プログラミング未経験からでも月50万円達成

【道祖克理】未経験から1年で月数十万円以上稼ぐエンジニアに

作成: 2016.09.19 更新: 2017.07.20

 

なぜプログラミングを学ぼうと思いましたか?

何もない学生だったので、何か熱中するものが欲しかったからです。
受講する前までは大学に行って、サークル活動して、飲み会してと、いたって普通の大学生という感じでした。そんな日々に自分が大衆派であるという危機感を抱いていました。なのでまずは何か熱中できるものがないかとアンテナを張っていた時期にTECH::CAMPを見つけたので、とにかく受講してみました。

 

TECH::CAMPを受講してどうでしたか?

学校のC言語を使ったプログラミングの授業のはるか数千倍わかりやすくすぐ理解できました。TECH::CAMPのカリキュラムで扱われているrubyを理解したことでC言語も理解できるようになり、rubyの理解度もより深まりました。

大学のC言語の授業で使用していた教科書と比べると、分かりやすさは天と地ほど差があった印象です。僕はプログラミングの知識は多少あったのですが、これなら何も知らない人でもすんなり理解できるだろうなと思いました。

 

この記事のハッシュタグ

TECH::CAMP受講後にどんな変化がありましたか?

プログラミングにどっぷりはまってしまい、寝ても覚めてもずっとやっていたら気づいたら仕事になっていて自分のスキルになっていました。こんな幸せなことはないです。
受講前は毎日何も目標ややりがいを感じずにただ消化する日々を生きていました。しかし、受講してからプログラミングをするのが楽しくて日々の目標をしっかり立てられるようになりました。そして、プログラミングをする事が仕事になってから、他の同年代に比べて早い段階で自分にとってやりがいのある仕事ができるようになったことをとても良かったと感じています。

 

TECH::EXPERT 東京・名古屋・大阪・福岡

プログラミング未経験からWebエンジニアとして転職成功まで導くスクール TECH::EXPERT は、挫折しない環境を提供いたします。すべて駅から通い安い便利な場所。いつでも質問できるメンター(講師)、一緒に頑張る同期がいるから頑張れる。そんな教室を是非見にきてください!

今、TECH::CAMPで何をしていますか?

基本的にはRailsとAngularjsを使ってチャットシステムの開発をしています。
ただ最近は私が開発してては意味がないと思ってて、自分がやっている開発を他のメンバーができるようにするためにコードレビューや勉強会開いたりしてチームのメンバーの教育をしています。

 

これからどうやってプログラミングスキルを活かしていきたいですか?

私はプログラミングを手段だとは考えていません。プログラミングスキルを活かして何かをしたいという考えはなく、プログラミングをし続けて業界の一線で活躍します。一休CTO伊藤直也さんやトレタCTO増田のような業界を代表するCTOになることが目標です。
自分が開発に関わったものが世の中にでるという喜びを味わいたいと思っています。

 

TECH::CAMP受講検討中の方へメッセージ

何も熱中するものがない人は是非プログラミングにトライしてみてください。あなたに合ってるかもしれないし合わないかもしれない。でもやってみるまで何もわかりません。

 

TECH::CAMP

TECH::CAMPは2年で5000人の卒業生を排出し、98%の満足度を誇っています。

卒業生の中には起業をしたり、有名企業へ就職する方が多くいます。

是非この機会にTECH::CAMPを受講して、人生を変えましょう。

最高の環境を準備してお待ちしております。

まずは体験会から

TECH::CAMPにエントリー

 

TECH::EXPERTでプログラミング未経験からWebエンジニア転職・フリーランスの夢をかなえませんか

TECH::EXPERTはプログラミングが全くの未経験の方がWebエンジニアに転職したりフリーランスとして活躍するまでをサポートするスクールです。

・手に職をつけて10年後も活躍できる人材になりたい
・Webエンジニアとして転職したい
・フリーランスとして場所に縛られずに自由に働きたい

まずは無料キャリア相談(無料カウンセリング)に参加してみてください。毎月1000名以上のお申込みをいただいているため、すぐに日程が埋まってしまいます。予定が合う日があればすぐに予約がおすすめです。
無料カウンセリングの日程をみる

この記事を書いた人

平田裕哉
中学3年生の頃にアフィリエイトがきっかけでインターネットに興味を持つ。 大学3年時に起業をした後、2015年1月にTECH::CAMPを第3期で受講。 現在はVR事業部の責任者としてコースの立ち上げ、運営を行っている。 Twitter: @vr_yuya