


Deep Space Battle VR

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gamearx.spacerumble&hl=ja

360°が視界のシューティングゲームです。全方向から襲ってくる敵を倒すというゲームなのでかなり緊迫感のある体験をする事ができます。

なごみの耳かきVR

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dlsite.nagomimi&hl=ja

なごみちゃんが耳かきをしてくれるというVRアプリす。3Dモデルのなごみちゃんが可愛いと評判です。

このアプリの凄いところは耳かきをされているような、ゴソゴソという音まで表現されているところです。

可愛い女の子に耳かきをされる体験をしたいという方にはおすすめです。

スマホで見れるVR動画

スマホでVRを楽しめる動画というのも、最近はどんどん増えてきています。ここでは、スマホを使って楽しめるVR動画のおすすめを5つご紹介させていただきます。

マリオの世界を体験できる動画

マリオの視点でマリオの世界を体感する事ができます。誰でも知っているBGMを聞きながら、マリオになったかのような体験ができますのでおすすめです。

スターウォーズの世界観を体感できる

スターウォーズの世界観を体験する事ができます。10分程度の長めの動画で迫力ある体験ができます。

 

VRでホラー体験ができる

ホラー動画をVRで楽しむことができます。360°ホラーの世界を見渡すことができます。

普通の動画をみるより迫力は倍増ですね。怖いの苦手な方にはおすすめしないかもです。

 

家にいながらスカイダイビング

スカイダイビングをVRで追体験できます。スカイダイビングをしたことがない方や、スカイダイビングが好きだけれど普段なかなかする機会がない方におすすめです。

まとめ

ヘッドマウントディスプレイは今のところ安くはない値段なので、購入に踏み切るには多少の思い切りが必要になってきますよね。

まだVRを使ったことがないという方であれば、スマホ対応のVRゴーグルから体験してみるというのも手です。ヘッドマウントディスプレイ程のクオリティーは期待できませんが、新しいアプリや動画も続々と登場してきています。

2016年はVR元年といわれる程、VRが世界に存在感を示した年となりました。これからも、どんどん新しいコンテンツも登場します。ますます盛り上がりを見せるVRを、一度体験してみてください。

絶対に挫折しないテクノロジー体験会で
最新のプログラミングを学ぼう

プログラミング体験会

TECH::CAMP』のプログラミング体験会なら、Webや人工知能、VRといった最新テクノロジーを無料で学べます。教室で講師に質問し放題なので、全くの未経験からでも絶対に挫折せずにやり切れます。

  • 実際にプログラミングを触れる
  • 質問し放題なので、疑問点が即解消される
  • テクノロジーをなぜ学ぶべきなのか明確になる
  • 人工知能やVRなど他では学べないテクノロジーが学べる

まずは一度プログラミングに触れてみたい方は気軽にご参加ください。なお月に1000名以上が参加するため、予約はお早めをオススメしております。

プログラミング体験会を詳しく見る

takuma takuma
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    記事をシェア→