非エンジニアがプログラミングを学ぶことに意味はあるのか

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行う(転職できなかったら全額返金)TECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

自らの職業がエンジニアでない限り、プログラミングの必要性を感じない方は多いと思います。事実、エンジニア以外でプログラミングを習得している人はごくわずかな状況です。

そんな中、自身が非エンジニアでありながらプログラミングを学習するという選択肢を選んだ小沢さんにお話を伺ってみました。

プロフィール   小沢宏美さん

株式会社インテリジェンス新卒入社後、2,000名以上のエンジニアのキャリアコンサルタント、採用人事を経て、現在はエンジニアのためのイベント&コミュニティースペースdots.のコミュニティーマネージャーを務める。

「エンジニアは、難易度は高いが自分の手でプロダクトを世に生み出すことのできる高貴な職業だ」と惚れ込み、そのエンジニアの気持ちを理解し、本質的な支援ができるようになりたいと、現担当就任前にTECH::CAMPを受講。

エンジニアってやっぱりすごい

── 現在の仕事とそのきっかけを教えてください

元々は、エンジニアのキャリアコンサルタントや採用人事をやっていたのですが、そこで2,000人のエンジニアとお会いして、エンジニアが大変難易度の高い職業であると感じた一方で、自分の手でプロダクトを生み出すことができる、とてもステキな仕事であると感じました。

それから、もっとエンジニアやIT業界をサポートしたいと思うようになり、現在はエンジニアのためのイベント&コミュニティスペースを運営するdots.でコミュニティマネージャーをしています。

── プログラミングを学習しようと思ったのはどのような理由ですか

プログラミングの学習を通して、自分がエンジニアの気持ちをもっと理解したほうがいいと思ったのと、自分もエンジニアやってみて好きになれたら、それはそれでいいと思ったからですね。

── 実際にプログラミングを学習してみていかがでしたか

やっぱり、プログラミングは好きになれませんでした(笑)単純に難しかったです。自分が元々とっても機械音痴でパソコンもほとんど触れなかったせいもありますが(笑)

でも、実際に手を動かして学んだことで、エンジニアのやっている仕事やその難しさ、必要な集中力を肌で感じることができました。

 プログラマーでないならプログラミング言語が書けるようになる必要はない

── プログラミングを学んでから現在の仕事はどう変わりましたか

新しいアイデアや企画を考える際に、実際にプログラミング実装をする際の細かな仕様まで想像できるようにもなって、より具体的に考えられるようになりました。

そして、細かい部分が分かるからこそ、エンジニアにも正確に自分のアイデアを伝えることができています。

また、プログラミングで何が出来るのか、それを作るのにどれくらい大変なのかというのがわかったことで、エンジニア側の考えや気持ちが考慮できるようになりました。

エンジニアとのコミュニケーションは、格段に取りやすくなったと思います。彼らとの距離が縮まったのはとても嬉しいです。

大事なのは、実際にプログラミングが出来るようになるかどうかではなく、共通言語として一通り構造を理解しておくことですね。

ozawa_san_1

 知識の幅を広げ視野を広げる

── 現在はどのような企画をされているのですか

dots.女子部というエンジニア女子の部活を作りました。約半年運営して部員が110名を超えました。今は月に2〜3本のエンジニアイベントを企画しており、来月には、なんと合宿も行われるほど成長しています。

これもエンジニア女子ならではの悩みを考えられるようになったからこそ、思いついた企画です。次は、dots.学生部という部活の方も発足しようと動いています。

── 最後に読者の方々に一言お願致します。

プログラミング学習の醍醐味は、習得したコーディングスキルをちょっとした日常業務の効率化にも使用できるということです。

データ収集をする際に、コードを書いてスクレイピングしたり、コミュニケーションツールslackをカスタマイズして便利にしたり、ちょっとのコーディングでめちゃめちゃ便利にできることがあります。

また、コードを書くときにはMECEになるように組み立てないといけません。正確なコードを書く練習は、秩序立って物事を考える練習になり、論理的な思考の仕方が染みつきます

ただ、注意して欲しいのは、あくまでコードが書けるようになることが目的なのではなく、プログラミング学習を通して今までの世界を新しい角度から見られるようになることを目的にして、学習をするとよいということです。

もし、あなたが今の仕事に行き詰まりを感じているのならば、プログラミングを学ぶことで、新しい視座が開けることを私が保証します。

ozawa3

小沢さん、貴重なお話ありがとうございました!

なぜTECH::CAMPが選ばれるのか?「テクノロジースキルは教養として必要である」以外の3つの理由

1:プログラミングだけじゃない。超初心者にもわかりやすいカリキュラム(教材)
これまでTECH::CAMPで学んだ方は8000人以上。その方々から質問を受けるたびにカリキュラムの内容を見直し、これまで5000回以上の改善を繰り返しました。情報もどんどん最新のものにアップデートされていきます。本や紙教材だとそれは不可能です。洗練されたTECH::CAMPのカリキュラムには自信をもっています。

2:質問し放題。メンターと呼ばれる講師が教室に常駐
独学で挫折する1番の要因は、トラブル解決方法がわからないこと。エンジニアの友人に聞こうにも説明できない、という初心者はたくさんいます。教室でメンターと一緒に即解決できる、この環境が挫折しないために重要です。

3:一緒に学ぶ仲間ができる。起業のパートナーが見つかる可能性も
TECH::CAMPを選ぶ人に共通しているのは「テクノロジーに対してアンテナをはっている」「成長意欲がある」「継続の力がある」という点です。そんな方々が同じ教室で肩を並べてスキルを磨くのです。みなさん卒業してもつながりが続き、仕事で関わったり一緒に起業したりと、人生を変えています。

あなたも今すぐTECH::CAMP無料体験会へ。

「はやくエンジニア転職したい!」という方はプロコースTECH::EXPERT無料カウンセリングにお越し下さい。

rayray_py rayray_py
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    記事をシェア→