マネジメント
大阪の業界最大手監査法人で勉強会を開催しました!

医者・弁護士と並んで、日本3大資格の1つとして数えられる公認会計士を数多く抱え、企業の決算書をチェックするなど、株式市場を裏方で支えている監査法人。

そんな一見ITとは無縁のように感じてしまう監査法人にて、TECH::CAMP主催の勉強会を行いました!

なぜ、監査法人に勤める方々がITスキルを学ぶ必要があるのか、社内でのIT勉強会の発起人である某大手監査法人でマネージャーを務める橋本年起さんにお話を伺いました。

IMG_3420

プロフィール    橋本年起さん

公認会計士。大手監査法人にて数多くの企業の監査業務に携わり、現在マネージャーを務める。また、ベンチャー企業の支援にも携わっている。

プログラマーになりたかった学生時代

──普段はどのような業務を行っているんですか?

メインは監査業務で、今の役職になってからはマネジメント業務も行っています。

それと、監査法人の子会社でベンチャー企業をサポートする会社があるのですが、そちらではベンチャー支援の活動を行っています。

具体的には、支援先企業数社に月1回訪問し、事業の相談に乗ったり、ベンチャー系のイベント企画や登壇を行っています。

──橋本さん自身は、プログラミングの経験はあったのでしょうか?

少しかじった程度ですね。元々私自身、小さい頃からプログラミングに興味がありまして、学生の頃はプログラマーになりたいという夢がありました。

当時は独学で本を読んで勉強していたんですが、難しくて挫折してしまい、会計士の道に進むことにしました。

しかし、監査法人で仕事をしつつも、ずっとプログラミングに対する憧れがあり、いつかやってみたいと思っていました。

IMG_3417

どんな産業でも迫られる、ITスキルの必要性

──どうして、社内でIT勉強会を開催しようと思われたんでしょうか?

近年IT知識の必要性というのは、業務を行っていても日々感じていました。

社内にも自主的にプログラミングを学んでいる者もいたので、この機会に一度社内で勉強会を開いてみようと思いました。

──監査業務のどういうところで、IT知識の必要性を感じるんでしょうか?

これまで監査業務は、クライアント企業が手作業で記入していたものを我々会計士がチェックするというやり方で行ってきました。

それが近年、手作業ではなく、ITシステムに入力したものを会計士がチェックするという形になりつつあります。

そうなれば、これまで1つ1つ手入力の間違いがないかをチェックしなければいけなかったのが、システムを見てミスがないかを確認するだけでよくなり、作業効率が格段に上がります。

この業界では間違いなく、今後ITの活用は進んでいくと思いますよ。

IT勉強会を開催するとなって、社内での反響はどうでしたか?

すぐ、募集枠が埋まってしまいびっくりしました(笑)

最初社内で30名で募集を行ったところ、募集開始初日で満席になり、キャンセル待ちの状態になりまして。それで定員を40名まで増枠することになりました。

この結果からみても、社内にIT知識の必要性を感じている方は多いですね。

──本日開催されたTECH::CAMP主催の勉強会はいかがでしたか?

意外と知っているようで、知らないことがあるなと思いました。名前は良く聞くけど、それがどういう機能を担っていて、それはコンピュータやwebサービスでどういう役割を果たしているのか。

この当たりがとても明確になった気がします。今日プログラミングに簡単に触れてみて、少しやったことがあるだけでも全然違うんだろうなと感じました。

完全未経験者向けのIT基礎スキルを身に付ける勉強会

■タイムテーブル

80分:非エンジニアのための押さえておきたいWEBサービスの基礎技

30分:ライブコーディング

30分:プログラミング体験会

IMG_3350

最初の80分でTECH::CAMP代表の真子による、「非エンジニアのためのIT勉強会」を行いました。

サーバーやOSなど、コンピュータの基礎にあたる話しから、webサイトの仕組みやデータベースの話など、よりwebサービスやシステムに近い部分の話まで幅広く講義を行いました。

IMG_3399

次の30分では、プログラミング言語Rubyを使ったライブコーディングを行いました。

参加者のみなさんには1人1台PCを準備していただいたので、ライブコーディング(簡単なRubyのアルゴリズムを組みました)をしつつ、みなさんそれを書き写して、プログラムの挙動を楽しんでいただきました。

IMG_3389_m

そして次の30分では、Rubyのアルゴリズムを用いた簡単な問題を出し、それを参加者のみなさんが解くという形式でプログラミングを体験して頂きました。

TECH::CAMP同様、わからないところはすぐメンターに質問することができます。参加者のほとんどがプログラミング未経験にもかかわらず、8割の方が解答できたのには驚きました。

勉強会の感想を聞いてみました!

勉強会に参加いただいた方の中から、勉強会の感想をお聞きしました。

後半のプログラミングが簡単なもので、しかも実際に手を動かしてプログラムを動かしてみることができたので、システムの理解につなげられ有用でした。(30代男性)

大枠をわかりやすく簡便的に学べることは、初心者としては非常にとっつきやすいと感じました!このような機会があれば、次回も参加したいです。(40代男性)

TECH::CAMPでは各種研修をおこなっています!

TECH::CAMPでは法人様向けに、無料出張勉強会TECH::CAMP研修を行っています。

TECH::CAMP研修では企業様の要望にお応えし、最短2週間 ~ 最長3ヶ月まで柔軟にカスタマイズを行い、研修プランを作成しています。これまで大手人材系企業からベンチャー企業まで数多くの企業様に導入いただいております。

※記事掲載当時の情報です。 

徹底的に成果にこだわったプログラミング研修

人材最大手、総合商社といった一部上場企業からベンチャーまで、TECH::CAMP研修は様々な企業様から成果の出る研修として選ばれています。

TECH::CAMPプログラミング研修

  • 研修を設計したものの受講生のモチベーションがあがらず成果につながらない
  • 最終的な成果が見えづらく社内で研修の意義を説明できない
  • スケジュールや実施方法など柔軟に設計したいものの、研修会社の都合で画一的な研修しか実施できない

このような課題はありませんか?『TECH::CAMP研修』では、週次でのモチベーション面談やキックオフの実施などで受講生を徹底サポート。また、週次レポートやオンライン管理画面といった研修担当者向けのサポートも充実。成果にこだわり抜いたTECH::CAMP研修の詳細をぜひご確認ください。

資料請求はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー