無料キャリア相談はこちら
資料請求はこちら

【2021年1月第3週】最低限知っておきたいIT関連ニュースまとめ

更新: 2021.01.11

>>転職成功人数3200名以上 テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

最新の IT ニュースから、最低限知っておきたいものをピックアップ。

時間がない人でもさらっと読めるようにコンパクトにまとめてあるので、最新ニュースへのキャッチアップに活用してください。

Googleが1月の新型コロナウイルス陽性者数を14万人増加と予測

出典元:COVID–19 感染予測(日本版) Japan: COVID–19 Public Forecasts

Googleが「COVID–19 感染予測(日本版)」において、1月5日から2月1日までの陽性者数を14万人増加と予測。

緊急事態宣言の対象となる1都3県の予測は以下の通りです。

  • 東京都:予測される死亡者数 1,121、予測される陽性者数 61,657
  • 神奈川県:予測される死亡者数 283、予測される陽性者数 19,664
  • 埼玉県:予測される死亡者数 178、予測される陽性者数 9,628
  • 千葉県:予測される死亡者数 97、予測される陽性者数 9,565

ピークと予測されているのは1月14日の8,984で、木曜日に増加傾向にあることも見て取れます。適切な対応や準備を行う上で、参考にしてください。

厚生労働省のオープンデータなどを基にAI(人工知能)を活用して感染予測を行っており、データは随時更新されています。

緊急事態宣言が発令され、移動する人が減ることで、この数値が変動する可能性は高いでしょう。

最新の情報については、以下のGoogleのWebページからご確認ください。

COVID–19 感染予測(日本版) Japan: COVID–19 Public Forecasts

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

2020年のモバイルアプリ市場は1,110億ドルに到達 2019年から30%成長

出典元:SensorTower

SensorTowerは、App SotreとGoogle Playを併せた2020年の世界のモバイルアプリ市場規模が1,110億ドルに達し、2019年の852億ドルから30%成長したと発表しました。

この金額には、アプリ購入・アプリ内購入・サブスクリプションが含まれています。成長の背景には、コロナ禍での生活者のニーズや行動の変化があると考えられるでしょう。

モバイルアプリ市場の大きな割合を占めるのはゲーム。iOSで65.8%、Google Playで82.6%を占めています。最も高い収益を挙げたタイトルは『PUBG Mobile』です。

出典元:SensorTower

また、ゲーム以外で最も高い収益を挙げたのはTikTok。自宅で楽しめる動画コンテンツやマンガなどのエンターテインメントのアプリが人気を集めたことがわかります。

出典元:SensorTower

モバイルアプリ市場のデータからも、2020年に生活に大きな変化があったことが実感できるでしょう。

Global Consumer Spending in Mobile Apps Reached a Record $111 Billion in 2020, Up 30% from 2019 – SensorTower

Samsungが1月14日にオンラインイベントを開催

出典元:Galaxy

Samsungが、アメリカの現地時間の1月14日10時からオンラインイベント「Samsung Galaxy Unpacked 2021」を開催することを発表しました。

公式サイトではイベントのアナウンスと共に、半透明の箱にパーツのようなものが入った画像が掲載されています。

これは、Galaxy S21のアウトカメラのモジュールと見られており、イベントは次期フラッグシップデバイス「Galaxy S21」の発表会になるのではと噂されています。

イベントの視聴はGalaxyの公式サイトから閲覧可能です。

Galaxy(ギャラクシー)ホーム – Galaxy公式(日本)

Intelがセキュアな顔認証システム「RealSense ID」を発表

出典元:Intel

Intelが1月6日に顔認証システム「RealSense ID」を発表しました。

専用に開発されたニューラルネットワークとアクティブ深度センサーが組み合わさったカメラシステム。POSやATMといった機器での利用を想定して開発されました。

顔認識システムは、プライバシーの侵害やセキュリティリスクの観点から問題視する意見も見られます。

RealSense IDはそのような問題点に対して、なりすまし防止技術、処理のローカルでの実行、ユーザーデータの暗号化といった技術で対応していることポイントと言えるでしょう。

RealSense IDの価格は99ドルで、3月1日から発送される予定です。

Intel RealSense ID – Facial Authentication

3倍速くなったRuby 3.0.0がリリース

出典元:Ruby

Ruby 3.0系列で初となるRuby 3.0.0がリリース。Ruby3.0.0の開発はパフォーマンスの改善・並行処理・静的解析という3つの目標を掲げて行われてきました。

その結果、Ruby3.0.0はOptcarrotベンチマークでRuby 2.0系列の3倍の数値を達成。ただし、まだRuby on Railsのような負荷の大きいワークロードでは、性能の改善には至っていません。

並行処理を実現するためにRactorとFiber Scheduler、静的解析のためにRBSとTypeProfを実装。その他にもmeasureコマンドの追加やライブラリのアップデートなど、さまざまな改善が行われています。

Ruby 3.0.0 リリース

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement