テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

音楽再生ソフト「Winamp」が復活!最新版はストリーミング対応やクラウド化も

更新: 2019.10.03

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

1997年に登場し大ヒットした音楽再生ソフト「Winamp」が16年振りに大型アップデートを経て復活することがわかりました。

インターネット黎明期、パソコンから好きな音楽を再生された思い出がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、大きな注目を集めている「Winampの復活」についてのニュースを詳しくまとめています。

音楽再生ソフト「Winamp」が復活

かつて隆盛を誇ったWindows向け音楽再生ソフト「Winap」がストリーミング対応など大幅なバージョンアップを経て復活することが報道されました。

バージョンアップでは、クラウドに対応。さらにはポッドキャストやストリーミングサービスなど既存のサービスを一カ所に統合するプラットフォームとして機能する音楽プレイヤーとなるようです。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。

3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説!

資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

Winamp バージョン6の機能は?

クラウド化

Winampバージョン6は、従来の端末へインストールするタイプではなく、クラウドで利用できるようになります。

iOSアプリ版のリリース

バージョン6では、Windows/Mac版に加えてiOS向けのアプリがリリースされる予定となっています。(Android向けアプリは現時点でリリースされています)

様々なサービスを1カ所に統合する「プラットフォーム」としての機能する可能性

RadionomyのCEOのAlexandre Saboundjian氏は、「音楽ファイルだけでなくポッドキャストやプレイリスト、インターネットラジオ、クラウドなどをすべて単一の検索可能なプラットフォームに統合する」と述べています。

Alexandre Saboundjian氏は以下のようにも発言しています。

・「全く新しいエクスペリエンスがもたらされるでしょう」
・「自宅においてあるMP3のほか、クラウド、ポッドキャスト、ストリーミングラジオ局、自分で作ったプレイリストなどさまざまな音楽をWinampで聴くことが可能になります」
・「人々は1カ所ですべてが体験できることを望んでいます。Winampはそれをかなえる完全なプレーヤーになるでしょう」

現在、音楽再生・ストリーミングサービスは多岐に渡っています。スマートフォンにたくさんのアプリがインストールされているという方も多いのではないでしょうか。

「1カ所ですべてが体験できる」という点についての具体的な発表はされていませんが、SpotifyやApple Musicなどとの連携が行われれば、新型Winampは新たな音楽再生プラットフォームとして機能するようになるかもしれません。

新機能の続報は公式サイトへ登録

Winamp公式サイトへメールアドレスを登録すると、新機能などの最新情報が受け取れるようになるようです。

気になる方は登録し、続報を待ちましょう。

Winampとは

1997年の登場し、世界的なヒットを遂げた音楽再生ソフトです。mp3などの再生だけでなく動画再生にも対応しています。他にもプラグインを導入することによって、外部ツールと連携し、ネットラジオ配信が可能なツールとなっています。

Winampは音楽CDをパソコンに取り込み、mp3ファイルとして管理することができるというもの。1990年代に主流だったカセットテープやMDのような感覚であり、多くの人に受け入れられました。

この度、Winampは機能を大幅にアップデートし、再び音楽市場に復活することが明らかになりました。ツイッターでは、当時ソフトを使っていた元ユーザーなどから大きな注目を集めているようです。

Winampの特徴

Winampの大きな特徴はスキン(アプリケーションソフトの外見の仕様を変更する機能)を用いて、自分好みの見た目にすることができる点です。

公式には10000種類以上のスキンが用意され、さらにスキンは自作することも可能となっていました。

Winampの歴史

Winampはソフトウェア企業Nullsoftによって開発され、1997年の初期バージョンの登場から多くのユーザーからの支持を集めました。

その後Nullsoftは1999年にAOLによって買収されましたが、AOLを含めた迷走が続き、2013年には公式サイトが閉鎖する事態になっていたようです。

現在の運営会社はベルギーのRadionomy

2014年1月14日、ベルギーのオンラインラジオ局向けプラットフォーム「Radionomy」がWinampの買収を発表しました。

バージョン2をベースに開発された「バージョン5」が2003年に登場しました。

その後マイナーアップデートを続けていたWinampでしたが、この度RadionomyのCEOのAlexandre Saboundjian氏によって「Winampに大型アップデートを施した”バージョン6″が2019年にリリースされる」ことが判明しました。

Winampはなぜ勢いをなくしたのか

2012年に掲載されたWinamp開発者へのインタビュー(Winampの災難:偉大はMP3プレイヤーはなぜ自分自身を元に戻したのか)によると、AOLにより買収された後の企業文化の違いにより開発がうまく進まなかったと言われています。

Winamp開発者は課金システムを使った有料配信サービスを2020年に提案したのですが、AOL側に拒否され、結局大幅に遅れた2003年にサービス開始となっています。

その直前、2001年にはApple「iPod」が誕生しました。それに伴う「音楽配信サービス iTunes」の普及もWinampが勢いをなくした要因のひとつと考えられます。

また幾度も行われたバージョンアップでは、メモリ消費が増える、プラグインの互換性がない、旧バージョンで料金を支払った登録ユーザーが再度使用料を払うなどの改変が行われたことにより、徐々にユーザーが離れていったようです。

「ソフトウェアやハードウェアによってはうまく機能しない」ということもあったようです。

根強いファンを持つWinamp 現在も使用しているユーザーも

iPodの誕生や、その後のストリーミングサービスの登場により勢いをなくしたWinampですが、現在も音楽再生ソフトとして利用しているユーザーも多く存在するようです。

Winampのダウンロード方法

現在リリースされているWinampは公式サイトからダウンロードすることができます。

ダウンロードはこちら

さいごに

2019年に大幅アップデートを経て「Winamp」が復活。当時ユーザーだった方には驚きのニュースだったのではないでしょうか。

今回のアップデートでは、クラウド化やポッドキャストの視聴、更には既存サービスとの連携の可能性など、様々な新機能が期待されます。

一度は使ったことがある方だけでなく、「Winampって何?」という世代にも幅広く使われるようになれば、Winampは再び、音楽再生ソフトの代名詞的な存在になるかもしれません。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement