Pict fv bitstar blur pc
Pict fv bitstar pc Pict fv bitstar sp

前職の経験とTECH::EXPERTで学んだスキルの2点で十分魅力的

INTERVIEW 取材インタビュー

Pict interview bitstar 01

エンジニアはプログラミングだけでなく「ビジネスモデル」への理解も重要

BitStarとはどのような企業なのか、お教えください。
  • 山下

    BitStarはインフルエンサー・マーケティングを主軸とした企業です。広告事業やプロダクション事業など、事業分野は多岐に渡ります。

    BitStarでは、多くのYouTuberさんやtwitterのインフルエンサーの方、インスタグラマーの方々とお仕事をさせていただいてます。そうしたインフルエンサーの方が活躍するためのインフラを形作っていくのも、弊社の大きなミッションの1つです。

奈良さんはどのようなご経歴をお持ちですか?
  • 奈良

    前職でも一応肩書きは「エンジニア」でした。

    でも、前職では本格的な開発をするわけではなくて、仕事はもっぱらプロジェクトマネジメントでした。実質的なエンジニアの実務経験を積むことはできなかったですね。そこにちょっと物足りなさを感じていたのも事実です。

    もっと色々やってみたいと思う中で、IoTコンテストに出場しました。実際、最新技術に触れるのはとても楽しかったです。そこで「プログラミングを学んで、エンジニアになろう!」とキャリアチェンジを決意しました。

山下さんは、エンジニアとしての実務経験が無い人を入社させることに不安はありませんでしたか?
  • 山下

    確かに奈良には、実務経験が無い状態でした。ただ前職で積んだプロジェクトマネジメントのスキルは、エンジニアになってからも確実にいきるだろうと評価していました。その上、TECH::EXPERTでアプリケーション開発もしっかり学んでいる。

    こうした点を踏まえると、奈良は十分魅力的な人物だと感じました。

Pict case detail interview cta pc Pict case detail interview cta sp
Pict interview bitstar 02

未経験からのエンジニア転職者に用意するキャリアパスとは

奈良さんが入社し、一番最初に手がけた仕事はなんでしたか?
  • 山下

    入ったばかりのエンジニアは、手がけるアプリケーションの画面遷移のプロセスもはじめのうちは分からないことが多いです。そのため、プロセスを理解するために最初は「ビュー」の修正から依頼しました。

    まずはフロントエンドをいじれるようになってもらい、作業を通じてビューへの理解を深めつつ、GitHubへのコミットとコードレビューという一連の開発の流れに慣れてもらう流れです。VCフレームワークで言えば「ビュー(View)」「コントローラー(Conroller)」「モデル(Model)」の順ですね。モデルまできちんとこなせるようになったら、少しずつ大きなプロジェクトを任せられるようになるという形で、ステップアップしていくのが理想的ですね。

入社後、企業として学習サポートを行うといったことはあるのでしょうか。
  • 山下

    こちらから積極的に研修を提供するということはありません。

    弊社ではエンジニア採用時、プログラミングの正しい知識を問う筆記テストを出題しています。筆記テストは実はとても大事で、一般の中途採用の方でも「正しい知識」を聞かれると意外と答えられないことがあります。プログラミングの知識は、毎日コーディングして、技術力を高めていないとどんどん抜けていくものだからです。

    こういう難しい筆記テストを通った方のみ、弊社では採用しているので、既に入社時点で技術力に一定の信頼を置いているんです。

山下さんは、奈良さんに期待していることはありますか?
  • 山下

    ガッツですね!奈良は最新テクノロジーを学ぶ意欲がとても高いので、その部分を引き続き期待してます。

    あえて言えば、奈良はデータベース設計スキルに課題が残ります。「100人が使うサービス」を綺麗に作ることができても、そのサービスを100万人が使ったらどうなるのか。データベースが「100人が使うサービス」の仕様のままでは、問題が発生します。奈良には「100万人が使うサービス」も作れるエンジニアになってほしいですね。

山下さん、奈良さん、本日は貴重なお話をありがとうございました!

お役立ち資料

実際に紹介するエンジニアの
ポートフォリオや経歴など、
より詳細な実績を知りたい方は
こちらからお問い合わせください