「学生が良いインターン先を選べるようにしたい」実現に向けTECH::CAMPを受講し、起業

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行う(転職できなかったら全額返金)TECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

<プロフィール>
松岡大司さん

早稲田大学国際教養学部卒業
2017年4月にTECH::CAMP受講

長期インターンシップのクチコミサイトを作り、起業したい

――なぜプログラミングを学ぼうと思われたのでしょうか?
起業のために必須の技術であると考えていたからです。
前々から私は、大学卒業後には長期インターンシップのクチコミサイトを作って起業をしたいと考えていました。

なぜ長期インターンのクチコミサイトかと言うと、2つ理由があります。

1つ目は大学生にはインターンをして欲しいからです。
インターンに参加することで、働くとはなんたるかが分かるようになり、大学卒業後に自分に合ったキャリアを選びやすくなります。

2つ目の理由は、情報の非対称性を取り除き、学生がより良いインターン先を選べるようにするためです。
インターンには耳障りの良い言葉を用い、学生を集めた上で「インターンという名の下に、学生に雑用ばかりさせる」といった、一部の企業による大きな問題が存在しています。
またインターンに参加してみると、インターン先の企業は自分が想像していた環境とは違う場合などもあります。
だからこそ、企業側からの一方的な情報だけではなく、インターンに参加した学生側の意見も参考にできるようなサイトが、学生が良いインターン先を見極めるには必要不可欠です。

しかし、当時の私はウェブサイトの構築はおろか、ITの知見が全くと言っていいほどありませんでした。
そこで、一度基礎的な部分だけでもプログラミングを学び、長期インターンクチコミサイトの構築に役立てたいと考えました。

――TECH::CAMPの受講を決めた、一番大きな理由はどのようなものでしたか?
当時は早稲田大学に通っており、大学から近い場所に教室があったことが理由としては大きかったです。
また、実際にオフラインで通う場所が存在していることで、途中で学習に挫折する可能性が低くなると感じたからです。

オンラインのみで完結せず、実際に教室に行ってメンター(講師)に質問ができる環境があったおかげで、1ヶ月間しっかりと頑張りきることができました。

自分で課題を解決する力を身につけ、ITへの毛嫌いが無くなった

――受講中はどのようにモチベーションを維持しましたか?
自分一人で、家にこもって学習を進める方もいらっしゃるかと思います。
でも、私はそれではモチベーションを維持することができず、実際に教室に通って学習するようにしていました。

教室に行くことで、エラーが起きてもメンターにすぐ質問ができました。
また他の受講生と毎日会うことでお互いに励ましあい、最後までモチベーションを維持したままやり抜けました。

――TECH::MASTER(カリキュラム)の感想を教えてください
プログラミングの知識は全くなかったのですが、そんな私でも理解できるような内容になっていました。プログラミングの基礎を学ぶには、とても良い教材です。
ただし、データベースやサーバーなどについてはあまり触れられていないので、自分でサイトを作る場合はその箇所を自学自習しなければなりません。

教室ではメンターから質問に対してただただ答えを教えてもらうのではなく、ヒントを与えてもらい、そのあとは自ら考えて解くという形でした。
受講生が自分で考えること、そして自分の力で課題を解決できるようになることを考慮して、そのような対応をして頂いていたと感じます。

受講したことで、プログラミングやITに対しての毛嫌いのようなものがなくなりました。
難しい機能をつけることはまだまだできませんが、基礎的なものなら作成できるようになり、素直に嬉しいです。

――受講後にはどんな変化がありましたか?
プログラミングは、自分では中々できない難しいものであるという印象を元々抱いていました。
でも、勉強をしたことで基礎的なものなら自分でも作れるという自信を持つことができました。

また、プログラミングの知識を得たことで、エンジニアの方の話を理解できる幅が大変広がったと感じています。

受講で身につけたスキルを起業に活かし、サービスをより良いものにしたい

松岡大司さんが作成した長期インターンシップの口コミサイト「イントレビュー」

――受講で身につけたスキルを、今後どのように活かしていきたいですか?
TECH::CAMP受講をきっかけに、私が友人と起業し、サービスを開始した長期インターンシップクチコミサイト、イントレビューを改善する際に役立てていきたいです。

これからサービスをさらに発展させ、より良いものにするために、学んだ基礎知識を応用していく予定です。

――TECH::CAMP受講検討中の方へメッセージをお願いします
プログラミングを学ぶ最初のとっかかりにはとても良い環境でした。
TECH::CAMPを受講したことで、目標としていた「長期インターンクチコミサイトの作成」を達成し、起業を実現することもできました。
これからもTECH::CAMPには、気軽にプログラミングを学べる環境を提供し続けて欲しいです。

私が長期インターンのクチコミサイトを作成できたように、プログラミングを学ぶと、作りたいサイトを実際に制作できるようになります。

しかし、しっかりとコミットしなければ大きな学びは得られないです。メンターを使い倒す勢いで、頑張ってください。

TECH::CAMPはあなたを最先端のスキルと知識を身に着けたテクノロジー人材に変えます。
講義形式で知識だけを学ぶのではなく、実際にサービスを作りながら実践的に学んでいきます。
独学では、わからないことを調べることに膨大な時間がかかりますが、TECH::CAMPは教室やオンラインでメンター(講師)へ質問し放題。

プログラミングが「なんとなく分かる」ではなく「形になるものを作る」にコミットします。
プログラミング以外もデザインやVR・3Dゲームなどコンテンツが多数あり、月額で全て受講可能です。
無料プログラミング体験会・説明会のお申し込みはこちら
お待ちしています!

テクノロジーの進化が加速する未来。我が子は大丈夫だろうか?

2020年には小学校でプログラミングの授業が必修化されることもあり、習い事にプログラミングを検討している保護者の方々も多いのではないでしょうか。

AIの性能は人類が思っていたよりも早いスピードで進化しています。子どもたちが大人になったとき、我が子はちゃんと職に就くことができるだろうか?お金を稼ぐことはできるだろうか?そんな心配もありますよね。

結論を言うと、まずは保護者であるあなたが学ぶべきです。

国語の成績を上げるには本をたくさん読むことが必要です。ではどうすれば子どもは本を読むのか?それは、親が本を読むことだという研究結果が出ています。親の教養と子の教養はほぼ比例するのです。

テクノロジー時代を乗り越える人材になってほしいと願うのであれば子どもたちより先に、もしくは一緒に学んでいきましょう。TECH::CAMPは子ども専用のカリキュラムではありませんが、実際に小学生も学んでいます。テクノロジーは日々進化しています。1日でも早く、TECH::CAMP無料説明会にお越しください。

佐藤 由佳 佐藤 由佳
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    記事をシェア→