テックキャンプのキャリア相談へ
資料請求はこちら

Visual Studio Codeを日本語化する方法を解説

更新: 2021.02.19

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

10年後も職を失わない人材になれる限定資料を見る

Microsoftが提供する「Visual Studio Code」は無料ながら多機能かつクロスプラットフォームで、定評のあるコードエディターです。

しかしインストールするだけではメニューなどが英語表示のため、英語に慣れていないユーザーにとっては取っつきにくいかもしれません。

そこで本記事では、Visual Studio Codeを日本語化する方法を解説しています。

Visual Studio Codeがインストールされていれば数分で終わる作業ですので、ぜひ参考にしてみてください。

Visual Studio Codeを日本語化する方法

Visual Studio Codeを日本語化する方法を解説します。

  1. メニューから[View] – [Command Pallette] を選択しますVisual Studio Code 日本語化
  2. [Configure Display Language]を選択します
    ※選択肢に出ない場合は、先頭の文字「confi~」を入力すると表示されます
  3. [Install additional languages…]を選択します
  4. [Japanese Language Pack f…]を選択し[Install]をクリックします
  5. [Restart]を選択すると再起動し、日本語化されます。
  6. 再起動し、日本語化されたことが確認できました。

Visual Studio Codeを日本語化する方法 まとめ

本記事はVisual Studio Codeを日本語化する方法を解説しました。

プログラミングのスキルを身に付けるには、学習のステップを理解するのがとても大切です。

以下の記事では、初心者が基礎からプログラミングを学ぶためのステップ・効率的に学ぶポイント・壁の乗り越え方などについて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

未経験からのIT転職を叶えるテックキャンプが、今なら受講料30,000円OFF!

IT転職したいけれど、未経験からの転職は不安……」と思っていませんか。
テックキャンプでは、受講生の90%以上が非IT業界。未経験でも30代でもエンジニアに転職しています。転職成功率は98%以上!

挫折しやすいプログラミング学習も、テックキャンプには最後までやりきれる理由があります。
✔初心者でもわかりやすい学習教材
✔プロの講師に質問し放題の環境
✔学習から転職まで、徹底したサポート

今なら受講料が3万円オフになるキャンペーン開催中。2021年は行動して自分を変えましょう!

キャンペーンの詳細はこちら

この記事を書いた人

Watanabe
新しいものが好きなミーハーです。個人ではガジェット紹介ブログを運営しています。好きな食べ物は近所の焼き肉屋の牛タン。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement